fbpx
Googleデータポータルをアナリティクスと連携させてアクセス解析レポートを作る方法(初期設定)

Googleデータポータルをアナリティクスと連携させてアクセス解析レポートを作る方法(初期設定)

この記事では、GoogleデータポータルをGoogleアナリティクスと連携させる初期設定の方法を説明しています。

Googleデータポータルとは

Googleデータポータルとは、Googleが提供している無料で使えるBIツール(ビジネスインテリジェンスツール)です。ほかの様々なツールのデータを自動で取得して、グラフや表などで可視化できるので、レポート作成の手間などが削減されます。自分の好みでダッシュボードを作り、表示項目をカスタマイズできます。

Googleアナリティクスだけはなく、スプレッドシート、Google広告、サーチコンソールなどの各種ツールとも連携できます。

Googleアナリティクスとは

Googleアナリティクスとは、同じく無料で提供されているアクセス解析ツールです。利用するには、専用の計測用タグを自分のサイトに貼り付ける必要があります。簡単にデータポータルと紐付けることができます。

以下、流れを説明します。一度も使ったことがない方でも、画像を見ながら手順どおりに進めていただければきっと2つのツールを連携できるはずです。なお、すでにGoogleアナリティクスを使っていて、管理者権限があることが前提となっています。もしまだGoogleアナリティクスの導入が済んでいない方は、先に済ませてください。

Google公式のチュートリアルを読んだけれども、途中で進め方がわからなくなってしまったという方はぜひこの記事を参考にしてください。

2つのツールを連携させるメリット

GoogleデータポータルとGoogleアナリティクスを連携させるメリットは以下のようなものです。

  • 月次、週次などのレポートを毎回手動でつくる手間がなくなる
  • 常に最新のデータをリアルタイムで表示することができるので、改善施策の立案など意思決定までの時間が短縮される
  • Googleアナリティクスだけではなく、Google広告、サーチコンソールなどの関連データを組み合わせて同時に表示させることができる
  • SEMrushなどの外部ツールのデータも表示できる

Googleデータポータルにアナリティクスを連携させる初期設定

https://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/data-studio/

ここにアクセスして青いボタンをクリックしてください。

Googleデータポータルトップページ

[作成] -> [データソース]を選択してください。

データソースの追加

[使ってみる] をクリックしてください。

初期設定

□にチェックを入れて、[同意する]をクリックしてください。

利用規約

情報に関する質問にはい・いいえで回答し[完了]をクリックしてください。

情報の利用用途

再度、[作成] -> [データソース]を選択してください。

データソースの追加

[使いたいデータ]を選択します。[Googleアナリティクス]を選択します。

コネクタ一覧

アクセスの承認と使用するアカウントの選択をします。まず[承認]をクリックします。

Googleアナリティクス利用の承認

[アカウント][プロパティ][表示]を選択して[接続]をクリックします。

Googleアナリティクスに接続

データに名前をつけてレポートに紐付けます。左上を分かりやすい名前に設定して、[レポートを作成]をクリックします。

レポート作成画面

前のページでつけた名前のデータを一覧から選択します。

データソースの選択

[レポートに追加]をクリックします。

レポートに追加

初期設定お疲れ様でした!以下のような画面が表示されていれば準備完了です。

レポート初期画面

次回以降で具体的にGoogleデータポータルで、アクセス解析レポートを作成する方法について解説します。

なお、独自のレポートをつくるのではなく、すでに用意されているテンプレートをそのまま使ってすぐにアクセス解析したいという方は、以下のGoogle公式ページで解説されている手法で進めてください。

Google アナリティクスとの統合 – データポータルのヘルプ

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top