fbpx

ランディングページの作り方を徹底解説!制作の流れとページ構成の基本

マーケティング施策としてランディングページの導入を検討している場合、まずはどのような方法で制作できるのかを確認することが重要です。基本的な3つの方法を紹介します。外注する場合でも、制作の流れと、内容の構成方法の基本について知っておくことは重要です。外注する場合の費用の目安と共に、詳しく確認しましょう。

ランディングページの定義と役割

ランディングページ(LP)とは、Web広告やメールマガジンなどに設定する「リンク先」となるページのことです。

多くの場合、縦長の1ページとして制作され、他のコンテンツへのリンクやメニューバーが無いシンプルなデザインで設計されます。

広告をクリックしたユーザーに対しては、商品・サービスの話題に集中し、買うかどうかを検討しやすくする情報を提示したほうが効果的です。

広告のリンク先を会社のホームページなどに設定してしまうと、豊富なテーマの情報を扱っているため、コンバージョン率が低くなってしまいます。かといって会社のホームページ全体で、コンバージョンのみに集中し、商品の購入を促してしまうと、幅広いユーザーのニーズに応えることができません。

そのため、多くの企業では通常のホームページやWebメディアとは別にランディングページ作成し、運用しています。

【3つの方法】ランディングページの作り方

ランディングページを作る方法は、大きく分けて3つあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

コーディングする

まずはHTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を使って、コーディング(プログラミング)して制作する方法です。

ランディングページはシンプルな構造であることが多いので、適切なコンテンツさえあれば、一般的なWebサイトを作る場合よりもコーディングに必要なスキルのハードルが低いといえます。

外注費用がかからないというメリットはありますが、その分、工数が多くかかるのがデメリットです。コーディングの基本的な知識だけでなく、デザインやコピーライティングのスキルも求められます。

「WordPress」などのツールで作成する

ランディングページを作るためのツールを利用するという方法もあります。HTMLやCSSなどを記述する必要がなく、コーディングの知識がなくても使える「Webサイト制作ツール」を利用する方法です。

例えば、一般的なWebサイトやブログの制作にも使われる「WordPress」(ワードプレス)は、ランディングページを作るためにも利用できます。操作が簡単で、カスタマイズの自由度が高いツールです。

別途サーバーを用意する必要がありますが、WordPressそのものは無料で使えるので、レンタルサーバーを利用すれば毎月1,000~2,000円程度で運用できます。

またサーバーを用意せずに使えるツールを利用することも可能です。代用的なものとしては「ジンドゥー」や「Wix」が挙げられます。基本的には月額制の有料サービスですが、レンタルサーバーを利用するのと同じ価格帯で利用可能です。

ツールを使った場合でも、デザインのセンスや文章力など、良質なコンテンツを作るためのスキルと手間は必要になります。

Web制作会社に外注する

ランディングページの質や内容にこだわるなら、Web制作会社に外注することをおすすめします。

前述の二つの方法は、制作コストを抑えられるというメリットがありますが、良質なランディングページを制作できるかどうかは社内の人材次第です。

社内のスタッフで良質なコンテンツを用意できないなら、技術の高いWeb制作会社に外注することで、効率的に質の高いランディングページを制作できます。

ランディングページはページ数が少なくて済むことが多いので、費用相場は10万~60万円ほどです。クオリティを重視するなら、価格よりも会社の評判や実績、制作事例などを確認しましょう。

ランディングページを公開した後の運用サポートや、マーケティングのコンサルティングを含めて依頼する場合には60万円以上かかる場合もあります。

ランディングページ制作の流れ

ランディングページ制作の準備から公開後の運用までの流れを確認しておきましょう。

ペルソナ・KPI・予算の設定

ランディングページ制作のスタート地点として、まずはペルソナとKPIを設定します。

ペルソナとは、対象とするユーザーの年齢層や性別などの属性、興味・関心などを具体化したものです。ペルソナは、ランディングページの内容を最適化するための基準となります。

ランディングページのKPIとは、1カ月あたりの「コンバージョン数」「閲覧された回数」など、最終的な売上につなげるための中間目標のことです。

KPIを設定することで、それを達成するために必要な広告費などの予算が計算しやすくなります。

集客方法を検討する

「どのように集客するか」についても検討しておきましょう。ランディングページに誘導する方法は、広告やSNS、メール、オウンドメディアなどいくつかの方法があります。

それぞれ必要な費用と、期待できる集客数が異なり、訴求できるユーザー層にも違いがあります。予算と、事前に設定したペルソナに合わせて、事前に計画しておきましょう。

どのように集客するかによって、最適なライディングページの内容が異なってきます。集客するユーザー層の属性や、興味・関心に合わせたページ内容を作る必要があるためです。

事前に集客方法を考えておくことで、ランディングページの内容を決めやすくなります。

ページの内容・構成を考える

集客方法やペルソナに合わせて、最適なページ内容・構成を考えていきましょう。外注する場合でも、ある程度の方向性を考えておくことで、依頼をスムーズに進められます。

内容は自由な発想で考えられますが、多くのランディングページで使われている「基本の流れ」を参考にすることで、効果的な内容を考えやすくなるでしょう。

内容の作り方について詳しくは、当ページ内の「【内容の作り方】ランディングページ構成の基本」の項目を参照してください。

公開・効果測定・改善

公開した後、事前に設定したKPIに対して、どの程度まで達成しているかを確認する「効果測定」を実施することも重要です。

効果測定の結果「コンバージョン数が少ない」などの問題が判明した場合、ページ内容の改善が必要かもしれません。コンバージョン率ではなく、そもそもの「閲覧回数(PV)が少ない」という問題なら、集客方法の改善が必要な可能性もあります。

効果測定しながら、必要な改善をしていくことで、公開したランディングページを効率的に運用していきましょう。

【内容の作り方】ランディングページ構成の基本

多くのランディングページで活用されている「基本構成」について、詳しく解説します。

1. 興味を引く「ファーストビュー」

冒頭部分にあるファーストビューは、読者の「興味を引く」ための部分です。

魅力的な「アイキャッチ画像」や、続きを読みたいと思わせる「キャッチコピー」によって興味を引きます。

この部分で「読者アンケート1位」「導入事例○〇万件以上!」などの実績を示すことによって、商品やサービスへの信頼や関心を高める手法もよく利用されます。

2. 購買意欲を高める「ボディ」

次のボディ(本論)の部分には、読者の購買意欲を高めるための、説得力を持たせる話題を入れます。この部分でよく用いられるのは、以下のようなコンテンツです。

  • 共感
  • ベネフィット
  • お客さまの声
  • 商品・サービスの詳細

ユーザーのニーズや悩みに「共感」するようなコンテンツを入れることで、「この商品は自分にぴったりだ」と思わせるように工夫できます。

そして商品を購入すると、どんな良い効果があるのかという「ベネフィット」を説明することで、購入後のイメージを具体化してもらいましょう。

魅力が伝わったとしても、不安や疑問があると購入につながらない場合があります。そこで「お客さまの声」「商品・サービスの詳細」などによって、安心感を与え、疑問を解消することで、購入を後押しする内容を入れるのが一般的です。「よくある質問」という形で商品・サービスの詳細を説明する手法も、よく用いられます。

3. 行動を促す「クロージング」

ランディングページの最後には、購入や資料請求などの行動を促すクロージングとして、「資料請求はこちら」「お申込みはこちら」などのクリックしたくなるようなコピーと共に、リンク用のボタンを設置します。

これはCTA(Call To Action)と呼ばれるもので、最後のクロージング部分はもちろん、ファーストビューやボディの適切な部分に、複数設置するのが一般的です。

読者が「申込みたい」と思うタイミングは、ページの最後とは限りません。意欲が高まりそうな場所に必ずCTAを設置することで、コンバージョン率を高められます。

まとめ

ランディングページは、広告を配信する上で不可欠なコンテンツです。効果的なランディングページ制作は、マーケティング施策の計画と共に戦略的に進めていくことが重要です。サイトエンジンでは、マーケティング施策のコンサルティングを含めたランディングページ制作のご提案ができます。まずはお気軽にお問合せください。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top