fbpx

長文はSEOに有効?ライティングにおける最適な文章の長さとは

コンテンツマーケティングにかかわっているとよく質問されるのが

「どれくらいの長さのコンテンツを書けばいいですか?」
「ライティングする際の長さはどれくらいが適切ですか?」
「長文のコンテンツはSEOに強いんですよね?」

といった質問です。
確かに検索上位に長文のコンテンツが入っていることはよくあります。しかし、長文だからSEOに強いわけではありません。コンテンツの最適な長さは「ユーザーが求めている情報の量」によって変わります。 よくある間違いを避け、最適な分量のコンテンツを作る方法をご紹介します。

長文はSEOに有効、という考え方には誤解がある

「SEO上位に立つために1万文字くらいのコンテンツがつくりたいんです」といったご相談を受けることがあります。しかし、実際のところ、コンテンツの長さ自体がSEOに大きな影響を及ぼすわけではありません。

2016年に開かれたEnglish Google Webmaster Central office-hoursではこうしたコンテンツの長さに関する質問が出され、GoogleのJohn Mueller氏が記事の長さや、挿入する画像の数などにとらわれず、ユーザーの検索意図に的確に答え、十分な情報を提供することの重要性を話しています。

Googleの検索エンジンが検索順位を決めるアルゴリズムは公開されておらず、多くのウェブマーケターがその仕組みを様々な検証の結果から推測をしています。わかっているのは、Googleが公開している、Google が掲げる 10 の事実検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドGoogleの品質評価ガイドラインなどで語られている内容を基に常にアルゴリズムを変化させ続けているということです。

例えば他の有益なサイトからどれだけリンクをされているか、といったバックリンクの数がSEOの上位表示に大きく影響することはよく知られています。Googleが掲げる10の真実の中にある「ウェブ上の民主主義は機能する。」という文章をみるとこうしたアルゴリズムの背景にある理念がわかります。

こうした資料に目を通すと、こう評価を受けるコンテンツとは、検索キーワード(検索者のニーズ)に対して十分な量の信頼できる情報が必要だということがわかります。実際、コンテンツを作る際は、「ユーザーが必要とする情報を網羅的に掲載すること」がSEOにとっても有効です。この「網羅的」というのは検索の際のユーザーのニーズに即して必要な情報を漏れなく入れる、という意味です。しかし、この「ユーザーのニーズに即して」という部分が忘れられ、ターゲットのキーワードを軸にした複合キーワード(○○ ○○ のように複数で検索されるキーワード)をすべて盛り込んだページを無理やり作ってしまっているサイトがあります。不要な情報がたくさん混ざっていることがあるのですが、ユーザーが必要とする情報も内包されているため、上位に表示されることがあります。

このように、「必要な情報が十分に入ったコンテンツが優先的に表示される」という考えが、「たくさん情報が入った長いコンテンツが優先的に表示される」というように誤解され、「長いコンテンツほどSEOによい」という考え方になってしまったようです。

Googleの評価と無駄に長い文章のデメリット

有益な情報がたくさん含まれた文章はGoogleに高く評価されます。逆に、無駄な情報がたくさん含まれているただ長いだけの文章にはリスクもあります。

例えば、以下のようなコンテンツに覚えはないでしょうか。

・トラブルの緊急対処法を調べたいのに、「なぜ起こるのか」「どのような原因が考えられるのか」などの情報がコンテンツの多くを占めている。
・最新の情報を気軽に読みたいのに、過去の出来事まで事細かに掲載されていて、なかなか最新の情報が出てこない。
・移動中に気軽に閲覧するつもりが、到底読み終わりそうにない。

こういったコンテンツに覚えはないでしょうか。
そもそもコンテンツの存在意義は情報を伝えることにあります。「検索上位に表示される」ということではありません。無駄に長い文章がユーザーに負担を与えれば、たとえユーザーがサイトを訪問しても、コンテンツを読まずに離脱してしまいます。

ユーザーのアクセスを解析するGoogleアナリティクスには、ユーザーがサイトの中身を見ずにすぐに離脱してしまう「直帰率」や、サイトを訪れた時間を示す「滞在時間」など、様々な情報があります。Googleはこれらの収集情報を使ってサイトを評価することができるのです。たとえ上位に表示されているコンテンツでも、「そもそもクリックされない」「サイトを訪問してもすぐにユーザーが離脱している」「クリックされてもほとんど読まれていない」といったサイトはよりユーザーに支持されるサイトに入れ替わられてしまうのです。

最適な文章の長さはキーワードの整理と調査でわかる

それでは最適な文章の長さとはどの程度の長さなのでしょうか。私たちはこうした質問をされると「コンテンツで取り上げる内容によって違います」という回答をしています。当たり前のようですが、これはよく調べなければわからない内容なのです。

例えば、家電の比較や、クレジットカードの比較のように、比較すべき対象がたくさんあり、ユーザーができるだけ一度でたくさんのものを比較したい、と考えている場合、コンテンツは長くなる傾向にあります。購入するまでにじっくりと検討をするような高額商品の説明もたくさんの情報が必要になるかもしれません。チケット購入の仕方や、書類の作り方などは図表にしたり、フリーのフォーマットを付けるなどして、内容はわかりやすくシンプルにしたほうがいいかもしれません。

重要なのはユーザーがどのような情報を求めているかです。

このユーザーがどのような情報を求めているかを探るために行うのがキーワードの整理と調査です。

例えば無農薬野菜というキーワードでコンテンツを作るのであれば、同時にどのようなキーワードで検索がされているかを調べます。出てきたキーワードを整理すると、「育てたい」「買いたい」「知りたい」といったニーズが見えてきます。

コンテンツを作る際、はこのように検索ユーザーの情報ニーズを整理し、そのユーザーに対して十分な情報を提供する必要があります。
食べたい、というユーザーに無理に危険性などを説明する必要はありません。文章の流れの中でユーザーにとって必要であればコンテンツに情報として含めればよいのです。
また、網羅的に情報を含むコンテンツを作るためには、スーパーでの購入情報だけではなく、レストランや通販などの情報も掲載したほうが良い、ということになります。
このように、キーワードを整理していくと、それぞれのキーワードに対してどれくらいの説明文が必要かわかり、コンテンツ全体の長さがわかってきます。

検索で上位表示される良いコンテンツには独自の情報が必要

キーワードを整理し、必要な情報を漏れなく入れる必要性を紹介しました。しかし検索結果の表示順位は常に他のサイトと比較されながら決まります。他のサイトと同じ情報を集めて整理しただけでは上位表示は望めません。他のサイトよりもより有益なコンテンツを作るためには、ユーザーのためになる独自の情報が必要になります。コンテンツ制作の際には以下のポイントをチェックしてみましょう。

  • 検索上位サイトを確認し、必要な情報で漏れている情報がないか
  • 検索ニーズを整理して入れ漏らしているキーワードがないか
  • 他のサイトにはない独自の情報が入っているか
  • ユーザーが必要としていない不要な情報が入っていないか

コンテンツに必要な文章の量は、上記の4つのポイントを踏まえ、必要な情報を説明するにはどれくらいの文字量が必要なのかを考えるとわかります。上位表示されているコンテンツよりも長いコンテンツを作らないといけない、ということはありませんが、上位表示されているコンテンツがユーザーにとって必要な情報を十分に備えたコンテンツであれば、さらにそこに付加価値となる情報を加えることで、自然と上位表示されるコンテンツよりもながくなってしまうこともあります。情報を付け足すとともに、無駄な情報や不要な情報がないか必ず確認し、文章の足し算と引き算をするように心がけましょう。

チェックリスト

Googleのアルゴリズムは常に変化しています。Googleが10の真実の中で取り上げている一番初めの項目「1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」を踏まえ、ユーザーが必要としている情報がしっかりと含まれたコンテンツを作りましょう。
ユーザーにとって有益なコンテンツを作ることが、結局のところSEOの近道になるのです。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top