fbpx

動画を初めて作ってみて感じた 「Adobe Premire Pro」のここが難しい!

1.動画を作ってみた率直な感想

そもそも今回私が動画を作った経緯として会社のYouTubeチャンネルを強化する、投稿数を上げるという目的で参画しました。
機械に疎い方でもなく、YouTubeは普段から触れている方だと自負していましたが、かなり苦戦して何とか1本の動画を作りました。
作ってみての感想は、、、めちゃめちゃ大変!よく見るYouTuberさんの編集担当の方への
リスペクトが強まりました。
まだ1本しか作っておらず、慣れていない中ではありますが、今後「Adobe Premire Pro」(以下Adobe)を使って動画作成される方が、ぶつかるであろうつまずいたところ、
その対処法についてご紹介します。

2.動画作成の工程

まずは動画作成の工程ですが、なんとなくイメージしていた通りでした。

  • 動画の企画→撮影→編集→アップロード

具体的な動画編集の工程は、

  • 動画を作るプロジェクトを設定をする→素材を「Adobe」に落とす→
    動画と音声のタイミングを合わせる。→カット編集→テロップの挿入→
    効果音の挿入→見直し→アップロード
    ※BGMなし、動画音声は別々のデータ

「Adobe」の使い方を調べることができると知っていたので、やりながら覚えていけばすぐ
終わるだろうと思っていました。しかし実際にやってみると、つまずくポイントがいくつもありました。

3.私はここにつまずきました

大量の操作パネルを覚える

「adobe」は優秀な動画編集ソフトなので、ありとあらゆる手段で、理想の形に動画を編集
することができます。
ただその操作方法の多様さから、「出したいあのパネルはどうやって出せばいいんだっけ?」と陥ることが多々ありました。
対処方法として、ショートカットキーを割り当てることができます。ただはじめに割り当てても、そのキーで何が実行されるのか把握していなければ意味がないので、YouTube等で
しっかりと機能を理解したあとに設定することをおすすめします。
例)スペースキー =再生・停止
    Z      =編集点を追加

プロジェクトの保存、開く…だけなのに

皆さんは「Word」や「Excel」で保存、開くの作業につまずいたことはありますか?私は
あまりないです。「Adobe」では見事につまずきました。
「Adobe」では設定で自動保存してくれるため、保存し忘れもなく再び開けるはずと思って
いたら、どこを探してもプロジェクトがありません。
良く理解で来ていない状態のため「勝手に消えてしまったのか?」と焦っていましたが、
そんなことはなく、隠れているだけという状況でした。
「ワークスペース」から「すべてのパネル」や「編集」などを選ぶと、画面左側か左下に
プロジェクトパネルが表示されます。pc上に正しく保存されているのか不安で、名前を変えて複数ファイルを保存しないことをおすすめします。もしワークスペースの中にファイルが
無ければ、保存したレイアウトにリセットを選べば戻れます。

画角の設定

画角の設定には注意が必要です。
自分のプログラムのなかで画角を正しく調整できているはずと思っていても、最初の
シーケンス設定で「動画を再生する媒体」にあった画角で調整できていていなければ、
アップロードまで設定の間違いに気づけません。
「動画を再生する媒体」に合わせた画角設定は調べればおすすめの設定が出てきます。
動画を作成する最初の設定で、その後の素材にも自動で反映されます。
動画を初めて作成する際、シーケンス設定には気を付けましょう。

4.躓いたときに解決する方法

躓いたタイミングで調べたり、使い方を知っている社内メンバーに聞いたりする解決スピードによって、動画作成の効率が大きく変わります。
私のおすすめはYouTube内での検索です。検索エンジンは解決策を教えてくれますが、
操作パネルの動かし方などでイマイチ操作がわからない状況がありました。
YouTube内の動画であれば画面越しに説明してくれているものが多いため、動画と
同じように操作して解決できます。時間短縮のために、再生速度を速めて見ることも
おすすめです。再生速度を上げる方法は、再生している動画の設定マークから速度を調節できます。

最後に…学びの多い動画作成!

動画作成は非常に時間のかかる作業ではありますが、非常にやりがいのある作業です。同じ
素材でも、作り人によって全く印象の違う動画が出来上がります。
また日々目にする動画から、新たな学びがあります。実際に動画を作成して気づくことが
多いので、是非一度動画の作成にチャレンジしてみてください!
またコンテンツマーケティングで動画を始めたい方は、ぜひサイトエンジンにお問い合わせください!

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top