fbpx

コピペチェックツール4選を比較!無料&有料ツール

この記事をシェアする

Web記事の制作を外注する上で、コピペチェックツールを活用することは重要です。ライターとして記事を納品する上でも、クオリティの高い記事を執筆するために役立ちます。コピペチェックツールの特徴と、使い方のコツを確認しましょう。おすすめのツールを、無料と有料のそれぞれ2つずつ紹介します。

コピペチェックツールとは

コピペチェックツールとは、制作中のWeb記事などのコンテンツについて、インターネット上に内容が似ている記事やWebページが存在しないかどうかを自動的に検索してくれるツールです。
特にWeb記事の制作を外注する際に活用されています。インターネット上には多くの記事があり、納品された記事が盗作ではないかどうかを目視だけで確認するのは困難です。記事が盗作やコピペではないかどうかを確認するためのサポートとして便利なのが、コピペチェックツールです。
また、自社の記事が他社のWebサイトにコピペされていないか監視するために活用することもできます。
さらに、ライターとしても活用できるツールです。コピペチェックツールでの結果が良好で、他の記事と類似していない、質の高いものを執筆するための参考として活用できます。

コピペチェックツールの重要性

コピペチェックツールを活用することの重要性やメリットについて、2つのポイントを解説します。

コピーコンテンツとみなされないため

公開したWeb記事が、検索エンジンから「コピーコンテンツ」とみなされるリスクを避けるために、コピペチェックツールが役立ちます。
新たに制作した記事が「他社の記事」と類似しないことはもちろん、「自社サイト内の記事同士」が類似しないように避けるためにも、コピペチェックを実施することは重要です。自社が制作した記事だとしても、類似性が高ければ検索エンジンは「コピーコンテンツ」と判断します。
検索エンジンからコピーコンテンツとみなされると、検索結果に表示されなくなってしまう結果になります。コピペチェックツールを活用することは、SEO上のマイナス要素を排除するために重要なのです。

著作権侵害・盗作になることを避けるため

制作したコンテンツが「著作権侵害」「盗作」とみなされるリスクを避けるためにも、コピペチェックツールを活用することが重要です。
著作権侵害として提訴されると、最悪の場合、損害賠償請求につながる可能性もあります。
損害賠償請求まではいかなくても、「DMCA申請」につながるリスクもあります。DMCAとは、「デジタルミレニアム著作権法」のことです。Googleでは、この法律に基づいた対応として、自社のコンテンツが盗作された場合に、削除申請ができるようになっています。
DMCA申請が提出されて認められると、検索結果に表示されなくなってしまいます。
意図的ではなくても、結果的に内容が似てしまい、著作権侵害・盗作とみなされてしまう可能性もあるため、コピペチェックツールを利用しながら、十分なチェックをすることが重要です。

ユーザーに役立つコンテンツを作るため

コピペチェックを実施することは、他のサイトにない情報が得られる有益なコンテンツを作るためにも重要です。
他のWebサイトと似たようなコンテンツは、ユーザーにとっての価値が薄く、あまり役に立つコンテンツとはいえません。
逆に他のWebサイトには載っていないような情報があるWebサイトは、ユーザーにとって有益であり、それはSEO上のプラスにもなる要素です。
コピペチェックツールが出力する結果は、他のWebサイトには載っていない情報が何かを探すための参考にもなります。チェック結果には、「内容が近いWebページ」の候補が挙げられるので、それらを目視で確認することで、他社のサイトには載っていない情報を考えるヒントが得られるのです。

コピペチェックツールを使う上での注意点とコツ

ツールを効果的に使うためのポイントとして、注意点を2つ解説します。

チェック結果の意味を把握して使用する

チェック結果の数値が「何を意味するか」を把握したうえで使用することが重要です。
コピペチェックツールでは、チェック結果として「〇〇%」といくつかの数値がパーセンテージで示されます。
パーセンテージが高い=コピペであるとは限りません。数値の種類によっては、単に「同じ単語・キーワードを使っている割合」を指すこともあり、必ずしも記事の内容が似ているとは限らないのです。
多くのツールでは、操作マニュアルや注意書きで、チェック結果の数値が何を意味するかを説明しているので、よく確認してから使うようにしましょう。

絶対視せず、サポートとして使用する

コピペチェックツールの結果を「絶対視」せず、あくまでも制作のサポートとして使うことが重要です。
ツールの結果は絶対ではないので、チェック結果が良くても悪くても、その数字を信じすぎないように注意しましょう。
チェック結果が良い場合でも、「目視による確認」を併用して、内容や構成をコピペしている部分が無いかどうかを確認することが重要です。
逆にチェック結果が悪いとしても、その結果にとらわれ過ぎて、チェック結果の数字を無理に改善しようとしても、記事として不自然になってしまう可能性もあります。
どんな自動ツールも同じですが、それに振り回されて「使われる」のではなく、あくまでも参考として「使う」ことを意識しましょう。

無料コピペチェックツール2選

無料のコピペチェックツールを2つ紹介します。

無料ながら多機能「Copy Content Detector

文字数制限 1回あたり4000文字
回数制限 なし

「Copy Content Detector」は、無料でも多機能なコピペチェックツールとして知られています。Webアプリケーションとして公開されていて、アカウント登録は不要です。
チェックしたいテキストデータを入力すると、以下の3種類のデータが、パーセンテージで出力されます。
類似度:似た「文章」がWeb上に無いかどうかをチェック
一致率:Web上の記事と同じ「単語」を使っている割合をチェック
テキスト判定:過去にコピペチェックした文章との重複チェック
有料プランにすると、1回あたりの文字数制限が8000文字に増え、Wordファイルをそのままチェックできるなどの特典が追加されます。

シンプルで文字数制限なし「こぴらん

文字数制限 なし
回数制限 なし

「こぴらん」は、句点やピリオドなどで区切った「文章」ごとにチェックし、類似するものが無いかを検索する簡易的なコピペチェックツールです。
「25文字未満」の短い文と、1つの文章あたりの「80文字を超えた部分」はチェック対象外となるため、入力したテキストの全てがチェックされるとは限りません。
チェック結果はパーセンテージではなく、類似する文章が使われている「ページの数」を出力するだけです。パソコンからの利用だけでなく、タブレット・スマホにも対応しています。

有料コピペチェックツール2選

次に有料のコピペチェックツールを2つ紹介します。

インストール不要「chiyo-co

価格 月額4400円~(税込)
無料プランの有無
PCへのインストール 不要

以前「影武者」という名称で知られていた「chiyo-co」(ちよこ)は、PCへのインストールが不要で、ブラウザ上で動作する「クラウド型」のコピペチェックツールです。
さまざまなチェック方法を総合した「総合類似率」がパーセンテージで表示され、直感的に分かりやすいチェック結果を出力します。
テキストデータ以外にも、Word、Excel、PDFに対応していて、PC上のファイルを直接コピペチェック可能です。
1カ月あたり10回までは無料で使えるので、お試し利用もできます。高いプランを選択するほど、1カ月あたりにチェックできる回数の上限が増える仕組みです。

低価格な「コピペリン

価格 月額550円(税込)
無料プランの有無 ×
PCへのインストール 必要

コピペリン(COPIPERIN)は、月額550円という低価格で利用できるコピペチェックツールです。チェック回数の上限はありません。
コピペが疑われるページの文章と並べて表示できるので、比較しながら目視での確認がしやすいという特徴があります。テキスト以外にはWord、Excelデータのチェックも可能です。
ただしPCへのインストールが必要で、動作環境はWindowsにしか対応していません。

まとめ

コピペチェックツールを活用することは、Web記事制作のリスクを回避し、クオリティを高めるために役立ちます。外注する立場としてだけでなく、ライターとしても活用することで、スムーズなコンテンツ制作を実現していきましょう。そもそもコピーコンテンツを回避するため、情報収集の段階から同テーマのコンテンツをチェックすることも重要です。サイトエンジンでは、Webコンテンツ制作の外注化に関するコンサルティングサービスを提供しています。「チェック体制をどのように構築すればよいのか分からない」など、メディア運営に関するご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード申し込み

この記事をシェアする
Scroll to Top