fbpx

Google Analyticsオプトアウトアドオンで自分のアクセスを取り除く方法

Google Analyticsオプトアウトアドオンとは?

Google Analyticsオプトアウトアドオンとは、簡単に言うとGoogle Analyticsに自分のアクセスが反映されないようにするツールです。サイト分析を行う際に、正確な数値を出すためには自分のデータは不必要ですよね。その不必要な自分のデータを取り除いてくれるような機能を果たします。

Google Analyticsヘルプセンターでは、以下のように記載されています。

サイト操作のデータが Google アナリティクスに送られないようにするには、Google アナリティクス オプトアウト アドオンをインストールします。このアドオンを使用すると、ウェブサイトで実行されている Google アナリティクス JavaScript(ga.js、analytics.js、dc.js)から Google アナリティクスにサイト操作に関する情報が送信されないようにすることができます

使用意図としては、他のサイトへ訪問した際に自分のアクセスデータの取得を拒否するものです。ただ、自社サイトや自作サイトへのアクセスを除外したい際にも使用できます。

Google Analyticsオプトアウトアドオンのインストール手順

Google アナリティクス オプトアウト アドオンにアクセスし、「Chromeに追加」をクリックするだけです。インストールもすぐ終わるので、簡単かつ短時間で導入することができます。

オプトアウトアドオン

Google Analyticsオプトアウトアドオンのメリット

  • 導入が容易
  • IPアドレスが変化しても問題ない
  • 特に設定をカスタマイズする必要がない

Google Analyticsオプトアウトアドオンのデメリット

  • スマートフォンやタブレットからのアクセスを除外できない
  • 複数のブラウザを用いる場合、それぞれに導入する必要がある
  • Google Analytics以外のツールでアクセスを除外することができない

使用してみての感想

簡単に導入できて便利な一面、デメリットも大きいと思いました。上記の通りスマートフォンやタブレットからのアクセスを除外できないので、アクセスしたい際には毎回PCを開く必要があります。これを手間に感じてしまう可能性が大きいです。ただ、PCでの作業をメインとする方は必須ツールだと思います。Google Analyticsでは、誰がいつどこからどのようにアクセスしたのかを正確に知る必要があります。Google Analyticsオプトアウトアドオンを利用すると、自分以外のユーザーがどのような動きをしているのか正確に数値として表れるので、自社サイトや自作サイトを作成し分析を行う方はインストールすることをおすすめします。

まとめ

Google Analyticsオプトアウトアドオンを導入し正しい数値データを用いて分析を行うことが大事です。自分ひとりが導入したとしても、周りの社員が未導入の可能性もあるので要注意です。社内のルールとしてGoogle Analyticsオプトアウトアドオンの導入を原則にするのも有効な施策かもしれませんね。ただ、すべてのwebサイトにおいてGoogle Analyticsにデータが反映されなくなるので、ユーザー側として利用する場合は必要ないかもしれません。自分にとって必要なツールなのかを見極めてから導入をしましょう。

関連記事

  1. 初めてのGoogleアナリティクス!登録方法から必須の基本設定までご紹介
  2. Googleアナリティクスで目標設定してコンバージョンを計測する方法
  3. GoogleスプレッドシートとGoogleアナリティクスを連携させる初期設定の方法
  4. Googleアナリティクスの「参照元」「メディア」「チャネル」とは
  5. Googleアナリティクスの正規表現とは?基本的な例とまとめて検索しよう

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top