fbpx
3c

3C分析とは?具体的な手順や方法を初心者向けに簡単解説!

「3C分析」は、マーケティングにおける分析方法の基本的なフレームワークで、コンテンツマーケティングを実行する際にも積極的に取り入れたい手法です。
しかし、「3C分析」という言葉を聞いたことはあるものの、どのように使えばいいかわからない、という方やコンテンツマーケティングにどのように取り入れたらよいかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
この記事では、Webマーケティング初心者の方向けに「3C分析」についての基礎知識、およびコンテンツマーケティングにおける活用方法などをわかりやすく解説します。

3C分析とは 

「3C分析」は、いずれも「C」から始まる3つの項目について分析することからこのように呼ばれています。

3Cの意味するもの

3Cの意味する分析項目は、以下の通りです。

Company(自社)/ Customer(顧客)/ Competitor(競合)

マーケティング戦略の立案には、現在置かれている内部環境だけでなく、自らはコントロール不可能な外部環境も併せて分析することが重要です。
3C分析においては、内部環境としてCompany(自社)を、また、外部環境としてCustomer(顧客)とCompetitor(競合)を分析します。

3C分析を行う目的

3C分析を行う目的は、自社商材(商品やサービス)のKSF(Key Success Factor=成功要因)を見つけ出すことです。
自社についての分析だけを続けても、KSFを導き出すのは難しいもの。しかし外部環境である競合と比較したり、顧客を調査・分析したりすることで初めて、自社商材の強みや弱みに気づくことができます。

KSFを発見できれば、成功へと近づくための方向性を見出し、より効果的なマーケティング戦略を立案できるのです。

3C分析の手順と方法

3C分析を行う手順に沿って、一般的な分析方法についてご紹介します。

3C分析の手順 ①Customer分析

3C分析において最初に行うのは、Customer(顧客)の分析です。
ターゲット層となりうる顧客について、年齢・性別・地域などの属性を定義することで具体的な市場規模を把握します。ターゲット層に対して、自社の商品やサービス・会社名がどの程度の割合で認知されているかなどの数値的データを取得します。ソーシャルリスニングを活用するのも良いでしょう。
既存顧客に対しては、購買に至った理由・購入後の満足度などを把握するアンケート調査を実施するとより有効なデータが集まります。

参照:ソーシャルリスニングをマーケティングで活用する!やり方と無料ツール

3C分析の手順 ②Competitor分析

顧客分析の次に行うのが、Competitor(競合)の分析です。
同じ市場を争うこととなる同業他社について、どのような「結果」を出しているか、また「結果の根拠」について分析します。

ここで言う「結果」とは、売上額や利益率、市場におけるシェア、顧客数、さらには広告宣伝費、販売管理費などの具体的数値です。
「結果の根拠」とは、競合が成果を出した要因となりうる、さまざまな背景のことです。
例えば、製品開発や製造工程、営業方法や顧客サポート、販売ルートなどを分析し、売り上げを向上させたポイントを探ります。

3C分析の手順 ③Company分析

最後に行うのが、Company(自社)の分析です。
顧客の分析結果と競合の分析結果を自社と照らし合わせることで、今後の戦略を具体的に見出します。

ここで重要なのは、自社の強みだけでなく、弱みについても理解を深めることです。
そのうえで、「強みをどのように戦略に取り入れるか」「弱みを改善するためには何をするべきか」を探り、自社のKSFを導き出します。

3C分析の問題点と注意点

3C分析の問題点

  • BtoBでは分析がしにくいことがある

3C分析を行うにあたり、正確な情報を収集することは必要不可欠です。
しかし、BtoBの分野においては、必要な情報が開示されていなかったり、収集しにくいという問題点が発生することも考えられます。

  • 分析に時間がかかりすぎて市場が変化することがある

流行の移り変わりが速い現代社会において、市場の状況や顧客の動向は常に変化を続けています。
そのため3C分析に多くの時間を費やしてしまうと、得られた分析結果と実情がマッチしない可能性もあります。
先述したBtoBのように情報収集が困難なケースや、データの分析に時間がかかりすぎるケースでは、注意が必要です。

3C分析を行う注意点

  • 必要な情報を選択して時間をかけ過ぎない

収集する情報は、多ければよいというわけではありません。
3C分析を行う目的に沿った必要な情報だけを効率的に収集し、分析することが重要です。
もし、一定の時間をかけても思うような分析結果を得られないケースでは、必要に応じて収集する項目を掘り下げるドリルダウンを行うことも検討してみましょう。

  • 希望的観測を含めない

内部環境についても、客観的事実に基づいた正確な情報だけを分析することが重要です。
「この点は自社の強みであるはずだ」などの希望的観測を含めて分析をしてしまうと、事実とは異なる分析結果となってしまうおそれがあるために注意しましょう。
客観的事実と主観的な意見をしっかりと区別する必要があります。

コンテンツマーケティングにおける3C分析

3C分析は、コンテンツマーケティングにも積極的に取り入れたい効果的な手法です。

コンテンツマーケティングにおけるCustomer(顧客)分析

コンテンツマーケティングにおける顧客とは、自社サイトを訪れ記事を読んでくれる読者です。

  • どのような層が自社商材の顧客となりうるのか(ターゲットの具体化)
  • 顧客の求めているものは何か(ニーズに応えるコンテンツ制作ができているか)

これらの分析は、よりよいコンテンツ制作に欠かすことができません。

顧客分析には、実際に検索されているキーワードを知ることが重要です。
狙いたいキーワードに関連する検索キーワードを調べることで、ターゲット層がより具体的になります。また、これまで気づけなかった顧客のニーズを発見できることもあるでしょう。

参照:サジェストキーワードとは?一括抽出ツール5選とSEOでの使い方

注意すべき点は、数多く存在する関連キーワードの中から、自社商材のターゲットとして仮定する層とマッチするものだけを抽出することです。
ターゲットと関連の無いものや、あまりにも検索需要の少ないものは拾わない判断が必要です。

Google AdWords キーワード プランナー」「Yahoo!プロモーション広告 キーワードアドバイスツール」は、これらを調査するのに役立つ無料のツールです。

コンテンツマーケティングにおけるCompetitor(競合)分析

コンテンツマーケティングにおける競合とは、主に同業他社のサイトです。

最初に、主となるキーワードの検索結果を確認し、上位に表示されるサイトをチェックします。
記事単体ではなく、サイト全体、またサイト運営を行う企業について以下のような点を分析してみましょう。

  • 競合企業の状況(市場におけるシェア・年商・社員数・生産能力)
  • サイトへの集客方法(メルマガやSNS運用などを併せて行っているか)
  • 商材の見せ方やコンテンツの内容にどのような特徴があるか
  • 自社とは異なる強み、優位性は何か

競合は、一つに絞る必要はありません。
自社にとってライバルとなりうる競合他社を数社ピックアップし、様々な角度から分析を行ったデータをリスト化しましょう。

コンテンツマーケティングにおけるCompany(自社)分析

競合分析でリスト化したデータを活用し、自社分析を行います。
重要なのは、自社についても競合と同様に、客観的な視点で分析することです。競合と自社を比較することで見えてくる、自社の状況を理解しましょう。
具体的な分析項目は、以下のようなものが挙げられます。

  • 自社サイトや商材の、競合には無い強みとは
  • 自社サイトや商材の、競合に劣る弱みとは
  • 自社サイトへのアクセス状況
  • コンテンツ作りに有効な、自社ならではの経営資源とは

これらの分析結果は、サイトのデザインや構成、記事の内容などを検討する際のベースとなります。
このように3C分析を行うことで、競合との差別化を図り、またターゲット層に沿ったコンテンツ作りを目指します。

3C分析を取り入れて戦略的なコンテンツマーケティングを

3C分析は、マーケティング戦略や事業計画を立案する際に用いられる基本的な分析手法です。
コンテンツマーケティングにおいても、「顧客」と「競合」を分析することで「自社」の強みを知り、今後のコンテンツ制作に有効な成功要因を導き出すことができます。
より高い成果を感じるためには、3C分析を取り入れた戦略的なコンテンツマーケティングを行うことが重要です。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top