fbpx

ホームページや企業ブログを立ち上げる!準備に必要な手順を徹底解説

会社のホームページやブログを立ち上げることが決まっても、何から始めたらよいのか分からないかもしれません。まずは「事前準備として何を決めておくべきか」を確認しましょう。外注する場合の相場や、立ち上げるまでの手順も解説しています。

【事前準備】ホームページ・ブログについて決めるべきこと

まずはホームページ・企業ブログを立ち上げるための準備として「事前に何を決めておくべきか」を確認しましょう。

立ち上げる目的・メディアの種類を決める

立ち上げる「目的」を明確にしておくことは、ホームページ・企業ブログを成功させるための大前提です。目的によって、立ち上げるべきWebサイトの「種類」が異なります。

多くの企業は、「コーポレートサイト」と呼ばれる自社の事業内容や会社概要などを紹介するWebサイトを立ち上げるのが基本です。

コーポレートサイト以外にも、企業が立ち上げるWebサイトの種類はいくつかあります。主に以下の3種類です。

  • ブログサイト
  • 商品・サービスサイト
  • ECサイト

「ブログサイト」は、会社やサービスの紹介というよりも、役立つ情報やコラムなどを掲載するWebサイトです。「オウンドメディア」と呼ばれることもあります。検索エンジンやSNSからの流入によってアクセスを集めるサイトです。

「商品・サービスサイト」とは、自社の扱う商品やサービスを詳しく紹介するためのWebサイト。商品やサービスの紹介をコーポレートサイト内にまとめて掲載することもありますが、別のサイトとして立ち上げることもあります。

「ECサイト」は商品を販売するためのサイトです。これもコーポレートサイトとは別に立ち上げることがよくあります。

どの種類のサイトを立ち上げるかによって、必要な機能やデザイン、コンテンツが大きく異なるので、立ち上げる前に決めておきましょう。

検索キーワード・ニーズ・競合サイトなどの「リサーチ」をする

事前準備として「リサーチ」も必要です。

企業ブログの場合「検索キーワード」に関するリサーチが重要。自社のサービスや商品を購入する人は、検索エンジンに「どんなキーワードを入力するのか」を分析しましょう。

自社のWebサイトを閲覧し、商品やサービスに興味を持つ可能性のあるユーザーは、どのようなニーズがあるのかを調査することも重要です。

サイトを開設する前に、競合他社のサイトも確認しましょう。競合サイトを分析することは、自社サイトのコンテンツの方向性や戦略を決めるための手がかりとなります。

アクセスを集める方法を計画する

ホームページ・企業ブログにアクセスを集める方法を考えておくことも必要です。アクセスを集める主な経路には「検索エンジン」と「SNS」の2種類が挙げられます。

「検索エンジン」からのアクセスを増やすために必要なのはSEO対策です。コンテンツによってSEO対策をする「コンテンツSEO」とは、検索ユーザーの検索意図に沿うようなコンテンツを継続的に作成すること。狙ったキーワードで検索エンジンの上位に表示されることで、アクセス増加を狙う方法です。

「SNS」からのアクセスを増やすには、自社の商品やサービスについて、多くの人がツイッターやインスタグラムなどのSNS上に口コミを投稿してもらうことが重要です。

検索エンジンとSNSの両方からのアクセスを増やすために、どのような工夫ができるかを事前に計画しておきましょう。

「更新」「維持管理」の準備をする

ホームページ・企業ブログを公開した後の更新作業や、新しいコンテンツの追加など、「維持管理」のための準備をしておくことも必要です。

Webサイトは「完成したら終わり」ではありません。情報が古くならないように更新したり、Webサイトの仕様を最新のデジタル技術に合わせたりなど、保守点検の作業を定期的に実施する必要があります。

社内の担当者を決めたり、効率的な管理システムの導入に向けた準備をするなど、維持管理の方法についても事前に計画しておきましょう。

ホームページやブログを立ち上げる方法・費用相場

ホームページやブログを立ち上げる方法は、「内製」または「外注」の2択です。それぞれの方法と、費用相場を比較してみましょう。

【内製】CMSを使用して立ち上げる

「CMS」を利用すれば、高度なプログラミングの知識がなくてもホームページやブログを立ち上げることが可能です。

CMSとは、Webサイトを構築するソフトウェアで、必要な画像やテキストなどのデータを一元管理できるシステムです。コンテンツ・マネジメント・システム(Contents Management System)の頭文字から来ています。

代表的なCMSとして知られているのは「WordPress」です。簡単な操作で本格的なWebサイトを制作できるCMSで、実際に多くの企業が採用しています。

WordPressをはじめとする多くのCMSは無料で利用できるので、費用としては「サーバー代」と「ドメイン代」だけで、ホームページやブログを立ち上げることができます。

レンタルサーバーの費用は「月額1,000~2,000円」、ドメイン代はもっと安く「年間1,000~5,000円」が相場です。ただし内製で立ち上げる場合には、人件費がどの程度になるのかをよく計算しておく必要があります。

【外注】WEB制作会社に依頼する

WEB制作会社に外注する場合、どのようなホームページ・企業ブログを作るかによって費用が大きく異なります。

ページ数の少ないコーポレートサイトなら「50万円前後」で依頼できる場合もありますが、100ページ近くあるような大規模な企業サイトを制作するとなると「150万円以上」は見ておきましょう。

既に用意されているデザインテンプレートを利用して、特殊な機能を持たせなければ安く済みますが、オリジナル性の高いデザインや特殊な機能を依頼する場合には「300万円以上」になる場合もあります。

ホームページやブログに必要なもの・立ち上げる手順

ホームページやブログを制作するための、具体的な手順を解説します。Web制作会社に依頼する前に、手順をしっかり把握しておきましょう。

重要!「ドメイン名」を決める

Webサイトを立ち上げるには「ドメイン名」が必要です。

ドメイン名とは「○○.com」など、公開するWebサイトのアドレスに使用される文字列です。「○○」の部分には自由な文字列を当てはめることができます。

多くのコーポレートサイトでは社名やブランド名などをドメイン名に使用して、「どの会社のWebサイトなのか」が分かるようにしています。

語尾に付ける「.com」などの文字列は「トップレベル・ドメイン」と呼ばれるもので、用意されているいくつかの選択肢の中から自由に選ぶことが可能です。「.net」「.site」「.info」など多くの種類があります。

ドメイン登録サービス会社によって異なりますが、ドメインを取得するには初回の登録料と、1年か2年ごとの更新費用が必要です。無料で取得できるドメインや、サーバー契約時の特典で初回の登録料などが無料になるサービスもあります。

Webサイトのデータを保管「サーバー」の用意

ホームページやブログを公開するためには、Webサイトのデータを保管しておく「サーバー」が必要です。

サーバーを購入して社内で管理することも可能ですが、初期費用が大きくかかります。サーバーを保守点検するための専門知識も必要です。

そのため多くの企業では「レンタルサーバー」を利用することで、初期費用と管理の手間を少なく抑えながらホームページやブログを立ち上げています。

無料のレンタルサーバーもありますが、広告が表示されたり、作れるサイトの種類に制限があったりなど、企業のホームページやブログには不向きです。前述のとおり有料のレンタルサーバーでも月額「1,000~2,000円」ほどで利用できます。

サーバーを選ぶ際は価格だけでなく、使いやすさ、サーバーの性能、運営実績、サポート面なども考慮しましょう。

読まれる「デザイン」を決める

ホームページやブログの「デザイン」にこだわることは、とても重要です。

ユーザーが「使いやすいこと」は当然として、サイト全体の配色やロゴ、フォントや見出しのデザインなどにもこだわることで、サイトの「見た目」のクオリティを高くしましょう。

また「レスポンシブ」と呼ばれるデザインを採用することも基本です。レスポンシブデザインとは「PC画面」「タブレット」「スマホ」のそれぞれで、読みやすくなるように自動的にレイアウトを変更する機能。今ではほとんどのサイトで採用している基本のデザインです。

デザインの質が低く、使い勝手や見た目が悪いと「読もう」という気持ちをそぐことにもなりかねません。

外注する場合でも、デザインについて十分に話し合い、自社にふさわしい質の高いサイトにしましょう。

まとめ

ホームページやブログは、デジタルマーケティングの基本です。十分に準備して立ち上げるようにしましょう。

ホームページやブログを作る「目的」を十分に考慮し、どのようにアクセスを集め、どのように保守管理するのかなどをしっかり検討してください。

サイトエンジンでは、ホームページや企業ブログを立ち上げるための企画・コンサルティングサービスを提供しています。お気軽にお問い合せください。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top