fbpx

アクセシビリティとは?その定義とWebサイト改善の方法

この記事をシェアする

Webサイトのデザインや機能性、利便性を高める上で重要なキーワードとして「アクセシビリティ」があります。アクセシビリティの定義と重要性、どのようにWebサイトに取り入れられるかを詳しく見ていきましょう。参考になる公的なガイドラインも紹介しています。

アクセシビリティとは何か

アクセシビリティ(Accessibility)とは、聴覚や視覚、運動機能などに制限がある人でも利用できる(アクセスできる)ようにすることです。
多くの場合、高齢者や身体に障害のある人でもWebサイトを利用しやすく工夫することを指しています。
ユーザビリティとの違い
同じように「利用しやすさ」を意味する言葉として、ユーザビリティ(Usability)も知られています。アクセシビリティとは、どのような違いがあるのでしょうか。
ユーザビリティは、「特定のユーザー」に対する使いやすさを評価する際に用いられる言葉です。Webサイトに関しては「スマホ表示でのユーザビリティ」「左利きの人のユーザビリティ」など、既にWebサイトを利用できるユーザーの中で、特定のユーザーの使いやすさを高めることを意味しています。
つまりユーザビリティは、既にWebサイトを利用できる「既存ユーザー」の使いやすさであり、アクセシビリティは、自社のWebサイトがこれまで対応していなかった「新規ユーザー」に配慮するという違いがあります。
ユーザビリティについて詳しくは、以下の記事を参照してください。
関連記事:Webサイトのユーザビリティとは?必要な要素と改善のコツ

アクセシビリティの重要性

アクセシビリティを改善することは、なぜ重要なのでしょうか。それには2つのポイントがあります。

義務化の流れがある

Webサイトのアクセシビリティが重要である理由の一つとして、「義務化」の流れが挙げられます。
アメリカでは「障害を持つアメリカ人法」(ADA)があり、アクセシビリティに対応していないWebサイトが提訴された事例が増えています。海外向けのWebサイトを運営する場合には、アクセシビリティの実装は必須です。
日本でも「障害者差別解消法」という法律があり、Webサイトのアクセシビリティを義務化する流れがあります。
障害者差別解消法とは、「障害を理由とする差別の解消を推進する」ために制定された法律です。同法律では、「事業者における障害を理由とする差別の禁止」として、以下の言及があります。

社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をするように努めなければならない

引用元:障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律|内閣府

ここで述べられている「社会的障壁の除去」が、アクセシビリティのことです。国内企業のWebサイトでも「ウェブアクセシビリティ方針」を定めてWeb上に公開し、取り組みを強化している事例が増えています。

障害者や高齢者以外でも関係がある

アクセシビリティは障害者や高齢者だけでなく、もっと多くの人や状況が関係しています。
障害がない若者でも「料理中で手が使えない」「目が疲れていて文字を読むのがつらい」など、だれでも「~しにくいとき」があり、アクセシビリティに助けられることがあるのです。Webサイトのアクセシビリティは、多くの人に関係する重要な要素なのです。
参考:エー イレブン ワイ|さまざまな利用場面・状況

アクセシビリティの規格やガイドライン

Webサイトのアクセシビリティを高めるために、参考になる「規格」と「ガイドライン」を紹介します。

Webアクセシビリティ規格「JIS X 8341-3」

アクセシビリティに関するJIS規格「JIS X 8341-3」を参考にできます。国際規格「ISO/IEC 40500」に基づく規格です。
Webサイトのアクセシビリティを向上するために実装するべき機能や、追加するべきコンテンツについて、具体的なガイドラインが記載されています。
WAIC(ウェブアクセシビリティ基盤委員会)によって、「JIS X 8341-3」をスムーズに導入するためのガイドラインがインターネット上に公開されているので、参考にしましょう。
WAICガイドライン

W3Cのガイドライン「WCAG 2.0」

W3Cによって制作された「WCAG 2.0」と呼ばれるガイドラインも参考にできます。
W3Cとは、「World Wide Web Consortium」の略称で、Web技術の標準化を推進するために活動する非営利団体です。
W3Cが作成した「WCAG 2.0」は、Webサイトのアクセシビリティに関する国際的なガイドラインであり、前述の「JIS X 8341-3」でも参考として活用されています。
原文は英語ですが、WAICが日本語訳をインターネットで公開しているので、参考にしましょう。
WCAG 2.0 解説書|WAIC

アクセシビリティを改善する方法

Webサイトのアクセシビリティを改善する方法について、具体的な手法を3つ解説します。

テキスト以外の情報を取り入れる
ページ内に載せる内容を、テキスト(文章)だけで伝えるのではなく、動画や画像、音声などの情報も取り入ることで、アクセシビリティを改善できます。
動画や画像は、特に「聴覚障害者」にとって役立つ要素です。動画や画像でもページの内容が理解できるようにすることで、聴覚障害者でもコンテンツを利用しやすくなります。
動画や画像は「ディスレクシア(読字障害)」の人にも役立ちます。ディスレクシアとは、目や耳、知的発達に異常がなくても、文字を読むことが困難な学習障害の一種です。ディスレクシアを持つ人は、動画や画像なら理解しやすいことが多くあります。
そして音声は「視覚障害者」のアクセシビリティ改善に役立つ要素です。Webページのテキストを読み上げる「スクリーンリーダー」に対応したり、動画の内容を説明する「音声ガイド」を実装したりなどの方法で、音声コンテンツを加えることができます。

色のコントラストに注意する

アクセシビリティを高めるためには、Webサイトのデザインやテキストの配色について「コントラスト」に注意することも重要です。
ここでいうコントラストとは、色の明るさの違いを意味します。カラーを「白黒」に変換した場合の、明度の差です。
色覚異常がある人は、カラーでデザインされたWebページが白黒に見える場合があります。Webページのテキストを色分けしても、そのコントラストが低いと、白黒で見た際に完全に同化してしまい、判別できなくなってしまうのです。
前述の「JIS X 8341-3」では、テキスト情報について「4.5:1以上のコントラスト比」を付けることが記載されています。
背景とのコントラストが低いテキストは、色覚異常がなくても読みづらいものです。コントラストはWebデザインの基本だといえます。

拡大表示されることも想定する

Webブラウザの「拡大機能」を使って閲覧しても、利便性を損なわないようにデザインすることが重要です。
高齢者など、細かい文字が読みにくいと感じる人は、拡大表示して閲覧する可能性があります。その際にユーザビリティを損なわないように注意しましょう。
拡大表示した際に、必要な情報が見えなくなったり、デザインが崩れたりなど、利便性を損なう状態にならないか検証しておくことが重要です。大きく拡大して閲覧することも想定したデザインになるように工夫しましょう。

まとめ

アクセシビリティは義務化の流れもあり、Webサイトのデザインを考える上で重要な要素です。「誰にでも」使えるようにするだけでなく、「どんな状況でも」便利に使えることにつながるため、ユーザーエクスペリエンスに貢献する要素でもあります。

資料ダウンロード申し込み

この記事をシェアする
Scroll to Top