fbpx

共感ライティングとは? SNSでシェアされやすくなる4つのコツ

共感ライティングは、SNS運用やWebライティング、メールの作成など、ビジネス上のさまざまな場面で必要とされるスキルです。共感ライティングが重要な場面について、具体的に確認しましょう。また共感ライティングが上達するための4つのコツを紹介します。

SNSで重要な「共感ライティング」とは

共感を得やすい言葉や文章を書く技術は「共感ライティング」と呼ばれます。

読んだ人が「自分と同じだ」「よく分かる」「私もそう思う」などの気持ちを抱きやすい文章を書く技術のことです。

共感ライティングは、何か特別な才能が必要なものではありません。基本的なノウハウを実践することで、どんな人でも身に着けられる一般的な技術です。

マーケティングにおいて、共感ライティングは重要な意味を持っています。SNSで多くの人にシェアされるような投稿をしたり、商品を買いたいという気持ちになるような文章を考えたり、共感ライティングが活躍する場面はさまざまです。

具体的に確認していきましょう。

共感ライティングが必要な場面

デジタルマーケティングにおいて、共感ライティングが役に立つ場面はいくつかあります。代表的なのは「SNS」「ランディングページ」「メルマガ」の3つです。それぞれの場面で、共感ライティングがどのように役立つのかを確認しておきましょう。

共感を得る!SNSの投稿内容やプロフィール設定

SNSでシェアされやすい投稿をするために、共感ライティングが役立ちます。

多くのSNSユーザーが求めているのは「共感」です。共感を持った投稿に対して「いいね」や「シェア」などの行動をする傾向があります。

またSNSのアカウントの「プロフィール欄」を作成するためにも、共感ライティングが活躍します。プロフィール欄から共感を誘うことができれば、「このアカウントをフォローしたい」という気持ちにつながるでしょう。

個人でSNSを使う場面だけでなく、企業の公式アカウントを運用する場合でも、共感ライティングのスキルが役立ちます。共感ライティングは、SNSマーケティングにおいても重要な意味があるのです。

コンバージョンに直結!共感するランディングページ

ランディングページに記載する文章を考える際にも、共感ライティングのスキルが重要です。

ランディングページとは、ページの訪問者に購入や申し込み、資料請求などの「行動」を促すページです。多くの場合、ページ内で読者に「して欲しい」行動を促すような文章を記載します。

「ランディングページに何を書くか」ということは、コンバージョンに直結する重要なポイントです。

ランディングページでは、読者の気持ちに訴えかけるために「ストーリーテリング」や「QUESTの法則」というライティング技術が用いられます。

ストーリーテリングは、読者に対してストーリーで語り掛けるテクニックで、「共感を誘う」などの効果を狙って用いられる技術です。

参照:ストーリーテリングとは?初心者におすすめのやり方

QUESTの法則は、絞り込み(Qualify)・共感(Understand)・啓発(Educate)・興奮(Stimulate)・変化(Transition)の5つの単語の頭文字を取ったもので、この順番に構成していくことで行動を促すというもの。

参照:AIDMAとは?AISASとの違いも合わせて紹介!

いずれも「共感」が重視されています。共感は効果的なランディングページの内容を考える上で、不可欠な要素なのです。

共感するメルマガの件名・文章

メルマガの文章や、件名を作成する場合も、共感ライティングが役に立ちます。

定期的に届けるメルマガでは、読者に「親近感を抱かせる」ことや「ファンになってもらう」ことが重要です。そのために読者に共感を得られるような文章を書くという手法が、よく用いられています。

メルマガにおいては「件名」にも工夫が必要です。件名を見ただけで興味を持ってもらえるかどうかが、メールの開封率に大きな影響を与えます。

本文だけでなく件名にも共感ライティングを駆使することで、メルマガ読者の興味を引き付けることができるのです。

件名を工夫する

効果的な共感ライティングの4つのコツ

SNSやランディングページ制作、メルマガなどで共感を得やすい文章を書くための4つのコツを紹介します。個人か企業かに関係なく利用できるテクニックです。

「分かりやすさ」を重視する

共感を得るためには、書いてあることの意味が、すぐに理解できることが大前提です。共感を得るためには、文法上の正確さではなく「分かりやすさ」を重視したライティングを心がけましょう。

文法上の正確さを重視しすぎて、「固い表現」になってしまうと、文章が分かりにくくなってしまう可能性があります。

文章を「やわらかく」するためには、漢字や専門用語ばかりにならないように注意し、適宜ひらがなや「?」「!」などの記号を織り交ぜましょう。書き言葉ではなく「話し言葉」に近い表現を使うこともできます。

話し言葉を使ったライティングは、近年注目されている「音声検索」への対策としても有効に働くことが期待できます。

どの程度まで文章をやわらかくするかは、メディアの特性や投稿内容によって異なりますが、特にSNSの場合は、顔文字や絵文字なども駆使して、かなり「やわらかく」するのが自然です。

個人ではなく企業であっても、SNS上では「くだけた表現」や「簡潔な言葉」「親しみやすい文章」が一般的。仕事だからといって、必要以上に固い文章にならないように注意しましょう。

具体的な「ペルソナ」を意識する

人の心に響く、共感を得やすい文章の基本として「一人の人に向けて書くことが重要」とされています。つまりペルソナを意識することが重要です。

メルマガやランディングページにおいては、ターゲットとなる人物のニーズや年齢層、生活スタイルなどの「ペルソナ」を具体的に設定してから文章を書き始めましょう。

SNSでも、ペルソナを設定してから投稿内容を考えることが大切です。「だれにでも共感できる投稿をする」というのは難しく、それを目指すと逆に共感されにくくなることもあります。

特定のターゲットを決め、そのグループに対して共感を得られるような内容を考えることが重要です。

ブランドとしてのターゲットや、売り出し中の商品の対象ユーザーとなる人物像を決め、その人が「どんなテーマに共感するのか」を考えて投稿しましょう。

参照:ペルソナとは?コンテンツマーケティングで必ず設定【ブログのターゲット】

「共通の話題」を利用する

「共通の話題」について書くことで、共感を得やすい文章を書くことができます。共通の趣味や出身地などの話題は、初対面の人との距離を近づける基本テクニックです。

ニュースで話題になっているテーマや商品、イベントなど、多くの人に当てはまる共通の話題を利用してみましょう。多くの人には当てはまらないとしても、ターゲットとなるグループにとって共通の話題を利用することもできます。

共通の話題をただ取り上げるだけでは、他の多くのユーザーの投稿内容と同じになってしまうので、「オリジナリティ」を意識することも重要です。

ニュースの話題を自社製品やサービスに結び付けたりなど、そのアカウント「ならでは」の内容を含めることで、オリジナリティを持たせながら共通の話題を取り上げることができます。

「自己開示」を意識する

共感を得るための基本として「自己開示」も重要です。自己開示とは、自分の境遇や、考え方、好きな物などを伝えることで、自分がどんな人間なのかを明らかにすること。

「何を考えているのか分からない」人は、近づきにくい存在になりがちです。一方、自己開示をして自分をさらけ出している人は、どんなことを考えているのかが分かるので、共感を得やすく、親しみやすい存在になります。

自己開示によって共感を得るテクニックは、特にSNS運用で重要です。投稿内容やプロフィール欄に、自分の趣味や好きなこと、出身地、年代など、自分がどんな人間なのかが伝わる情報をできるだけ発信することで、共感を誘うことができます。

企業の公式アカウントでも、「今、会社ではどんなことをしているのか」「このサービスを始めたきっかけは何か」「商品開発でこだわったポイント」など、自己開示につながる情報を投稿できます。

公式アカウントを運用する担当者個人(中の人)らしさを出すような自己開示をしても良いでしょう。

まとめ

SNSの投稿やプロフィール欄を作成する際に「共感ライティング」のコツを意識することで、効率的にフォロワーが増加し、発信するメッセージが多くの人に届くことが期待できます。

メルマガや、ランディングページを作成する際も、共感ライティングを利用することで、一層読者の心に響く文章を書けるようになり、成果アップを期待できるのです。

コンテンツマーケティング、SNSマーケティングにおいて、共感ライティングを有効活用していきましょう。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top