Google データポータルでレポートを作成してみよう!

こんにちはディレクターの橋本です。
さて、サイトエンジンのコンテンツ制作サポートサービス「かくたま」には、日々コンテンツ制作に関するお悩みのご相談が舞い込んでいます。ネタ切れや、ライター不足などの理由からコンテンツ制作をサポートさせていただくことが多いのですが、そうしたメディア運用も軌道に乗り始めると、次に直面するのが、「効果検証の負担」です。

多くの担当者が、データ解析とレポートの作成に多くの時間を消化してしまっています。ここで重要なのは、データ解析はあくまで仮説と仮設へのアクションを決めるための足掛かりでしかない、ということです。データ出しやデータ解析で精も根も尽きてなんのアクションも起こせない、なんてことにならないように、効率的で理解しやすいデータ解析が求められるのです。そこでおすすめしたいのがGoogle DATE STUDIO改めGoogleデータポータルです。

解析データを視覚的に理解しやすくしてくれる「GOOGLE データポータル」

Googleデータポータルはデータビュジュアライゼーションツールの一つで、Googleアナリティクスや、サーチコンソール、アドワーズなどのデータをそれら管理画面よりもより分かりやすいビジュアルに変えることができるツールです。整理されたわかりやすいデータは余計な情報を省き、様々な意思決定を速めてくれます。

Googleデータポータルは同じくGoogleのツールであるアナリティクスやサーチコンソール以外にも、エクセルのデータやMySQL、YouTubeのデータなどさまざまなデータと接続することができます。これらのデータをもとにビジュアル化された図や表をレイアウトに配置することでレポートを作成します。こうして作成されたレポートはURLを発行することでほかの人とデータを共有することができます。

GOOGLEデータポータルの使い方

1.ログインとデータソースの追加

早速ログインとデータソースの追加を行ってみましょう。

以下URLの下部リンクから、データポータルのサイトへ移動できます。
https://support.google.com/datastudio/answer/6283323?hl=ja

作成、もしくは空のレポートを選択します。

2.画面右の「データソースを追加」から連動させるデータを選ぶか、「新しいデータソースを作成」を行う。

連動させるデータを選択し、承認を行うと、追加されるデータソースの詳細が表示されます。今回はGoogleアナリティクスを選択しました。

自分のアナリティクスのアカウントに紐づけると、Googleアナリティクスからインポートできるデータの一覧が表示されます。

ここで「レポートに追加」を選択します。


グリッド線が引かれ、レイアウトを作成できるページに戻ります。これで準備は完了です。

2.データを配置してレポートを作成

準備ができたらグリッド線のひかれたキャンバスにデータの配置をしていきます。

データの配置はいたって簡単。上部メニューから、テキストの配置や画像の配置を選ぶだけです。

グラフを追加、をプルダウンすれば、様々なスタイルの円グラフや表などが並びます。種類もかなり多いので、いろいろなデータを柔軟に選ぶことができます。

グラフなどとビジュアルデータの紐づけはこのレイアウト作成のページですべて完結します。

・ページビュー数とページ滞在時間の分布図の作成例

グラフを追加から、散布図を選択します。

表示された散布図を好きな位置に配置します。

右のメニューでデータを選択し、使用可能な項目の中から「ページ滞在率」と「ページビュー数」をえらび、X軸とY軸の設定箇所にドラッグアンドドロップします。

これだけで設定は完了です。

(※例では見やすいようにデータの数を絞り込んでいます)

3.全体のビジュアルバランスの調整

全体の色調イメージなどは上部メニューにあるTheme and layoutで一瞬のうちに切り替えが可能です。

短時間でアナリティクスのデータをビジュアル的に表現することができました。今回はアナリティクスのデータだけをデータソースとして使いましたが、サーチコンソールや自社のCRMなどに蓄積された独自データなどを掛け合わせ、散布図やグラフを作ることも可能です。

レイアウト設計がうまくできない場合はテンプレートを利用することもできる

一から作るのが大変!という方は、既存のテンプレートを活用することも可能です。世界中のマーケターやウェブ解析のスペシャリストがテンプレートを公開しているので、それらを検索して活用することも可能です。

Googleの公開している無料BIツールGoogleデータポータルの紹介でした。
データ解析では、様々な角度から仮説を立て、それに見合ったデータを引用・比較していくことが重要です。その組み合わせは限りなくたくさんあります。どのようなデータを掛け合わせると、その仮説の根拠を導き出せるか、という道筋がわかればそれが問題解決・課題改善の糸口となります。
毎月のレポーティングに苦労している!という方はぜひ活用してみてください。

どうしてもデータの掛け合わせの仕方、データの読み取り方がうまく設計できない、という方はぜひご相談ください。サイトエンジンがサポートいたします。