fbpx

インプレッション課金型広告とは?メリット・デメリットを解説

この記事をシェアする

Web広告にはいくつかの課金形式があります。ディスプレイ広告や動画広告、SNS広告で利用されている「インプレッション課金」という形式について知っておきましょう。そのメリットとデメリット、効果的に利用するためのコツを解説します。

インプレッション課金型広告とは何か

インプレッション課金型広告とは、広告のクリック数ではなく「表示された回数」に応じて費用が発生する広告のことです。

通常は広告が1000回表示されるごとに費用が加算されるCPM(Cost Per Mille)という計算方式が採用されています。

CPM(Cost Per Mille)とは

「Per Mille」(パーミル)とは「千分率」を意味する言葉です。つまり「Cost Per Mille」とは「1000あたりのコスト」という意味があります。

インプレッション課金型広告では、「1000回表示あたり何円」とコスト単価が決められていて、およその相場は「数十~数百円」です。

CPMは通常、インプレッション広告の基準として用いられますが、比較のためにクリック課金型広告など他の広告タイプでも「1000回表示あたりのコスト」を計算することがあります。

いずれの課金形式の広告でも、CPMの計算方法は「広告費の合計 ÷ 合計インプレッション数 × 1000」です。

インプレッション課金型広告以外のCPMのことを、eCPM(effective Cost Per Mille)と呼びます。

他の課金形式と比較したメリット・デメリット

Web広告では、インプレッション課金型以外にも、よく知られた課金形式として「クリック課金型」と「成果報酬課金型」があります。その2つと比較した場合の、インプレッション課金型のメリット・デメリットを解説します。自社のマーケティング施策に合った課金形式を選ぶ上での参考にしてください。

「クリック課金型」と比較したメリット・デメリット

クリック課金型広告とは、クリック数に応じて課金される形式の広告です。クリック課金のことをCPC(Cost Per Click)と呼びます。

クリック数という分かりやすい成果が出なければ費用が発生しないため、無駄な広告費が発生しにくいことがメリットです。ただしユーザーの行動によって費用が変動しやすい点がデメリットで、誤クリックや、何らかの原因でクリック数が増えると、広告費が突然大きくなることもあります。

一方、インプレッション型は「クリック」というユーザーのアクションに影響されないため、広告費が安定しやすいことがメリットです。

どちらを選ぶべきかは、コスト面だけでなく、広告を配信する目標によって決めることが重要です。クリック獲得が優先なら「クリック課金型広告」、インプレッション数の獲得が優先なら「インプレッション課金型広告」を選びましょう。

「成果報酬課金型」と比較したメリット・デメリット

成果報酬課金型広告とは、購入や申込などの「コンバージョン」が発生するごとに費用が発生する広告で、「アフィリエイト広告」とも呼ばれるタイプです。成果報酬課金のことをPPA(Pay Per Action)と呼びます。

購入や申込という売上や収益が発生しなければ広告費が発生しないので、クリック課金型よりも、さらに無駄なコストが発生しにくいことが特徴です。

ただしインプレッション課金型と比較すると、単価が高いことがデメリットです。単価の低いインプレッション課金型広告なら、適切に運用すれば低いコストでコンバージョンを獲得できることがあります。

また成果報酬課金型広告は通常、自動的に配信されるのではなく、メディアに選ばれなければ配信されないため「即効性」が低いこともデメリットです。インプレッション課金型は、設定するとすぐに配信開始されるため、即効性があります。

成果報酬課金型広告を選ぶべきかどうかは、メディアに選ばれやすい「商品ジャンル」かどうかを判断することが重要です。ASPと呼ばれるアフィリエイト広告を仲介するサービスに登録すると、案件の一覧が確認できるので、他社の競合商品やサービスが案件として登録されているかどうかを確認してみましょう。

競合他社が多く登録していれば、成果報酬課金型広告に適した商品ジャンルである可能性が高いといえます。ただしコンバージョンあたりの単価を確認し、予算オーバーや赤字にならないよう注意しましょう。

インプレッション課金型広告の具体例

インプレッション課金型広告を採用している広告タイプを3種類紹介します。それぞれの特徴と、配信できるプラットフォーム、どのような場合に向いているかを解説します。

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイトやモバイルアプリの一部に表示されるバナー広告のことです。インプレッション課金型だけでなく、クリック課金型も選択できます。

自社の商品やサービスの存在を知っていて検討中の「見込み層」ユーザーではなく、存在を知らない「潜在層」にアプローチするために向いているタイプです。

商品について調べているのではなく、別のWebサイトを見ていて「たまたま見かけた」という状況でインプレッションされるので、衝動買いを誘う施策として利用されます。商品名やブランド名の認知度を上げるためにも利用できる広告です。

配信できるプラットフォームは「Google広告」「Yahoo!広告」などのアドネットワークです。

関連記事:GDN・YDN(YDA)とは?配信先の違いやバナーサイズなど広告運用のポイントを解

動画広告

動画広告は、動画共有アプリだけでなく、WebサイトやSNSなど、さまざまな場所で表示できる広告タイプです。

YouTubeのような動画コンテンツの中に挿入される動画広告は「インストリーム広告」と呼びます。インストリーム広告では、インプレッションではなく「再生された秒数」などを基準とする CPV(Cost per View)が基本です。

インプレッション課金形式は、WebサイトやSNSなど、動画ではないコンテンツ上で表示される「アウトストリーム広告」で採用されます。

動画広告は、静止画像よりも「雰囲気」や「印象」を伝えやすいというメリットがあるので、店舗の雰囲気や、商品を使っているシーンのイメージを伝えたい場合などに適しています。

配信できるプラットフォームとして挙げられるのは「Google広告」です。YouTubeで広告を配信する場合も、Google広告を利用します。

また、次に挙げるSNS広告のプラットフォームでも配信可能です。

SNS広告

SNS広告とは、FacebookやTwitterなどのSNS上で配信される広告です。

インプレッション課金やクリック課金だけでなく、独特な課金形式としてCPE(エンゲージメント課金)やCPF(コストパーフォロー)があります。

エンゲージメント課金とは「いいね!」や「リツイート」などの反応があった場合に課金される形式です。コストパーフォローでは、フォロー獲得数に応じて広告費が課金されます。

SNS広告の魅力は、詳細な「ターゲティング」ができるという点です。SNSのアカウント情報に基づいて、広告を配信するユーザーを絞り込めるので、特定の条件を満たすユーザーだけに広告を表示したい場合に適しています。

配信できるプラットフォームは「Facebook広告」「Twitter広告」などです。Instagramで広告を配信する場合も、Facebook広告を利用します。

インプレッション課金型広告を効果的に配信するコツ

インプレッション課金型広告を導入する上で知っておくべきコツを、2つ紹介します。

商品・サービスの知名度を考慮する

インプレッション課金型広告を導入するかどうかを検討する際、現状で商品・サービスの「知名度」が、どの程度あるのかを考慮しましょう。

既に、ある程度の知名度が確保できている場合、インプレッション課金型広告には向いていない可能性があります。

インプレッション課金型広告が適しているのは、商品・サービスの知名度を上げたり、重要な情報を広告上で伝えたりなど、広告が多くのユーザーの目にとまるだけで目標(KPI)を達成できる場合です。

既に多くの人に知られているなら、インプレッションではなく「クリック」や「コンバージョン」を獲得する方が重要になるでしょう。

まずは「インプレッション自体に意味があるかどうか」を見極めることが重要です。

クリック率を常に把握する

1回のクリックを獲得するためにかかる広告費「クリック単価」を重視する場合、「クリック率」を把握し、コスパを管理することが重要です。

クリック率とは、インプレッション数のうちクリックに至る割合のことで「クリック数 ÷ インプレッション数」で求められます。

インプレッション課金型広告では、クリック率が高い状態を維持しなければ、クリック単価が低くなり、コストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

インプレッション課金型広告とクリック課金型広告の単価が同じと仮定した場合、クリック率が「0.1%未満」つまり1000回表示して1回もクリックが発生していない場合、クリック課金型広告の方がコストが低いことになります。

クリック率が下がっているなら、キャッチコピーやバナー広告のデザイン変更などの対応をして、場合によってはクリック課金型への変更も検討しましょう。

まとめ

インプレッション課金型広告は、商品やサービスの認知度を高めたい場合など、KPIとして「インプレッション」を重視する場合に適した広告です。クリック単価を低くしたい場合にも役立つ場合があります。ディスプレイ広告やSNS広告など、いくつかの種類がありますが、自社に合ったものを選ぶようにしましょう。サイトエンジンでは、広告運用やWebサイト制作など、マーケティング施策のコンサルティングサービスを提供しています。お気軽にご相談ください。

資料ダウンロード申し込み

この記事をシェアする
Scroll to Top