fbpx

キラーコンテンツとは?その例と作り方を徹底解説

この記事をシェアする

コンテンツマーケティングの収益性を高めるためには、いかに「キラーコンテンツ」を生み出かがポイントです。キラーコンテンツとは、そもそもどのような意味があるのでしょうか。その定義と役割について、詳しく解説しています。キラーコンテンツを生み出すコツや、Webメディアにおけるキラーコンテンツの例も確認しましょう。

キラーコンテンツとは

キラーコンテンツ(Killer Contents)とは、大きな影響力・集客力を持つコンテンツのことです。

英語のキラー(Killer)という単語は、「殺人者」という意味でも使われますが、「驚異的な」「決定的な打撃」という意味もあります。つまり「驚異的にヒットしたコンテンツ」「売上アップの決定打となるコンテンツ」がキラーコンテンツです。

Webメディアのキラーコンテンツとは

キラーコンテンツは、さまざまな業界で用いられる言葉ですが、Webメディアの場合には、どのようなコンテンツのことを指すのでしょうか。

Webメディアでは、コンバージョンへの最後の一押しとなり、購入や契約の「決定打」となるコンテンツを「キラーコンテンツ」と呼びます。

口コミ情報や、導入事例、商品やサービスの特徴を詳しく紹介するページなど、コンバージョンに至る直前に閲覧されることが多いコンテンツです。

Webメディアのキラーコンテンツの具体例と、それを作るためのコツについては、当ページ内で詳しく解説しているので、参考にしてください。

なぜ重要?キラーコンテンツの必要性とは

キラーコンテンツは、ビジネスを成長させるために重要な役割があります。

例えばビジネス戦略を立てる上で重要な「3C分析」や「SWOT分析」をするためには、自社のキラーコンテンツが何かを意識することが必要です。

3C分析では「顧客:Customer」「自社:Company」「競合:Competitor」の3つを分析します。SWOT分析で分析するのは、自社の「強み:Strength」「弱み:Weakness」「機会:Opportunity」「脅威:Threat」の4つです。

いずれの要素を分析する場合でも、自社の持つキラーコンテンツが何かを意識することが基本となります。自社の状況や強みについてだけでなく、弱みや競合について考える場合でも、キラーコンテンツに与える影響を分析することが重要です。

Webメディアの運営においても、自社のキラーコンテンツが何かという点は、マーケティング戦略のカギを握る要素だといえます。

キラーコンテンツを作る方法

キラーコンテンツを作るにはどうすればよいのでしょうか。3つのコツを紹介します。

「独自性」のあるコンテンツを考える

キラーコンテンツを作るためのカギは「独自性」です。競合他社の商品にはない魅力をもつ「差別化された商品」や、他のサイトでは得られない「貴重な情報」が、キラーコンテンツとなるのです。

既存の商品やサービスを分析し、自社の独自性とは何かを把握することが、キラーコンテンツを作るための第一歩だといえます。

このように、商品やサービスの独自性を利用する手法は「ブルーオーシャン戦略」と呼ばれます。独自性のあるキラーコンテンツによって、競合他社のいない市場を開拓する手法です。

ただし独自性のあるコンテンツは、他社に模倣されてしまうと、その魅力を失う可能性があるという点に注意しましょう。自社だけが持つ強みをよく分析し、まねされにくいコンテンツを考案することが重要です。

商品・サービスの魅力を強調する

商品やサービスの魅力を引き出し、ユーザーに分かりやすく「伝えるコンテンツ」がキラーコンテンツとなります。

独自性のある商品・サービスが存在しないなら、まずはそれを開発することが必要かもしれません。自社の強みといえるような商品・サービスがすでにあるなら、その魅力を効果的に演出するコンテンツを制作することで、キラーコンテンツとなります。

商品・サービスの特徴を説明するだけのシンプルなページを作成するだけでなく、キラーコンテンツとなり得るような魅力的なものを作るように意識しましょう。商品やサービスの特徴を説明するWebページや、つい購入したくなるような動画コンテンツ、興味を惹かれるWeb広告などを制作することで、キラーコンテンツを生み出せます。

コンバージョンを妨げる要素を解決するコンテンツを考える

コンバージョンを妨げるものを「解決するコンテンツ」は、売り上げに大きく貢献するという点で、キラーコンテンツになります。

ユーザーのページ遷移を把握し、コンバージョンの「直前に見ているページ内容」が何かを調査することがヒントになるでしょう。

例えばコンバージョンの直前に「口コミ」に関するページを見ているなら、顧客は最後の一押しとして評判や他の人の感想を気にしているということが推測できます。この場合、口コミや導入事例などのページを充実させることで、それがキラーコンテンツになる可能性が高いと判断できるでしょう。

ターゲットとなる顧客の行動やニーズをしっかりと把握することが、キラーコンテンツを生み出す結果につながるのです。

Webメディアのキラーコンテンツの例

Webメディアの場合、どのようなものがキラーコンテンツに該当するのでしょうか。その例を3つ紹介します。

利用者の声・口コミ・導入事例

商品やサービスを実際に利用した顧客の感想や口コミは、Webメディアのキラーコンテンツの一例です。

利用者の意見は、他では得られない「独自性」のある情報であり、購入を検討している見込み顧客がコンバージョンに至る最後の一押しとなりやすい要素でもあります。

例えばBtoBサービスを紹介するWebサイトなら、実際に導入済みの企業担当者のインタビュー記事や、施工事例などを掲載することで、サービスの魅力と信頼性を強調できます。

利用者を対象にアンケートを実施して、感想をテキストコンテンツとして集めるだけでなく、インタビューの様子を撮影して動画コンテンツの形で配信することも効果的でしょう。

信頼性・権威性のあるコンテンツ

書かれている内容の信頼性や権威性が高いコンテンツは、それ自体がキラーコンテンツになり得ます。専門家の意見や市場調査の結果など、信頼性のあるコンテンツは他にはない有益な情報です。

独自性があり、確かな根拠に基づく信頼性のあるデータは、他のサイトに引用されることもあるでしょう。それは被リンクを集める結果になり、アクセス増加につながることが期待できます。

「弁護士監修」「FP監修」など、有資格者による裏付けがあって権威性のある情報も、信頼できる情報として魅力のあるコンテンツです。

信頼性や権威性が高いコンテンツはSEOにおいても有利になり、上位表示されることが期待できるので、Webメディアにおけるキラーコンテンツとなり得るといえます。

商品・サービスを紹介するページ

商品・サービスを紹介するページも、Webメディアにおけるキラーコンテンツの代表的な例です。

独自性のある魅力的な商品・サービスそのものが、企業にとってのキラーコンテンツとなることは言うまでもありません。商品やサービスそのものではなく、その魅力について詳しく解説するページ自体も、キラーコンテンツだといえます。

商品の特徴や仕様について紹介するページや、購入することによって得られるベネフィットを強調するページは、顧客の購入意欲を高め、コンバージョンに貢献する重要なコンテンツです。

まとめ

キラーコンテンツはマーケティング施策のカギを握る重要な要素です。キラーコンテンツを作るためには「独自性」を意識する必要があります。Webメディアにおいては、競合他社のWebサイトでは得られないような貴重な情報や、専門家による裏付けがある権威性が高い情報、商品・サービスの紹介ページなどがキラーコンテンツになり得ます。

自社の強みについてじっくり検討し、キラーコンテンツを生み出していきましょう。サイトエンジンでは、Webメディア戦略に関するコンサルティングサービスを提供しています。まずはお気軽にお問合せください。

資料ダウンロード申し込み

この記事をシェアする
Scroll to Top