fbpx

CPCとは?意味や目安、CPCを下げて広告コストを抑える方法も解説

Webマーケティングを担当する際、「CPC」という用語の意味がわからず、詳しく知りたいと感じた方も多いのではないでしょうか。CPCは利用されるシーンによって複数の意味合いを持つため、正しく把握しておくことが大切です。

このページでは、CPCの意味や広告運用におけるCPCの重要性、CPCを指標として広告の成果を高める方法について解説します。

CPCとは「クリック単価」を表す用語

CPCは「Cost Per Click」の略称で、1クリックあたりのコスト(クリック単価)を表すWebマーケティング用語です。以下ではCPCに関する基礎知識として、利用されるシーンやCPCの求め方、似た名前を持つほかの用語との違いを紹介します。

CPCという用語が使われる主なシーン

インターネット上に配信する広告を取り扱う際に、CPCという用語が使われることが一般的です。

インターネット上に配信する広告には、広告がクリックされるたびに広告費がかかるタイプのものと、広告が表示された回数に応じて広告費がかかるタイプのものがあります。これら2種類の課金形式を区別する際、クリックされるたびにコストがかかる広告を表す呼称がCPCです。

また、CPCという用語は、クリック課金型の広告を運用する際にかかった1クリックあたりの平均費用を表すケースもあります。「広告のCPCが高い」や「CPCの安いキーワード」などが、1クリックあたりの平均費用を表す場合のCPCの使われ方です。

広告のCPCを求める計算式と目安

1クリックあたりの平均費用としてCPCを求める際は、次のような計算式が使われます。

かかった広告費 ÷ 広告のクリック数 = CPC(1クリックあたりの平均費用)

たとえば、ある広告キャンペーンで30,000円の広告費を使用して、広告が300回クリックされた場合、CPCは以下の通りです。

30,000円(かかった広告費) ÷ 300クリック(広告のクリック数) = 100円(CPC)

CPCは広告キャンペーン全体だけでなく、特定のユーザー層だけをターゲットにした広告グループや、キーワードごとに算出することもできます。ただし、オンライン広告の管理画面ではCPCの数値が直接表示されているため、あえて計算する必要はないケースが一般的です。

CPCの目安は、競合広告主の多さや、広告の種類によって異なります。競合広告主がきわめて少ない場合は数円程度、通常は20円~100円程度がCPCの目安です。ニーズが高い人気キーワードでは、CPCが数百円以上に高騰しているケースもあります。

CPCと似ている「CPM」や「CPA」との違い

CPCと似ている用語に「CPM」や「CPA」がありますが、表す意味が異なるため、正しく理解することが重要です。

CPMは「Cost Per Mille」の略称で、広告が1,000回表示されたときにかかるコストを表します。表示された回数に応じて課金されるタイプの広告は、CPCではなくCPMで出稿することが可能です。また、表示回数に応じて課金される広告そのものをCPMと呼ぶ場合もあります。

CPAは「Cost Per Action」もしくは「Cost Per Acquisition」の略称です。いずれも、資料請求や商品購入などの成果を1件獲得するためにかかった平均費用を表します。たとえば、30,000円の広告費をかけて、10件の資料請求を獲得できた場合、CPAは3,000円です。

広告運用でCPCが重要な理由とは?

広告を使ってインターネット上で集客をする場合、CPCの確認や管理が重要となります。CPCが重要である主な理由は次の2つです。

  • 費用対効果を確認し、広告費用が適切か判断するため
  • キーワードのニーズを把握するため

以下では、広告運用においてCPCが重要な理由について解説します。

費用対効果を確認し、広告費用が適切か判断するため

ネット上で広告を展開する場合、費用対効果の計測が重要です。費用対効果のあっていない広告を出してしまうと、売上が発生しても利益が残らないリスクがあります。

広告の費用対効果を決定する主な指標は、CPCとコンバージョン率です。CPCが安くなり、コンバージョン率が変わらなければ、広告の費用対効果は上がります。

ただし、CPCは安ければ安いほどよいというわけではありません。CPCを安くするために広告の入札単価を下げると、広告の表示順位や表示回数、クリック率などが悪くなるケースもあります。そのため、獲得したいコンバージョン数なども加味しつつ、CPCを調整することが大切です。

CPCによってキーワードのニーズがわかるため

検索エンジンに表示される広告を運用する際は、どのキーワードを選ぶかが重要となります。検索されるキーワードによってユーザーの購買意欲が異なるため、見込み度の高いキーワードに広告を出すことがポイントです。

Google広告やYahoo!広告の管理画面で使用できるキーワードツールを使うと、CPCの目安が予めチェックできます。一般的に、CPCが高いキーワードはユーザーの見込み度も高い傾向です。そのため、CPCの情報は広告戦略を考える際に役立ちます。

また、想定されるCPCを事前に把握することは、広告予算を決める際にも有用です。

リスティング広告のCPCを改善する具体的なステップ

検索結果画面に表示される広告は、リスティング広告と呼ばれます。リスティング広告では、いくつかの方法でCPCを改善し、費用対効果を高めることが可能です。

以下では、広告運用が初めての方でも取り組みやすいように、CPCを改善する具体的なステップを紹介します。

現状のCPCを確認し、CPCが高いキーワードを見つける

まずは、リスティング広告の管理画面からCPCを改善したほうがよいキーワードを見つけましょう。優先的に施策を行うべきキーワードは、CPCが高く、コンバージョン獲得に高い費用がかかっているものです。

CPCが高くても、効果的にコンバージョンが獲得できているキーワードであれば、無理をしてCPCを安くする必要はありません。目標のCPAを達成できていないキーワードのなかから、CPC改善すべきものを選ぶことがポイントです。

キーワードと広告文の関連性を高める

CPCを改善すべきキーワードが見つかったら、該当のキーワードに設定されている広告文を見直しましょう。リスティング広告のCPCは、キーワードと広告文の関連性が高いほど安くなる傾向です。

キーワードと広告文の関連性は、広告の品質を表すスコアに影響を与えます。一般的に、広告の品質が高まるほど、リスティング広告のCPCを下げることが可能です。また、広告の品質を向上させれば、表示順位を下げずにCPCが改善できます。

広告文の見出しや説明文にキーワードが入っていない場合は、キーワードを含めましょう。また、キーワードを検索するユーザーの意図を考え、よりクリックしたくなるような広告文を作ることも、広告の品質を高めるために有効です。

広告のリンク先ページを改善する

広告のリンク先ページを改善することも、広告の品質やCPCを改善する際に役立ちます。広告のリンク先ページに記載されている内容と、キーワードや広告文で訴求する内容が一致しているか確認しましょう。

また、リンク先ページの読み込み速度など、技術的な面の改善も有効です。リンク先ページに表示される画像のデータ容量を減らしたり、読み込むスクリプトを調整したりすれば、広告の品質が高まり、CPCが改善できます。

CPCの変化を定期的に確認する

改善施策を行ったあとは、CPCの変化をチェックしましょう。もし、施策を行った前後でCPCが変わっていなかったり、悪化してしまったりした場合は、原因の特定と追加の対策が必要です。

また、CPCは自社の広告設定だけでなく、競合広告主の入札状況によっても変化します。そのため、CPCを定期的にチェックし、必要に応じて改善施策を行うことが大切です。

まとめ CPCの意味を理解し、広告の費用対効果を高めましょう

CPCは、クリック単価制の広告や、1クリックあたりの平均費用を表します。CPCが安くなると費用対効果は上がりやすい傾向ですが、単に安ければよいわけではないため注意が必要です。広告の表示回数やコンバージョン数を考慮して、CPCを調整しましょう。

企業のWebマーケティングや広告運用を担当している方は、CPCの意味を正しく理解したうえで、改善施策に取り組んでみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top