fbpx

在宅ワークで集中力が切れた時におすすめの対処法対処法

本記事を読んでいる方の中に在宅でお仕事されている方も多いのではないでしょうか。在宅であれば通勤時間も有効活用できたり、休憩時間はよりリラックスできたりなど、効率的に1日を進められます。一方で在宅は誘惑の多い環境でもあるため出社時と同様の仕事のクオリティを進めるには様々なところに気を使う必要があります。集中できない理由やその対処法、私自身が1番効果的だった方法をお伝えします。

集中しづらい理由とは?

集中できない理由は会社では常に働くはずの抑止力が働かなくなることが要因として挙げられます。お子様のお世話やごはんの用意などついつい家事をしてしまったり、スマホいじりなどの理由でダラダラしてしまったりなど、心当たりのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような状態では普段出せていた成果もなかなか出せません。

集中できる環境の作り方

誘惑に対して正常な抑止力を働かせて、仕事に向き合う環境を作ることが、在宅ワークで集中力を保つ要因になります。よく聞く「服を着替える」や、「間食を取らない」などの対処法は、抑止力を働かせる要因になり辛いものです。では抑止力を働かせられる環境とはどのような環境か2つのポイントを説明します。

ストレスなく仕事ができる環境を整える

スマホいじりが始まる要因として仕事の進み方が悪い時に起こりやすいです。そのためスムーズに仕事を進められる環境を整えることが重要です。以下例になります。

  • Wi-Fiなど通信環境を整える。
  • 仕事のスペースに仕事に日露なもの以外排除する。
  • ノートpcで作業されている場合、デスクトップorモニターを買って仕事が進めやすい環境にする。

家事(炊事、掃除)を仕事以外の時間でルーティン化する

ついつい掃除をはじめてしまったり、自炊に力を入れすぎたりした結果、仕事に悪い影響が出ることもあります。ついつい始まる家事を避けるためには、業務開始までに家事を終わらせておくことが重要です。とはいえ早起きして家事をすべて終えることは難易度が高いでしょう。対策として、寝る前までに掃除を終わらせると決めたり、料理の下準備を事前に済ませたりなど、仕事中に必要以上に時間がとられないように業務時間外でルーティン化することをおすすめします。

集中力が切れた時の対処「立つ」

対策を整えていても作業に行きづまり集中力が途切れてしまうこともあるでしょう。そんな時におすすめの切り替える方法が「立つ」です。そんな単純な方法?と感じられたかもしれませんが「スタンディングワーク」と呼ばれ、欧米のエンジニアの間で主流となっています。長時間座ることによる眠気や血流の悪化等が改善されます。スタンディングデスク、チェアのようなものもありますが、座り仕事で集中力が切れた際、立ってストレッチするなどで集中力が取り戻されます。

まとめ

今回はスタンディングワークを取り上げましたが、ストップウォッチで時間を管理する方法など、集中力が維持する方法は人によって様々です。自分に合った方法を探してメリハリのある在宅ワークにしましょう!

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top