fbpx

アイキャッチ画像とは?意味と重要性を解説【クリック率や直帰率にも影響】

アイキャッチ画像とは、「ユーザーの目を引き付けるための画像」を意味します。
具体的には、テレビ番組のCMの前後に表示される画像や、ブログなどの記事に設定されている画像などが当てはまります。

以上のような画像が、記事におけるアイキャッチです。

こうしたアイキャッチ画像とはどのように使われるのか、またどのように選ぶのかを解説します。

記事作成におけるアイキャッチ画像の意味と重要性とは

アイキャッチ画像は、webサイト上において、その記事が「どのような記事なのか」を端的に示す画像です。
上記の画像でも、タイトルと共にアイキャッチ画像が並んでいますが、印象的なのはタイトルよりも圧倒的にアイキャッチ画像の方だ、という方がほとんどではないでしょうか。

アイキャッチ画像はユーザーの興味を引き付ける役割を持っているため、どのようなアイキャッチを選ぶかによって、記事への流入率やサイト内の回遊率、また直帰率などが変わってきます。

記事への流入率の増加

印象的でわかりやすいアイキャッチ画像が設定されていると、興味を惹かれたユーザーが記事に流入してくる確率が上がります。
より多くのユーザーに記事を読んでもらえる確率が上がりますし、逆に言うと、どんなに良い記事を書いていてもアイキャッチ画像が不適切だと、本来流入してきたはずのユーザーを取り逃がしてしまう可能性さえあります。

また、昨今は有益な記事がFacebookやTwitterなどのSNSを通じシェアされる機会が増えています。
SNSで記事リンクをシェアした際に記事タイトルや画像が表示される仕組みをOGPと呼びますが、SNSにおいてはアイキャッチ画像を縮小したものが表示されます。
SNSでは、文字数が制限されていることもあり、通常以上に画像による印象付けと興味の惹きつけが重要になります。
こうした観点からも、昨今は今まで以上にアイキャッチの重要性が高まっていると言えます。

サイト内の回遊率の増加

また、アイキャッチがきちんと設定されていることで、サイト内の回遊率が増加する可能性が上がります。
例えば、先程の画像を例として挙げると、

あるユーザーが、「ペルソナとは?作り方・設定方法を解説【ブログのライティングむけ】」の記事に関心を持ったとします。
その際に、隣に並んでいる、

オウンドメディアの問題や失敗例と、改善するための課題リスト

顧客ニーズに合わせたコンテンツの作り方

も見ていて、「面白そうだな」と感じて、目的の記事を読み終わった後に別の記事も読んでくれれば、それだけでサイト内の回遊率が上がります。
タイトルや記事概要などから興味を惹かれる場合はもちろん、アイキャッチ画像がわかりやすいことから上記2記事に興味を持つ方も多いと推測されます。

また、これは正確にはアイキャッチ画像の話としてはずれますが、サイト内を見たり、気になる記事を読んだりすう中で、以下の画像の部分(サムネイル)を見て興味を惹かれるユーザーも多いです。

アイキャッチとサムネイルの違いは省略しますが、ここで簡単に説明するとサムネイルはアイキャッチの縮小版といって過言ではありません。
多くの場合は、アイキャッチがそのままサムネイルにも使用されますので、やはり適切なアイキャッチを設定することがサイト内回遊率のアップ、ひいてはメディア運営の成功にとって重要だと言えます。

記事からの直帰率の低下

ある記事における直帰率が高い場合は、ユーザーニーズと記事の内容が乖離していることが原因です。
記事内容そのものがユーザーニーズにマッチしないものになってしまっているか、記事内容自体はニーズにマッチしているのに、タイトルやディスクリプション、アイキャッチの見せ方が悪いために、想定していないユーザーが流入してしまっていることが、可能性が考えられます。

前者の場合、記事全体のリライトなどが改善方法の1つとなるでしょう。
一方、後者の場合は、タイトル、ディスクリプション、アイキャッチなどを想定しているユーザー(≒ペルソナ)にマッチするものに変更することが必要となります。

例えば、今回の「アイキャッチとは何か?」という記事のタイトルとアイキャッチを設定する場合、どちらがより適したものと言えるでしょうか?

1.『アイキャッチ画像とは?意味と重要性を解説』

Beautiful woman fishing a group of men

2.『アイキャッチ画像とは?意味と重要性を解説』

flying laptop, mobile and tablet 3d rendering showing online shop responsive web design

1番、2番とも、タイトルは全く同じです。
しかし、このどちらをアイキャッチ画像に設定するかによって、記事をクリックするユーザーの層は変わってくることが予想されます。

おそらく、1番のアイキャッチ画像を設定した場合、アイキャッチ画像について多少なりとも知識があったり、何となくでも聞いたことがある方は、この記事を読まないでしょう。
もしくは、記事におけるアイキャッチ画像ではなく、アニメのアイキャッチ画像についての記事だと勘違いして流入してくるかもしれません。
予測では、webにおけるアイキャッチの意味を全く知らないユーザーが、

「愛をキャッチするための画像?」
「恋愛に関する記事?」

と勘違いして流入してくるも、恋愛とはかけ離れた記事作成やオウンドメディアに関する記事であるとわかった瞬間に記事から離れる(直帰率が上がる)結果になるかと思われます。

一方、2番のアイキャッチを設定した場合は、おそらくアイキャッチ画像と記事内容がかけ離れているという理由で直帰率が上がる可能性は低いでしょう。
理由として、まさに当記事で説明しているようなアイキャッチ画像が想像できる画像を採用しているからです。

このように、アイキャッチ画像はユーザーの興味を惹き、メディアにおけるサイト内の回遊率や直帰率を左右する重要な要素となっているのです。

アイキャッチの選び方

アイキャッチはユーザーの興味を惹くための重要な要素となります。

  1. 記事内容にマッチしたものを選ぶ
  2. 人に好印象を与える画像にする
  3. サイズ感に注意し縮小されても目立つものを選ぶ

最低限、以上の3点に注意してアイキャッチを選定しましょう。

1.記事内容にマッチしたものを選ぶ

まず第一に、記事内容と合った画像を選ぶようにしましょう。
記事内容と乖離しているアイキャッチ画像を選ぶと、上述の通り直帰率の増加に繋がります。

もし、直接的に記事内容を示せる画像があれば、そちらを選べば問題ないでしょう。
わかりやすさよりも重要なことは、そこまでは多くありません。

2.人に好印象を与える画像にする

ただし、わかりやすさ以上に重要なのがこの点です。
アイキャッチにおいて、どんなに記事内容にマッチしていても、人に不快感を与えるアイキャッチ画像を設定するのは良くありません。
できるならば、人に好印象を与えられるか、最低限でも不快感を与えない画像を選ぶ必要があります。

ライター自身がブログ運営者であったり、オウンドメディアの運営者がアイキャッチ画像を設定している場合は、明らかに不快感のあるアイキャッチ画像が選定されることはほとんどないでしょう。
ただし注意点として、外部のライターにアイキャッチ選定まで含めた記事作成を依頼していた場合、どんなに丁寧に指示をしていたつもりでも、思わぬ齟齬が出ることがあります。
しっかりとアイキャッチ画像までチェックをすること、チェックの工数がとれないのであれば、ライティングだけではなく、ディレクションまで行ってくれる会社に外注をするのも1つの手です。

また、一般的に好印象を与えるとされている画像でも、ペルソナによっては不快感を覚える可能性もあります。
例えばですが、幸せそうな男女のカップルの画像は、基本的には人に好印象を与える画像だと言えるでしょう。
しかし、ペルソナが同性愛者だが異性との結婚を求められている女性、記事内容がペルソナ向けの悩み解決法、であれば、男女のカップルの画像というのは不快感とまでは言わずとも、あまり見たくないものであるのは想像に難くないはずです。

こうした点も含め、ユーザーにとって好印象を与えられる画像かどうか、不快感を与えるものではないか、しっかりとチェックをすることが重要です。

3.サイズ感に注意し縮小されても目立つものを選ぶ

以後に、縮小されても目立つ、印象的なアイキャッチ画像を選ぶことが重要です。

当記事内でも、OGPやサムネイルについて簡単に触れていますが、アイキャッチが縮小されてSNS上で拡散をされたり、サイト内でサムネイルとして表示されたりすることがあります。
そのため、アイキャッチは、アイキャッチとして目立つものを選ぶのはもちろん、縮小されても印象的なものを選ぶのが重要です。

アイキャッチは基本4:3のサイズ感となりますが、サムネイルになると両端が途切れることもあります。
そのため、なるべく画像の真ん中に重要なものが写っているようなものを選ぶと良いです。

【まとめ】アイキャッチ画像は記事の顔

アイキャッチ画像は、いうなれば記事の顔です。
アイキャッチ画像がよければ、それだけユーザーが記事に興味を持ってくれれる確率が上がります。

アイキャッチ画像の意味や重要性を改めて確認し、今後のアイキャッチ選定、またすでにある記事のリライトの際に役立ててください。
多くのユーザーの興味を惹けるアイキャッチ画像を設定し、多くの方に記事を読んでもらえるようにしましょう。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top