自社で開設し、自由に運用していくオウンドメディアはWebマーケティングにおいて重要な役割を果たします。そして、オウンドメディアで質の高い記事を量産するためには、外注ライターを利用することも検討したほうがよいといえます。ただし、社外のライターを運用するにあたって、トラブルのリスクが出てくるのも事実です。今回は、そんな外注ライターにコンテンツ制作を依頼するメリットや注意点などを解説していきます。

オウンドメディアの運用〜社員だけでの取り組みが行き詰まる理由〜

外注ライターを使わないとオウンドメディア運用が行き詰ってしまいがちな理由として、まず「リソースの問題」が挙げられます。コンテンツマーケティングの一環であるオウンドメディアは、質と量の両立が求められます。ユーザーの生活に役立つコンテンツ記事が頻繁に更新されていくからこそメディアの信用は高まり、顧客獲得へとつながっていきます。

ただ、そこまで活発なメディア運用を続けようと思えば、社内リソースだけでは限界があるでしょう。自社のメディア担当者だけに更新を任せていると、アウトプットできる情報が底を尽きてしまう可能性があります。また、担当者1人あたりの負担が大きくなり、他の業務に支障をきたすことも考えられます。そんなときの解決策として、外注ライターへの依頼が選択肢のひとつとなるのです。

次に、「専門知識不足」も問題です。オウンドメディアでファンを獲得するためのポイントのひとつとして、専門性が高い情報を掲載することが挙げられます。しかし、そういった種類の記事は執筆するのも大変です。記事の下調べをして正確に書くだけでなく、校正にも手は抜けません。その結果、担当者の業務が増えていき、記事の大量生産がしにくくなっていきます。

そこで、専門的な知識を持った外注ライターに、正確かつ読み物として面白い記事を執筆してもらいます。この方法だと社内で専門的なライターを育てる手間も省け、ある程度まとまった記事数を更新することも可能になります。

また、「コンテンツのバリエーションを増やすこと」も外注ライターに記事を発注する目的のひとつです。社内ライターが執筆すれば、内容が似通っていき、偏ってしまう可能性があります。同じようなコンテンツばかり掲載していては、興味深いメディアとはいえないでしょう。

コンテンツにバリエーションを加え、ユーザーをあきさせないようにするには、社内と違った感性の書き手に記事を書いてもらうのが効果的です。ただし、あまりにもメディアの方向性とかけ離れてしまわないよう、担当スタッフが上手く調整することは大前提です。

コンテンツ制作を外注ライターに依頼するメリット3つ

すでに触れた部分もありますが、下記、外注ライターへ依頼するメリットを3つ紹介します。メリットを理解すれば、依頼の検討に役立つでしょう。

外注ライターを起用するメリットは、第1に「記事品質の向上」です。オウンドメディアの担当者は、その業務だけに没頭できるわけではありません。しかし、他の業務をしながら記事作成をすると作業が中途半端になり、質が低くなってしまう懸念があります。

能力の高い外注ライターに依頼し、自社の記事作成に力を入れてもらえば、記事品質の向上が期待できます。外注ライターに執筆を任せる分、社内の担当者はマーケティングや記事企画に注力すれば、ますますメディアは充実していくでしょう。

第2のメリットが「人件費の削減」です。もし企業でライター専門の人材を雇うなら、少なくない人件費がかかることが想定されます。そんなときは外注することで、費用を抑えることも可能です。方法のひとつは、クラウドサービスなどの媒体を利用し、Webライターを募集してみることです。1文字1円前後で受けてくれる可能性があり、案件内容によってはさらに低い単価で受けてくれるライターもいるかもしれません。

そのかわり、あまりにも報酬が安いと実力のあるライターは応募してきてくれないという懸念もあります。他社の募集要項を参考にしながら、記事の難易度に合った報酬を設定しましょう。

第3のメリットが「記事を大量生産できること」です。どんなに社内ライターが優秀だとしても、執筆のスピードには限りがあります。そこで、外注ライターが役に立ちます。もちろん各外注ライターにも執筆のスピードに限りはありますが、依頼する人数を多くすることで、記事の大量生産が可能になります。

コンテンツ制作を外注する際の注意点4つ

外注ライターによる記事作成にはメリットがあるものの、すべてのケースで必ずしも功を奏すとは限りません。外注の際には注意点を抑えておくことも大切です。

第1の注意点は「マニュアルを準備すること」です。メディア立ち上げの打ち合わせに参加していない外注ライターは、当然メディアのコンセプトを理解していません。そのため、担当者が要望を細かく伝える必要があります。とはいえ、すべての外注ライターに個別説明をしていては、たいへんな労力がかかってしまいます。

そんな事態を避けるために重要なのが「記事作成マニュアル」です。これを外注ライターに読み込んでもらいます。文体や文字数、構成やNGワードなどをマニュアルに盛り込んでおき、理想に近い記事が出来上がるようにコントロールします。記事のターゲット層やSEO対策などもマニュアルに載せておくのが得策です。

第2の注意点は「指示が曖昧にならないようにすること」です。納品された記事の内容が良くないときに考えられる原因として、担当者の指示不足が挙げられます。指示が曖昧だと、外注ライターの書く記事が的外れになる可能性があるので、厳密な内容の希望があるのであれば、指示は具体的・丁寧に出すことがポイントです。

第3の注意点は「少数のライターに依存しないこと」です。有能な外注ライターがいれば、つい優先的に仕事をまわしたくなってしまいがちです。しかし、専属契約でない以上、ライター側にも仕事を選ぶ権利があります。毎回、発注を受け入れてくれるとは限りません。また、依存が進めば、そのライターがいなくなったときにコンテンツの質が大幅に落ちることも考えられます。そうならないよう、なるべく多くの外注ライターとつながっておくのがコツです。

最後、第4の注意点は「採用テストの実施」です。外注ライターの実力を見極めずに記事を依頼するのは危険です。納品された記事の質が低ければ、校正やリライトに時間をとられて、ますます担当者の負担が増える可能性もあります。初めて仕事を頼む外注ライターは、最初にテストライティングをしてもらい、能力をチェックしましょう。テスト内容はやや難しく、指示も多くすると、より実力を振るいにかけられます。また能力以外に、「レスポンスの速さ」「仕事への積極性」なども、長く付き合える外注ライターを探すときにチェックしたいポイントです。

オウンドメディア運用にあたり、コンテンツのバリエーションや制作費用、必要な記事量などを考慮すると、外注ライターへの依頼は重要な検討事項です。しかし、外注ライターにメディアのコンセプトや希望する内容などをうまく共有できないと、記事の品質にバラつきが生まれる可能性があります。また、特定のライターだけに依存したり、適用な採用をすると、後に問題が発生することも考えられます。担当者は、マニュアルなどを用いて外注ライターに正確な指示を与えること、複数の外注ライターとつながりをもつこと、そして採用時に能力をみることといった注意点を抑え、期待する記事を作成してもらえるように管理することが大切です。