Webライティングの推敲とは?意味や例文をわかりやすく解説

この記事をシェアする

Webサイトの記事は、推敲まで行うことで記事の品質・検索順位の改善の効果があります。同じ意味で近年はリライトとも言われるようになりましたが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

推敲の意味とは

推敲は、「自分で作った記事の文章を修正して改善を図ること」を意味し、表現方法を中心に読者にとって読みやすい文章を追求する作業を指します。紙媒体が主流だった時代では、作家が編集者に渡す前の原稿を見直しすることを意味していました。現在ではWeb記事の工程でも使われる言葉ですが、リライトという言葉が使われ始めてから、意味が混合して使われるようになりました。

リライトとの違い

リライトは誤字脱字、内容、文章構成など推敲を含めた記事の改善に必要な作業の全般を指します。文章を増やす、情報量を増やすだけでなく削ることも含まれます。検索エンジン・読者の双方から良い評価を得られる文章にするための改善のために様々な手法があります。一般的なブログ記事などに対して行う推敲は、リライトと同じ意味で使われることが多いです。

リライトと推敲の線引きは明確にされていない場合が多く、依頼を受ける際は注意が必要です。クライアントがどこまでを推敲、リライトと定義しているかを確認するようにしましょう。

Webライティングで推敲が重要な理由

Webライティングの推敲は記事をアップした後でも編集することが特徴です。一度ユーザーの反応をデータやコメントで確認して改善し続ける点は、紙媒体との一番の違いです。読みづらい低品質な記事はユーザー・検索エンジン双方から評価を下げて検索順位を落とすだけでなく、運営元のブランディングも損なう可能性があります。そんな事態を回避するためにも推敲が重要とされているのです。

記事をより良くするための推敲の流れ

具体的に記事が完成した状態からどのように推敲が行われているのでしょうか。今回はリライトの内容も含めて記事の改善方法を順番に解説します。

誤字脱字のチェック

まず初めに行われるのは誤字脱字のチェックです。どんなに全体の構成も良くても、1つの誤字があっただけで読者はダメな記事だと判断します。一番基本で重要な作業なので、すべての文章を細かくチェックするようにしましょう。

表現を確認

表現は、単調になっていないか、余計な言い回しがないかを中心にチェックします。よく使われるものは「です。ました。なります。あります。ましょう。でしょう。」などありますが、連続していないかを注意しましょう。また、「~ということです、~になります」などの文章は「です、ます」で短縮できるケースが多くあります。

上記以外にも「~ことは~ことです。」のように「こと」や助詞を連続しているものも修正すべきです。読者が読むうえで疲れないようにすることを意識して改善しましょう。

声や音に出して確認する

ライターが自分で作った記事を見直す際は、黙読だけでなく音に出して読むことをおすすめします。なかなか自分で書いたものを黙読しているだけでは間違いに気づけないケースが多くあります。音声にすることで間違いに気づきやすくなるため、手作業の見直しやツールで発見できなかったミスに対応できます。

推敲のポイント

流れを踏まえて、より効率的に良い文章にするために意識するポイントを紹介します。

ツールで効率化

上記の工程でツールを使って効率化できることがいくつかあります。Microsoftのpcを使っている方であればWordで誤字脱字、表現の繰り返しなどをチェックできます。しかしWordを使用しても「~です。→~ですす。」のようなものはミスとして表示されません。ツールを過信しすぎず、実際に読む作業は必ず行いましょう。詳しくは以下の記事で解説しているのでご覧ください。

関連記事:Wordの役立ち機能をご紹介!誤字脱字を減らすテクニック

読みやすい文章化

文章を削るべきか、足すべきかの基準は「読みやすい文章かどうか」です。冗長表現(無駄に文章を長くすること)は修正する対象ですが、読者にとって読みやすいかどうかを基準にしましょう。

句読点の位置

句読点に明確なルールがあるわけではありません。必ず文章に入れなければいけないわけでもなく、あくまでケースバイケースです。乱用しては逆に読みづらくなってしまうため、語句を入れ替えて句読点を減らすこともできます。句点「。」は文末に打つものですが、読点「、」を打つと良いタイミングはある程度決まっています。

  • 文を正しく解釈してもらいたいタイミング
    「彼は背の高いおしゃれなぼくの、友人です。→彼は、背の高いおしゃれなぼくの友人です。」
  • 主語が長くなったタイミング
    「デジタルマーケティング会社に属している方は、優しい人が多くいます。」
  • 事例の羅列
    「コンテンツマーケティングでお困りの方、コンテンツ制作でお困りの方はご連絡ください。」
  • 同じ文字が連続するタイミング
    「親友の彼は、はじめて野菜を食べた。」

推敲する記事選び

時間と人手に限界があるため、過去すべての記事を推敲し続けることは難しいです。(投稿数が少なければ可能ですが。)ポイントを押さえたところで、どんな記事が修正対象になるのかもあわせて理解しましょう。良い推敲ができても、記事選びを間違えてしまうと効率の悪い作業になってしまいます。Webライティングを担当する会社ではどんな観点から記事を選んでいるでしょうか。

まずはじめにGoogleアナリティクスや、Googleサーチコンソールでデータを確認で記事ごとのデータを確認しましょう。チェックするべき代表的な数値を紹介します。

ページビュー(pv)数が多い記事

まず校閲する際は、pv数の多いものの中から選びます。理由はよく見られる記事の方が手を加えた後の変化率も大きいからです。コンバージョン(cv)が多い記事は、既にうまくいっている記事でもあるため、大きく変更する必要はありません。

滞在時間が短く、直帰率が高い記事

pv数は多いが、滞在時間が短く、直帰率が高い記事は推敲すべき記事です。このような記事は、興味を持って記事を閲覧してくれたが中身に満足してくれなかったユーザーが多くいる状態です。上で述べた改善と、2~4週間おきにデータをチェックを繰り返しましょう。

まとめ

推敲について取り組んでいると、ついつい高尚な文章を作る意識を持ってしまいますが、「ユーザーの求めている情報を読みやすい形で提供すること」が重要です。記事作成やリライトでお困りの方はサイトエンジンにお問い合わせください。

この記事をシェアする
Scroll to Top