fbpx

EFOとは?具体的なノウハウやおすすめツール、導入時の注意点を解説

Webサイトを運営するなかでEFOという手法を知り、効果や導入方法が気になった方も多いのではないでしょうか。資料請求や商品購入など、入力フォームがあるWebサイトの場合、EFOによってコンバージョン率を高めることが可能です。このページでは、EFOの概要や具体的なノウハウ、おすすめのツールについて解説します。

EFOとは入力フォームを最適化する施策のこと

EFOは「Entry Form Optimization」の略称で、入力フォームの最適化を意味するWebマーケティング用語です。Webサイトの訪問者がより使いやすい形に入力フォームを工夫し、コンバージョンまでスムーズに誘導することがEFOの目的となっています。

EFOのメリット・デメリットや、実施する際の注意点は以下の通りです。

EFOで得られるメリット

入力フォームを最適化するメリットとして、ユーザーの離脱防止や、コンバージョン率のアップ、リピート率のアップなどが挙げられます。

  • ユーザーの離脱防止
  • コンバージョン率のアップ
  • リピート率のアップ
  • 顧客満足度の向上

EFOのデメリット

EFOにはメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあるため、事前に把握しておくことが大切です。

  • 施策の前後で顧客データの形式が変わると手間がかかる
  • フォームのデザインや機能を変更する技術が必要
  • 必ずしも良い効果が得られるとは限らない

EFOを実施する際の注意点

EFOを実施する際は、デメリットを解消するために以下のような注意が必要となります。

  • 入力データの管理方法に注意する
  • テスト環境で動作をチェックしてから実装する
  • 離脱率やコンバージョン率以外もチェックする

EFOを実施するための具体的なノウハウを紹介

ユーザーにとって使いにくい入力フォームが設置されている場合、EFOによって改善できます。使いにくい入力フォームの例は次のようなものです。

【よくない入力フォームの例】

  • 入力するべき項目数が多すぎる
  • 何を入力すればよいかわかりにくい
  • 送信ボタンを押したあとに半角/全角などのエラーが表示される
  • 入力に時間がかかる項目がある

これらの問題点を解決するために、次のようなEFO施策が有効となります。

入力フォームの項目を減らす

入力フォームの項目を減らし、必要最小限にとどめることは、ユーザーの離脱を防ぐために効果的です。

たとえば、ECサイトで商品を購入するためのフォームに、アンケートがついている場合があります。アンケート項目は顧客の興味・関心や家族構成、ライフスタイルなどの情報を知るために有用ですが、項目が多すぎると入力する気が失せてしまうため注意が必要です。

そこで、商品購入時の入力フォームには名前やお届け先などの項目だけを載せ、アンケートは購入完了後のページで別途用意する対策が有効となります。また、入力必須となっている項目数を減らすことも、離脱の防止につながる傾向です。

半角や全角など入力方法を明示する

電話番号や郵便番号、会員登録時のユーザー名などの項目は、半角や全角など使用できる文字の種類を明示しておきましょう。入力欄の付近に「半角・英数字のみ使用できます」などのメッセージを表示しておけば、ユーザーは迷うことなくフォームの入力を完了できます。

また、電話番号や郵便番号の途中にハイフンをつけるべきか、住所の番地などの数字は半角・全角のどちらを使うべきかなども、迷いやすいポイントです。入力方法を明示するだけでなく、誤った形式で入力された場合にすぐエラーメッセージを表示することも、EFOにつながります。

想定される入力内容はプルダウンなどで選択式にする

ユーザーからの回答がある程度想定できる場合、自由記入ではなく選択式にすると、入力の手間を省くことが可能です。

選択肢の中から1つだけを選ぶ場合は、プルダウンメニューやラジオボタンが役立ちます。一方、複数の項目を選択できるようにしたければ、チェックボックスを活用しましょう。

ただし、選択式の入力フォームにした場合、当てはまるものがないケースも想定されます。そのため、選択肢の最後に「その他」などの項目を用意し、必要に応じて自由記入も可能な形にしておくと、離脱を防ぐことが可能です。

住所の自動入力機能などを使う

住所の自動入力機能を実装すれば、郵便番号を入力した時点で、住所の途中までを自動で埋めることができます。都道府県や市区町村までが簡単に入力できるため、EFO施策として効果的です。

ただし、自動入力機能を使ったフォームでは、番地や建物名など住所の続きを入力し忘れてしまうケースも発生します。そのため、入力欄の付近や入力内容の確認ページで、住所が最後まで入力されているかチェックする旨を表示しておきましょう。

自動入力機能が使える入力項目は、住所だけではありません。半角で入力すべき項目で全角文字が入力された際に自動的に修正する機能や、ハイフンが不要の項目でハイフンを自動削除する機能などもEFOに有用です。

例文を入力フォームの背景に表示しておく

フォームの各項目に記入するべき内容を背景に表示しておくと、入力してもらいやすくなります。氏名や住所、電話番号などの項目だけでなく、お問い合わせ内容などの例文を入力フォームに表示しておきましょう。

特に、自由記入の項目では、例文を予め表示しておくことが効果的です。例文があれば、入力すべき文章量や、どの程度具体的な内容を入力すべきかなどがわかりやすくなります。

入力フォームの背景に例文を表示する際は、例文だとわかるように薄い色にしておくことや、ユーザーが入力した時点で例文が消えるようにしておくことがポイントです。

初めてでも導入しやすいおすすめEFOツールを紹介

EFOツールを使えば、入力しやすく、自動入力機能などがあるフォームを設置できます。導入コストや使いやすさから厳選した、初めての方でも導入しやすいEFOツールは次の3つです。

無料で始められてデザイン性が高い「formrun」

EFOツールを選ぶ際、コストパフォーマンスは重要なポイントとなります。特に、初めてツールを使うなら、まずは最小限のコストで施策をはじめ、改善効果を確かめることが大切です。

「formrun」なら無料で導入できるため、EFO施策が初めての方にもおすすめできます。入力フォームをformrunで作成すれば、デザイン性が高く使いやすいだけでなく、問い合わせ状況の確認やメールによる返信対応まで一元管理することも可能です。

効果性が確認できた時点で無料プランから有料プランに切り替えれば、より充実した機能が使えるようになります。

formrunの最新機能については、以下公式サイトのリンクよりご確認ください。
formrun公式サイト

リーズナブルな価格で簡単に使える「formy」

EFOツールを選ぶ際は、フォームの作りやすさや使いやすさだけでなく、入力されたデータの分析機能なども重要なポイントです。

「formy」なら、リーズナブルな価格で、フォーム作成やデータの分析ができます。住所の自動入力機能や、全角・半角の修正機能、入力内容の補足説明などを簡単に実装できることがformyの特徴です。

また、formyではフォームが表示された回数や、各項目が入力された回数が分析できるため、離脱されやすい箇所の特定や改善に役立ちます。

formyの最新機能については、以下公式サイトのリンクよりご確認ください。
formy公式サイト

高機能で使いやすい「エフトラEFO」

一般的に、ツールの機能が増えると使い方が複雑になることがあるため、注意が必要です。しかし、「エフトラEFO」なら、EFOに役立つさまざまな機能を簡単に使うことができます。

エフトラEFOは各種自動入力や修正機能のほか、FacebookやYahoo!IDのアカウントから情報を入力できる機能なども利用可能です。また、各フォームの入力時間や離脱数をグラフ化して見られることも、エフトラEFOの特徴となっています。

エフトラEFOは入力時の動作をプレビューしながらフォームが作れるため、初めての方でも無理なく導入できるツールです。

エフトラEFOの最新機能については、以下公式サイトのリンクよりご確認ください。
エフトラEFO公式サイト

まとめ EFOで離脱率やコンバージョン率を改善しましょう

EFOに取り組めば、入力フォームの利便性やコンバージョン率が高まります。入力項目を減らしたり、入力方法を明示したりする対策は、ツールを使わなくても始めることが可能です。

また、EFOツールを導入すれば、自動入力や修正機能が簡単に使えるほか、ユーザーが離脱したポイントなどの分析もできます。ECサイトの売上や、Webサイトからの問い合わせ数などを増やしたい方は、ぜひEFOに取り組んでみてはいかがでしょうか。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top