fbpx

金融業界のマーケティング コンテンツマーケティングのご紹介

金融業界では歴史が深く、古い体質が残っている印象をお持ちの方も多いかと思います。しかし「金融業界のマーケティング」はテクノロジーの発展とともに劇的に進化しています。コロナウィルスの影響を受けた現状と、注目のマーケティング手段をご紹介します。

金融業界の現状

金融業界は、商品が保険や資産などの巨大なものを取り扱っています。そのため営業が何度も足を運び、集客、契約に向けて動いています。この流れはインターネットやSNSの発展から徐々に変化しており、金融ビックバンによって各業界の大手が金融業界に進出する時代になりました。「セブンイレブン」や「イオン」などのネット銀行が急成長し、利用者も増加し続けています。既存の金融会社も奮闘する中、コロナウイルスの影響から対面での営業を敬遠されるようになり、マーケティングやサービスもこれまでとは違う形で進化する時代です。金融業界の抑えるべきトピックスを紹介します。

Fintechの台頭

FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスとテクノロジをかけ合わせた新たな切り口からのサービスのことです。仮想通貨やPayPayなど、身近なものになっています。アメリカでは日本よりも取り組みが早く、「VISA」など電子決済の分野でサービス拡大を続けています。新たなサービスとして、Eコマースと結びついた決済サービスや、ベンチャー企業が決済などの金融サービスに参入する動きも増えています。

キャッシュレスの流れ

キャッシュレスの流れ

キャッシュレスとは、紙幣や硬貨のような現金を使わずに行う決済方法のことです。キャッシュレス化の流れは止まらず、企業間での取引ではほぼキャッシュレスで決済が行われています。国内外で電子マネーで決済できることから、世界の企業間での取引も現金は使われておりません。日常生活でもポイント還元などのメリットからキャッシュレス決済が進んでおり、旅行客などほぼキャッシュレスのみ使用されるのが現状です。

地方銀行の倒産、経営統合

流れの原因は、一極集中による地域の人口と企業が減少し、融資先がなくなっていることです。地域金融機関は店舗の統廃合によるコスト削減や、リレーションシップバンキングなど手を打っている状況ですが、明確な改善策が見つかっていない状況が続いています。

低金利政策の影響

マイナス金利政策の導入は、金融機関の間で金利引下げ競争を煽る状況を作ってしまい、その収益環境を著しく悪化させてしまいました。それにより金融仲介機能を低下させ、適切な資源配分を妨げるなど更なる経済状況の悪化が考えられています。

金融業界のおさえるべき流れとして、「キャッシュレス化」と「金融ビックバン」によって、他業界の企業が「fintech(フィンテック)」の分野で業界進出し、さらに低金利政策の影響を受けて地方銀行の経営が難しくなっている状況にあります。電子マネーサービスも多種多様に展開され始めており、差別化できるようなサービスを展開できるか、企業のPRを効率的に行えるかが金融企業のカギになっています。

金融業界のマーケティング

現在の金融業界では、昔ながらのリアルマーケティングとインターネットマーケティングの両軸で進められることが一般的です。

チラシ・ポスティングによるセミナー集客

「ポスティングチラシ」による集客方法です。ポスティングチラシの大きな強みは「潜在的需要のある顧客に対しても有効」という点です。例えば、資産運用をしようと検討している方は、自分からスマホやPCなどからオンラインで情報を取得する人が多いはずです。ただし、既に資産運用に取り組んでいる人は、新しい方法を試した方が良いと思っていても、積極的に情報を集めることはしません。このような潜在顧客に対して、セミナーに誘導し購買意欲を高めることができます。この属性の方々に対しては、アウトバウンドマーケティング手法が非常に有効です。特にキャンペーンや期間限定のようなお得感のある内容がより効果的です。

イベントのスポンサーや協賛

スポンサーや協賛は非常に有効な手段です。特に地方銀行などでは、地方のイベントやスポーツチームのスポンサーなどで大々的に宣伝できます。また地域の経済を活性化の貢献できたり、ブランディングの効果も期待できます。

ホームページのSEO対策

SEO対策とは、インターネット上で自社のサイトを上位に表示して、サイトにお客様を流入することを目的として、様々な施策を打ち出すことを指します。ホームページに流入するため、どのような検索ワードを対策するかが重要になります。企業の名前だけではなく、サービスを利用するであろう方が何をキーワードを使うかを意識することが大切になります。また一朝一夕で結果が出るものではないので、長期的に対策を続けていくことで効果が見込めます。金融企業の中でSEO対策を行う温度差がありますが、指名検索以外でどれだけユーザーを集められるかが重要なポイントになっています。

オウンドメディア運営

業種に制限なく、金融企業全体で取り組みが進められています。商品内容や、法律の解説など難しい内容が多くありますが、消費者が理解しやすい内容で、SEO対策したコンテンツをアップし続けて集客を図る方法になります。

マーケティングオートメーション(MA)の導入

MAツールとは、その名の通りマーケティングを自動的に行うシステムのことです。機能は主に顧客育成で、セグメント別の見込み顧客に対し、メール配信など行うことができます。これまで手動で取り組まれていた施策や顧客管理体制が充実されている前提で導入するもので、ゼロベースの場合は基盤を固めるところから始めましょう。

ソーシャルメディア(SNS)の運用

近年SNSを開設する金融企業が急増しています。消費者に上記で紹介した内容をより届けやすいところが、SNSのメリットになります。大手金融企業ではフォロワーが100万人を越える媒体もあり、これから地方銀行等も積極的にSNSの取り組みが強まると考えられています。

金融企業のコンテンツマーケティングの取り組み

金融商品は購入までの時間がかかる商材です。そのため多くの情報を収集してから購入へ踏み切るユーザーの動きに合わせる必要があり、情報提供するうえで最適なマーケティング方法の一つがコンテンツマーケティング(オウンドメディアの運営)と言えます。

金融コンテンツの注意点

金融コンテンツの特徴として、情報が正しいか、消費者に誤った情報を伝えていないかを厳しくチェックされます。商品が消費者の人生に与える影響が大きいことが理由とされており、医療系のコンテンツなども同様の対応がとられています。チェックされる項目についてご紹介します。

広告審査 コンプライアンス・リスク

金融商品取引法という、投資家の保護を図るため、金融商品取引業者が行う広告を厳しく規制している法律があります。要すると間違った情報を広告に打ち出したり、顧客を誤認させる内容がある場合、公正取引委員会から排除命令を受けるというものです。金融庁によるコンプライアンス・リスクとは、個人情報保護・反社会的勢力との取引防止・マネーローンダリング防止など、各種法令やルールを厳格に遵守する事が求められており、それにともなう当局の規制も一層厳しくなってきているのが現状です。金融庁が提示する業務の適切性に係る条項は、実に12個の条項があり、更にその中に細かな対応が義務づけられています。金融企業がコンテンツを制作する際、これらの厳しい制約を守らなければなりません。

対処法:「専門ライターに依頼する、監修者をつける」

金融専門ライターは母数が少なく、単価が高い難点がありますが、専門性の高い記事のクオリティが担保できます。SEO対策ができており、ライティングも可能な状態であれば、専門家が監修することが一般的となっています。間違った情報の訂正と、記事の信頼性を高めてくれる効果があります。積立NISAや資産継承等の資産活用に関してはフィナンシャルプランナー、相続税申告や扶養控除など税に関するものは税理士、現物出資や事業譲渡についての記事は公認会計士に依頼しましょう。

参考:監修の意味や使い方、参考文献の監修者、本の監修、料理の監修とは? (cakutama.com)

金融コンテンツおすすめテーマ

商品の紹介ばかりしているとメディアに見込み顧客を誘導できません。見込み顧客が気になっているであろう情報を定期的にアップすることが重要です。積極的にコンテンツマーケティングに取り組む金融企業が、よく選ぶコンテンツのテーマを紹介します。

ライフイベントの節約・運用術

ライフイベント

一人暮らし、結婚にまつわるものから、ペットや子どもの大学受験にまつわるものまで、女性のライフスタイルに関わってくるお金がどれほどの金額なのか、節約術・運用のコツなどについての情報が発信されています。

用語解説

103万の壁や確定拠出型年金など、日常に聞く言葉でも内容を正しく理解できていないことが多くあります。また期末や年末などのシーズンによって需要の高まるキーワードがあるため、時期に合わせたコンテンツ作りを心掛けましょう。

まとめ

現在、金融業界で積極的に取り組まれているコンテンツマーケティングですが、金融業界特有の制限も多く、取り組んだものの、継続的にコンテンツをアップすることが難しいことから、中途半端に終えてしまう事例も多くあります。弊社では、金融系の記事の納品実績があります。お悩み等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top