fbpx
metadescription

【クリック率UP!】メタディスクリプションの書き方を徹底的に解説

「メタディスクリプションを設定してどのような効果があるの?」
「メタディスクリプションを有効に使うための書き方がイマイチ分からない。」
あなたはこのような悩みを抱えていませんか?

メタディスクリプションはユーザーをページに集客するために、重要な設定です。
検索エンジン最適化(Search Engine Optimization:SEO)に影響はないですが、ユーザーのクリック率には間違いなく大きな影響を及ぼします。

そのため、メタディスクリプションの書き方をきちんと習得すれば、効率的にユーザーを集客することが可能です。

本記事では、メタディスクリプションの書く方のエッセンスを徹底解説、
またメタディスクリプションを設定しないとどうなるのか、といったことも解説しています。

本記事を読めば、メタディスクリプションで魅力的な文章を書けるようになり、多くのユーザーをWeb上で集客できるようになります。

メタディスクリプションとは

メタディスクリプションとは、ページの内容を端的に検索ユーザーに知らせるための要約文のことです。
設定したメタディスクリプションは、検索結果ページに表示されるページタイトルの下に表示されます。

多くのユーザーは、ページタイトルとメタディスクリプションを見てページをクリックするかを決めます。
そのため、ページタイトルだけでなく、メタディスクリプションもきちんと作りこむ必要があります。

メタディスクリプションをなぜ設定すべきなのか

メタディスクリプションは、ユーザーにページの内容を正確に伝えるために設定すべきです。
ユーザーはメタディスクリプションを見た上で、ページをクリックするかを決めているため、的確にページの内容を伝えることが重要となります。

ユーザーの立場から考えると、メタディスクリプションに適当な内容が書いてあるページをクリックしようとは考えないはずです。
ユーザーに寄り添ったメタディスクリプションの設定は、ページへの集客にとって非常に重要な要素と言えます。

メタディスクリプションの特徴

ユーザーの立場から考えると、メタディスクリプションは必ず設定すべきものです。
しかし、SEOの観点から完全に明らかにはされていません。
現在分かっている範囲で、メタディスクリプションの特徴を3つ紹介していきます。

  • クリック率と密接な関係がある
  • SEOに直接的な効果はない
  • Googleの評価対象になっている可能性がある

メタディスクリプションについて分からないことがあるとはいえ、対策をしておくに越したことはないので、1つずつ確認していきましょう。

クリック率と密接な関係がある

メタディスクリプションはクリック率と密接な関係があります。
前述したように、メタディスクリプションはページタイトルの下に表示される文章のことです。

ユーザーは、ページタイトルとメタディスクリプションを見た上で、ページをクリックするかどうかを決定します。
そのため、メタディクリプションの内容によってページのクリック率が変動することになるのです。

検索キーワードが入っていないものや、上手く内容を要約できていないメタディスクリプションが記載されていた場合、ユーザーはそのページをクリックしようとは思わないでしょう。

逆に、検索キーワードと内容の要約がうまく盛り込まれており、魅力的な文章が書かれていた場合、ユーザーはそのページをクリックする判断を下すことになります。

メタディスクリプションは、ページがクリックされるかどうかを明確に分ける重要な設定なのです。

SEOに直接的な効果はない

メタディスクリプションはSEOに直接的な効果がありません。
つまり、メタディスクリプションをきちんと設定したからと言って、検索順位が上位になるとは限らないということです。

現在、Googleがどの程度メタディスクリプションの設定を重要視しているのかは、公開されていません。
そのため、メタディスクリプションはクリック率を上げるためだけの設定と考えられています。

Googleの評価対象になっている可能性がある

現状では、メタディスクリプションが検索順位を上げる設定とは考えられていません。
しかし、Googleの評価対象の1つとされている可能性があります。
なぜなら、GoogleのSEOガイドラインでメタディスクリプションの作成が推奨されているからです。

ガイドラインでは、「メタディスクリプションを設定しないと、検索順位が上がりません。」と書かれているわけではありません。
あくまでも、「メタディスクリプションを設定するのがおすすめです。」という表記がされているだけです。

そのため、明確にメタディスクリプションが検索順位に影響するとは断言できませんが、評価対象の1つになっている可能性があります。

クリック率の上がるメタディスクリプションの書き方

メタディスクリプションはユーザーのページクリック率を上げるために重要です。
しかし、一体どのようにメタディスクリプションを書けば、ユーザーからクリックされるようになるのでしょうか。
クリック率の上がるメタディスクリプションの書き方を5つのポイントに分けて解説していきます。

  • 読者目線の読みやすい文章を書く
  • 狙っている検索キーワードを盛り込む
  • 最適な文字数を意識して書く
  • ページごとに固有の内容を書く
  • 読了後の未来をイメージさせるような文章を書く

これらのポイントを抑えれば、ユーザーに「クリックしたい!」と思わせるようなメタディスクリプションを作成できます。

読者目線の読みやすい文章を書く

メタディスクリプションには、読者目線の読みやすい文章を書きましょう。
なぜなら、ユーザーはメタディスクリプションを熟読するわけではないからです。

ユーザーが読みたいのはあくまでページをクリックした後のコンテンツなので、ページタイトルとメタディスクリプションは流し読みをしています。
そのため、専門的な単語や1文の長い文章が使われていると、ユーザーにページの内容が伝わり切りません。

その結果、クリック率を下げることにもなりかねないので、読者目線で読みやすい文章を書くことを徹底しましょう。

狙っている検索キーワードを盛り込む

メタディスクリプションには、狙っている検索キーワードを必ず盛り込みましょう。
検索したキーワードはメタディスクリプション内の太文字で表示されます。

太文字の検索キーワードがメタディスクリプションにあることで、ユーザーは求める情報が得られるページだと判断しやすくなるのです。

そのため、狙っている検索キーワードは必ずメタディスクリプションに盛り込むようにしましょう。
また、人間は文章を無意識に左上から読む習性があります。
不自然にならない程度にキーワードをメタディスクリプションの先頭に入れておけば、ユーザーがキーワードを発見する時間も短くなるので、効果的です。

最適な文字数を意識して書く

メタディスクリプションは最適な文字数を意識して書きましょう。
メタディスクリプションの設定では、書きたいだけいくらでも書いてよいというわけではありません。

メタディスクリプションは、モバイルでは75文字、パソコンでは120文字程度まで表示されます。
そのため、最大でも120字程度でページの内容をまとめなければなりません。

できれば、モバイルとパソコンのどちらでも表示される75文字以内に最も重要な部分を記載すると、ユーザーの興味を惹き付けることができます。

ページごとに固有の内容を書く

メタディスクリプションの内容は、ページごとに固有のものを書くようにしましょう。
なぜなら、全く同じコンテンツを記載したページはないからです。
Google側も重複したコンテンツのページがあることで、ユーザーが利便性を損なうと考えているので、重複コンテンツの作成を推奨していません。

つまり、メタディスクリプションの内容が重複すると、検索順位にも悪影響を及ぼしかねないのです。

メタディスクリプションはページのコンテンツごとに要約した文章を記載し、ユーザー第一のメディア構築を目指しましょう。

読了後の未来をイメージさせるような文章を書く

メタディスクリプションには、読了後の未来をイメージさせるような文章を書きましょう。
ポジティブな未来を提示することで、ユーザーが情報取得へのモチベーションを高く保った状態で、コンテンツを提供することができます。

ユーザーは情報を求めているとはいえ、やはり数千字程度のコンテンツを読み込むには、労力がかかります。
ページに入る前のメタディスクリプションで読了後のポジティブなイメージができれば、そのままクリックしてコンテンツを読んでくれます。

メタディスクリプションを設定しないとどうなるか

メタディスクリプションはSEOに直接影響はないとされています。
そのため、設定せずにページを公開することも可能です。
メタディスクリプションを設定しないと、一体どうなるのでしょうか。

  • 検索エンジンがメタディスクリプションを自動生成する
  • ユーザーにとって有益な情報が表示されない可能性がある

メタディスクリプションを設定しない場合も抑えておき、状況に合わせて使い分けていくと良いでしょう。

検索エンジンがメタディスクリプションを自動生成する

メタディスクリプションを設定しないと、検索エンジンが検索キーワードに合わせてメタディスクリプションを自動生成します。

ユーザーが検索したキーワードが含まれている部分を自動表示することで、キーワードがページ内に含まれていることが分かるようにしています。

実際、検索結果ページではメタディスクリプションを設定していないページも多く散見されているので、メタディスクリプションを設定せずとも検索順位に問題はないでしょう。

ユーザーにとって有益な情報が表示されない可能性がある

メタディスクリプションを設定しないと、ユーザーにとって有益な情報が表示されない可能性があります。
なぜなら、メタディスクリプションに表示されるのは、検索エンジンが検索キーワードから自動生成した文章だからです。

検索エンジンが自動生成した文章の部分は、ページ内の断片的な箇所でしかありません。
そのため、ユーザーが求めている情報がこのページにないと判断される可能性があります。

しかし、検索キーワードから自動生成した文章なので、基本的にはユーザーのニーズを見てしている可能性が高いです。
そのため、メタディスクリプションにこだわりがないという方は、設定しなくても問題はないでしょう。

メタディスクリプションが反映されないときの対処法

メタディスクリプションを設定したのに、検索結果ページに反映されないことがあります。
その場合、どのような対処をすればよいのでしょうか。
メタディスクリプションが反映されないときの対処法は以下の2つです。

  • ページのHTMLを確認する
  • Googleの書き換えを疑う

メタディスクリプションが反映されないトラブルに合った場合に、迅速な対処ができるようになるので、必ず確認しておきましょう。

ページのHTMLを確認する

メタディスクリプションが反映されない場合、ページのHTMLを確認してみましょう。
ページの言語情報はHTMLで記述されているので、文字に関するトラブルの場合はHTMLを確認すると解決することが多いです。

HTMLはページ上で右クリックをし、「ページのソースを表示」をクリックすることで表示できます。
と書かれている部分がメタディスクリプションの内容に当たるので、探してみましょう。

もし、きちんと記述できていない場合、エラーが起きているので正しい記述方法で書き直しましょう。
修正後、数日待てばメタディスクリプションが正しく反映される可能性があります。

Google側の書き換えを疑う

Google側の書き換えの可能性もあります。
もし、ページのHTMLを確認しても問題が見つからなかった場合、Google側の内容書き換えを疑いましょう。

Googleの内容書き換えは、メタディスクリプションに不適切な内容が含まれていると判断されるために起こります。

文字数が120字より多すぎたり、内容があまりに雑だったりすると、メタディスクリプションが書き換えられる可能性があるので、注意しましょう。

まとめ

メタディスクリプションは、検索順位に直接影響するとされているわけではないので、設定する義務はありません。
そのため、現在でもメタディスクリプションを設定していないページはいくつもあります。

しかし、メタディスクリプションはユーザーのページクリック率と深く関わっているため、集客の手段として有効活用しない手はありません。

本記事で解説したようにメタディスクリプションを書けば、ユーザーをページに集客し、売上をアップさせることができるので、ぜひ検討してみてください。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top