fbpx

インプレッションとはどんな指標?PVやリーチとの違いと活用方法記

Web広告を配信する上で重要な指標の一つにインプレッション(IMP)があります。その数値の意味について、他の指標であるページビューやリーチ、エンゲージメントとの違いを含めて確認しましょう。インプレッションを増加させる方法についても解説しています。

インプレッション(IMP)とは何か

広告指標で用いられるインプレッション(IMP=Impression)とは、広告が「表示された回数」のことです。

インプレッションは、ユーザーが広告を目にした回数とほぼ同じ数値になりますが、多少の誤差が発生する場合もあります。

例えば、システム上は広告を表示する処理がなされていても、ユーザーが広告の位置までスクロールせず、すぐに別のページに遷移してしまった場合、インプレッションとしてはカウントされますが、ユーザーの目にとまっていないという場合もあります。

この誤差を解消するため、広告の位置までスクロールしたかどうか、ユーザーが実際に閲覧したかどうかなどを計測する「ビューアブル・インプレッション」という指標も利用されています。

ページビュー(PV)との違い

Web広告の指標で用いられるページビュー(PV=Page View)とは、「特定のWebページ」が表示された回数のことです。広告単位ではなく「ページ単位」であることが、インプレッションと異なります。

1ページに複数の広告を掲載することもあるため、インプレッション数よりも少なく計測されるのが普通です。例えば1ページに2つの広告が掲載されている場合、ページビューは「1」でも、インプレッションは「2」となります。

リーチとの違い

リーチ(Reach)とは、広告を見た「ユーザーの数」です。広告が表示されたかどうかではなく、「だれが閲覧したか」というユーザー基準で計測する点が、インプレッションとの違いです。

複数のWebサイトに広告を出している場合や、同じページ内に複数の広告を掲載している場合、同じユーザーが広告を繰り返し閲覧する場合があります。その場合、インプレッション数は多くても、閲覧したユーザーは一人なので、リーチは「1」です。

エンゲージメントとの違い

エンゲージメント(Engagement)は、FacebookやTwitterなどのSNSで用いられている指標です。SNS広告を配信する場合には、その意味を知っておく必要があります。

SNSのエンゲージメントとは、「いいね!」「コメント」「リツイート」など、投稿に対してユーザーが反応した回数です。

投稿が閲覧された回数(インプレッション)や、閲覧した人数(リーチ)あたりに発生したエンゲージメントの数を「エンゲージメント率」と呼び、SNS広告では重要な指標として利用されています。

インプレッションを基準にした広告のメリット

広告費が発生する基準には、クリックされた回数や、申込みなどのコンバージョンが発生した回数などが用いられることがありますが、インプレッションを基準に課金される広告があります。

「インプレッション課金型」(CPM)と呼ばれる広告です。他の課金形式の広告と比較して、どのようなメリットがあるのかを解説します。

「認知されること」が目標の場合に適している

第一の目標がインプレッションやリーチである場合、他の課金形式よりもインプレッション課金型広告の方が、コストパフォーマンスが良い傾向があります。

ブランド名や商品名の「認知度を上げる」ための広告や、情報の「お知らせ」をする広告などは、クリックや申込みよりもインプレッションやリーチを獲得することが、最も重要な目標になるでしょう。

インプレッション課金型の広告では、コストに対してインプレッションが最大になるように設定されるので、無駄な費用を抑えながら効率的に目標を達成できます。

「クリック課金型広告」よりもコスト削減できる場合がある

第一の目標がクリックである場合にも、広告によってはインプレッション課金型の方が、コストパフォーマンスが良いケースがあります。

広告の「クリック率」つまり1インプレッションあたりのクリック数が高ければ、クリック課金型広告よりも「クリック単価」(CPC=Cost Per Click)を抑えられる場合があるからです。

クリック単価とは、1つのクリックを獲得するためにかかった広告費のことを指しています。

インプレッション課金型は多くの場合、1000インプレッションごとに課金される計算方式です。料金設定によりますが、クリック率が「0.1%」つまり1000インプレッションあたり1回以上のクリックが発生している場合、インプレッション課金型の方が、クリック単価が低くなる可能性がでてきます。

料金設定とクリック率を比較し、費用の安い方を選ぶようにしましょう。

インプレッションを増加させる方法

インプレッションを増加させるには、具体的にどのような工夫をすればよいのでしょうか。3つのコツを紹介します。

単価を調整する(入札制の場合)

リスティング広告のように「入札制」で出稿する場合、入札する単価を調整することでインプレッションを増やせる場合があります。

入札する単価とは「クリック単価の上限として設定する金額」のことです。

リスティング広告はキーワードごとに上限とするクリック単価を設定し、その金額に応じて掲載順位が決まります。入札するクリック単価を高くすることで、上位に表示されやすくなり、インプレッションの増加が期待できるのです。

ただしその分、広告費が高くなるので、予算との兼ね合いを調整する必要があります。その点については次の項目で詳しく解説しています。

広告予算を増やす

基本的には広告費に多くの予算を投入するほど、インプレッションを増やすことができます。単純なお話にはなりますが、期待値より効果が出ていない原因の1つに、適切な費用が掛けられていないケースがあります。

予算を増やす方法はいくつかあります。一つの方法は、利用する広告の種類やチャネルを増やすことです。例えば、リスティング広告しか使っていないなら、SNS広告の利用も検討してみましょう。

1日の予算の上限を増やすという方法もあります。多くのWeb広告では広告費にかけられる費用の「1日あたりの上限」を設定しますが、その設定金額が低すぎると、すぐに上限に到達してしまい、一日の残りの時間は広告が表示されなくなってしまいます。

マーケティング予算の見直しをして、1日あたりの上限金額を増やせないかどうかを検討してみましょう。

キーワードの見直し

広告費の予算を増やせないとしても、入札するキーワードを調整することでインプレッションを増やせるかもしれません。

リスティング広告の場合は、入札するキーワードを見直してみましょう。人気の高いキーワードほど多くの企業が入札するので、上位に掲載されるために必要な入札単価が高くなる傾向があります。

人気の高いキーワードに入札した方が効果的とは限りません。人気の低いキーワードは検索ボリュームが低い傾向がありますが、入札単価が低くなる分、1つのインプレッションを獲得するためにかかる費用(インプレッション単価)は抑えられます。

人気の高い少数のキーワードに入札するよりも、インプレッション単価の低いキーワードに大量に入札した方が、低コストで多くのインプレッションを確保できる可能性もあります。

広告の種類の変更

また予算を変えずに広告の「種類」を変え、配信先を変更することで、インプレッションを増やせる場合もあります。

リスティング広告では思うようにインプレッションを得られない場合、同じ予算内でSNS広告やアドネットワークなど他の広告タイプに変更することも検討してみましょう。

すでに何種類もの広告を利用している場合でも、その予算配分を変更することで、インプレッションを増やせる可能性もあります。

広告の種類ごとのインプレッション単価を計算して比較し、低い単価で獲得できている成績の良い広告については、予算の配分を増やした方がよいかもしれません。

インプレッションの「質」とは

インプレッションの量を増やすだけでなく、その「質」を高めることも重要です。インプレッションの質とは、広告を閲覧したユーザーの「見込み度」が高いかどうかという点です。

いくら大量のインプレッションを獲得しても、広告に対して一切興味を示さないユーザーばかりに表示してしまうと、広告を表示させた意味が薄くなってしまいます。

自社の配信する広告がターゲットとするユーザー層を具体化し、そのユーザー層を狙って配信することで、質の高いインプレッションを獲得するように注意しましょう。

広告の掲載先によって、ユーザーの年齢層や興味・関心の傾向が異なります。同じSNSでもTwitterは10~30代、Facebookは40~50代が多いなど、種類ごとにユーザー層に違いがあります。

ターゲティング広告も活用して、インプレッションの質を高める工夫をしましょう。ターゲティング広告とは、ユーザーの年齢層や性別、居住エリア、オンライン上の行動履歴などをもとにして、特定の条件を満たすユーザーだけを狙って配信する広告です。

インプレッションの「量と質の両方」を高める仕方で、広告を配信しましょう。

まとめ

インプレッションとは、広告が「表示された回数」を示す指標です。インプレッション課金型の広告は、ユーザーに閲覧されることを第一の目標とする場合に適しています。

インプレッション数を増やすためには、「入札単価」「1日の予算」「キーワードや配信先」を調整することが有効です。自社のマーケティング方針とも照らし合わせながら、インプレッションの質についても十分に検討して、価値のあるインプレッションを集めるように工夫しましょう。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top