fbpx

アフィリエイト広告とは?広告主として利用する方法とメリットを解説

Web集客の方法として「アフィリエイト広告」は、多くの企業によって活用されています。その種類と、導入するメリット、登録から広告費の発生までの詳しい流れについても確認しておきましょう。導入する前に知っておくべき2つの注意点も解説しています。

アフィリエイト広告とは何か

アフィリエイト広告とは「成果報酬型広告」のことです。広告リンクを通して、商品の購入やサービスへの申込みなどの「成果」が発生すると、広告を掲載しているメディア(アフィリエイター)に報酬が支払われ、広告主に対しては広告費が課金されます。

つまりアフィリエイト広告とは、クリック数やインプレッション数を基準にして広告費が発生するのではなく、申込みや購入など「成果」の数に応じて費用が発生する広告のことです。

リスティング広告との違い

Web広告の一種としてよく知られる「リスティング広告」とアフィリエイト広告の違いについても把握しておきましょう。リスティング広告は、検索エンジンに表示される広告のことです。ユーザーが入力したキーワードの検索結果の上部や下部などに、自社のホームページやランディングページへの広告リンクを表示します。

 アフィリエイト広告との大きな違いは課金形式です。リスティング広告は基本的にクリック課金であり、ユーザーが広告リンクをクリックするだけで、申込みや購入に至らなくても広告費が発生します。

またリスティング広告は広告主がキャッチコピーやWebページの内容を全て考える必要がありますが、アフィリエイト広告では、キャッチコピーや商品を紹介する記事の内容を、広告を掲載するアフィリエイターが考えてくれます。

アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告は、配信するプラットフォーム(プロバイダ)の種類ごとに、以下の3つに分類できます。

物販系アフィリエイト

通販サイトで商品を販売している出店者のために、専用のアフィリエイト広告が用意されています。よく知られているのはAmazonと楽天市場のアフィリエイト広告です。このタイプは通常、通販サイト側が広告費を負担してくれるので、出品者に費用はかかりません。アフィリエイターが他社の商品を紹介することで、紹介料を得るために利用するアフィリエイト広告です。どの商品を紹介するかは、広告を掲載するアフィリエイターが選ぶことになります。

商品の販売者側として、このタイプのアフィリエイト広告を直接利用することはありませんが、アフィリエイターに選んでもらうように認知度を高めたり、紹介してもらうように直接交渉したりなどの方法で、間接的に利用できます。

サービス系アフィリエイト

商品以外にも、月額サービスやコンサルティング、クレジットカード、アプリなどサービス系のアフィリエイト広告もあります。ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)と呼ばれるサービスに登録することで利用できる広告です。
代表的なASPには「A8.net」「バリューコマース」「アクセストレード」などが挙げられます。このタイプは、サービスへの申込みや資料請求などの成果が発生するごとに広告費が発生し、さらに固定の月額費用がかかることもあります。広告の掲載先はASPが探してくれるので、自社で探して交渉する必要はありません。

リワード広告

リワード広告は、広告を掲載するアフィリエイターにだけでなく、広告を利用した「ユーザー」にも報酬(リワード)が付与される広告です。広告リンクを通してアプリのダウンロードや動画の視聴などの条件を満たすことで、ユーザーに対してアプリ内で使えるアイテムやコイン、通販サイトで使えるポイントなどの報酬が付与されます。

リワード広告を配信できるサービスは「Google AdMob」「Facebook Audience Network」「LINE広告ネットワーク」などです。成果が発生するごとに広告費が発生する点は通常のアフィリエイト広告と同様ですが、「動画再生」など申込みや購入以外の成果も含まれることが異なります。

アフィリエイト広告のメリット

アフィリエイト広告のメリットについて、広告主とアフィリエイターの両方から解説します。

【広告主】無駄な広告費の発生を避けられる

アフィリエイト広告を配信する広告主にとっては、商品の購入や申込みによって「利益」が発生しなければ広告費が課金されないので、無駄な広告費が発生することを避けられます。1回のコンバージョンによって発生する利益よりも広告費を抑えることができれば、利益以上の広告費を払ってしまう赤字リスクを避けられます。

ただし無料相談や資料請求など、それだけでは利益につながらない成果を基準とする場合には、無駄な広告費をゼロにできるとは限らない点に注意しましょう。また他の課金形式と比べて、コストパフォーマンスが良いとは限らないことにも注意が必要です。1回のクリックあたりの申込率が高い場合には、リスティング広告など他のタイプの方が、1回のコンバージョンあたりの広告費が安くなる場合もあります。

【アフィリエイター】他社の商品紹介で収益化できる

アフィリエイターにとっては、他社の商品を紹介することで広告収入を得られることがメリットです。自社の商品を紹介するためのメディアだとしても、読者のためになるメディアにするには、他社の商品も含めた中立的な記事を掲載した方がよい場合があるでしょう。

しかしその場合、他社の商品が選ばれてしまうと、販売機会の損失になることがデメリットです。その点を補うために他社の商品のアフィリエイト広告を掲載することで、他社の商品が選ばれた場合でも広告収入を得られ、利益につなげることができます。

アフィリエイト広告の全体の流れ

アフィリエイト広告では「広告主」「ASP」「アフィリエイター」の3者が関係しています。それぞれに対してどのような順番で処理が進み、お金がどのように流れていくのか、広告主の目線で全体の流れを確認しましょう。

  1. 広告主がASPに登録する

    まずは広告を配信したい広告主が、ASPに登録します。どのASPを選べばよいかは、そのASPに同じジャンルの商品・サービスが豊富か、登録しているアフィリエイターの数は豊富か、などのポイントをチェックします。サービスの「申込み成立」を成果とするのか、無料の「資料請求」を成果とするのかなど、詳しい条件をあらかじめ決めておきましょう。
    広告リンクの誘導先となるランディングページやホームページ、バナー広告として使う画像を、あらかじめ準備しておく必要があります。キャッチコピーに関する規定や、商品・サービスを紹介する際の禁止表現など、アフィリエイターに伝えておくべき注意事項についても考えておきましょう。

  2. ASPがアフィリエイターを募集する

    審査を通過すると、ASPサイトに自社の情報がアフィリエイト広告案件として掲載されます。アフィリエイターは、ASPサイトに登録されている広告案件の中から、紹介したい商品・サービスを選び、メディア内に掲載します。自社が登録した広告案件がメディアに掲載されるかどうかは、アフィリエイターに「選ばれるかどうか」によりますが、ASPが直接交渉して、掲載先メディアを探してくれることもあります。アフィリエイターに選ばれたら即掲載してもらえる設定にもできますが、掲載先がどんなメディアなのかをチェックしたい場合には、自社の事前審査を必須とする設定も可能です。

  3. アフィリエイターが広告リンクを掲載する

    アフィリエイターに選ばれると、Webサイトやブログに広告リンクが掲載されます。商品・サービスを紹介するWeb記事をアフィリエイターが作成し、記事内にテキストリンクやバナーリンクなどを設置することで、自社のホームページやランディングページへ誘導してくれる流れです。掲載先のメディアの種類は、Webサイトやブログだけでなく、アプリやSNSなどの場合もあります。

  4. 成果に応じた広告費・報酬の支払い

    広告リンクから誘導されたユーザーが、商品の購入やサービスの申込みなど、あらかじめ設定した成果に達成すると、広告費が発生します。お金の受け渡しはASPが仲介してくれるので、広告主が対応する必要はありません。ASPがアフィリエイターへの報酬を支払い、ASPが広告費を広告主に請求します。

アフィリエイト広告の注意点・デメリット

アフィリエイト広告を導入する上で把握しておくべき2つの注意点を解説します。

誇大広告や不正な募集に注意する

アフィリエイト広告は、個人ブログを含む幅広いメディアに掲載されることになるため、誇大広告にあたる表現を使用されてしまうリスクがあります。
質の低いメディアに掲載された場合、「絶対に安全です」「確実に美白効果があります」などリスクの高い表現を使って、自社の商品やサービスを紹介されてしまうリスクがあります。
ASPに登録する際に、禁止事項などを明確にし、アフィリエイターの審査を徹底するなどの対応が重要です。健康食品や化粧品など、薬事法が関係する商品を扱っている場合には、特に注意しましょう。

閲覧者の印象が悪くならないように注意する

アフィリエイト広告は、場合によってはステマ(ステルス・マーケティング)のような印象を持たれる場合があり、メディア・広告主ともに印象が悪くなるリスクについても把握しておきましょう。
ステマとは、宣伝であることを隠しながら、商品の紹介や口コミをした人などに報酬を与えるマーケティングです。悪質なケースでは違法行為に該当することもある手法として知られています。
 アフィリエイト広告はステマには該当しませんが、アフィリエイターの宣伝方法によっては、ユーザーからそのような印象を持たれるリスクがあります。

 この点についても、アフィリエイターへの指示や、徹底した審査を実施することが重要です。

まとめ

アフィリエイト広告は、成果が発生するごとに広告費が課金されるため、無駄な広告費の発生を避けながら効率的に配信できることがメリットです。広告主としてだけでなく、メディア運営側として、広告収入を得るためにも利用できます。誇大広告のリスクや、顧客に与える印象など、アフィリエイト広告の特性・デメリットについても十分に考慮した上で活用しましょう。広告以外の手法で集客したいとお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top