新聞だけじゃない!web媒体の記事広告とは?メリットや活用ポイントを紹介

この記事をシェアする

皆さんは記事広告を知っていますか?記事広告は運用次第で他のweb広告より良い費用対効果が期待できます。適切な記事広告運用のために、記事広告がどんなものなのか解説します。

記事広告とは

記事広告とは、広告に出したいサービスや商品を、他社のメディアに記事として出稿することです。「ネイティブ広告」に分類される広告手法で、ユーザー目線からコンテンツの1つとして判断される特徴があります。新聞などでよく見かけますが、web媒体でも多くのユーザーが見るようになり様々な種類の広告が出稿されるようになりました。記事の形でユーザーに伝えられるため、多くの情報を盛り込むことが可能です。そんな記事広告のメリット・デメリットを解説します。

記事広告のメリット

記事広告のメリットは大きく分けて3つあります。

掲載しているメディアの集客力を利用できる

元々のサービスが知名度の低いものでも、多くの人に見られているメディアに掲載することで知名度を上げることができます。また有名なメディアでも紹介されているサービスとしてユーザーも認識するため、自社やサービスの信頼性を高めるブランディングの効果もあります。この点に関してはその他のweb広告の中でも記事広告が優れている点です。

ユーザーから嫌悪感を持たれにくい

記事広告はメディアの中に記事の一つとして表示されているため、記事を読むかどうかはユーザーが決めます。ユーザーの行動を止めて強制的に記事を読ませることはないため、不用意に不快感を与えることはありません。「PR」のように広告としてわかるように掲載されていますが、広告として認識されない形で掲載するとステマと認識され、効果が出ないだけでなくブランディングにも悪影響を与えかねません。信頼性のあるメディアに正しい形で掲載するようにしましょう。

広告の契約期間が終了してもネット上にコンテンツとして残る

広告の掲載が終了した後でも、SEO対策をすることでページへの流入を確保し続けられます。キーワードの検索順位で上位が取れるように都度効果を測定して改善をする必要がありますが、費用をかけていなくても価値のあるページとして活用することができます。

記事広告のデメリット

正しく運用できれば効果の大きい記事広告ですが、注意点ともいえるデメリットがいくつかあります。記事広告の運用を考えている場合、必ず以下の点も確認しておきましょう。

完成された記事を用意しなければならない

記事広告の掲載は期間で契約されているため、1番効果の出る形で掲載する必要があります。そのためにライターを確保、記事を企画・制作するため作業時間やリソースを考慮して広告を出稿する必要があります。商品やサービスが季節に関係するような一定の期間で効果を見たい場合は緻密に計画を立てる必要があります。

他のweb広告と比べて費用が高い

メディアの大きさや期待するpv数によって差がありますが、月間で100万円前後の広告掲載料が必要です。資金に余裕がある会社でもいくつも出稿することが難しく、期待した効果が出なかった場合大きな損失となります。記事広告に関してノウハウがない場合はあまりおすすめできない広告です。

記事広告を出稿する際のポイント

記事広告は出稿費用高額なため企画段階でしっかりとポイントを押さえて、効果的に運用することが重要です。記事という形態から、これまで他のweb広告を運用した経験がある人でも注意が必要です。気を付けるポイントを解説します。

メインターゲットがよく見ているメディアに掲載する

記事広告を出稿する上で、掲載するメディアを選定することは最も重要な工程の一つです。例えば化粧品の記事広告を出稿する際、良い記事ができていても男性向けのメディアに掲載しては効果が出ません。これは極端な例ではありますが、自社サービスのメインターゲットと近い層が、良く見るメディアかどうかを検討しましょう。

あくまで公平な立場で執筆された記事にする

広告として掲載されますが、あくまでユーザーにとっては記事です。あからさまに購入を勧めたり、良いところだらけのような表現をしたりすると、ユーザーに不信感を与え記事を読んでもらえなくなってしまいます。サービスの良いところだけでなく、懸念点や口コミなども記載することでユーザーからも信頼してもらえる記事になります。

SEOを取り入れた記事にする

広告掲載期間を終えてもSEOがされた記事であれば、その後もキーワードで検索上位を獲得してユーザーを取り入れることができます。掲載が終了しても長期的に改善を続けて有益な記事にしましょう。

まとめ

記事広告は掲載する前も終了した後も、専門的な知識が必要です。記事広告が自社サービスにとって効果的かよく検討したうえで出稿しましょう。掲載終了した記事の活用方法がわからない、そもそも自然検索でユーザーを集めたいという方も多いのではないでしょうか。サイトエンジンでSEOコンテンツの企画や制作も承っています。お気軽にお問い合わせください。

この記事をシェアする
Scroll to Top