自社での記事作成に限界を感じていませんか?もしそうなら、ライティング=記事作成を外注することも検討してみましょう。記事制作を外注することで、自社スタッフへの負担も軽減できますし、効率よくコンテンツを増やせます。社内スタッフがコンテンツの企画に集中することで質の高いコンテンツの制作が期待できるなど、多くのメリットがあるのです。ここでは、記事作成を外注したいと考えている方のために、記事を外注する際の注意点をまとめてみました。

注意点1.解決したい課題に優先順位をつける

記事作成を外注できるところはたくさんあります。記事制作会社や編集プロダクション、ウェブマーケティング企業、クラウドソーシングなどで、どこに外注しても、記事は出来上がります。しかしこれらの発注先にはそれぞれに特徴があります。課題の解決には、課題の内容と発注先の特徴をうまくマッチングさせる必要があります。まずはもっとも解決したい問題を明確にすることが重要です。 記事作成のハンドリングがうまくいっていない、スケジュール管理などがやり切れていない、という際には記事制作会社に依頼するのがおすすめです。コンテンツマーケティングをサービスのメインとする記事制作会社であれば、まとまった量の記事を制作をスケジュール進行も含め請け負ってもらえます。多くのライターをハンドリングしているため、自社でライターとのやり取りをする必要がなく、記事制作から校正まで依頼できます。SEOを意識した記事も制作してもらえます。 クオリティを追求したいのであれば編集プロダクションです。編集プロダクションは書籍の企画・編集を行っていた企業がWEBコンテンツの制作もするようになったケースが多く、社内にライターを抱えているケースがほとんどです。ライターとのやり取りを綿密に行えるので、専門性の高いジャンルでも高いクオリティで仕上げることができます。比較的一記事の単価が高くなりがちです。

ウェブマーケティング企業は、SEOやリスティング広告、SNS広告などを使った集客、プロモーションなどを含め、WEBでの集客を総合的に手助けしてくれます。コンテンツマーケティングもウェブマーケティングの1つの手法です。複数のマーケティング手法と合わせることでより大きな効果を期待できます。ライターを社内に抱えている事が少ないため、ライティングは外部のライターに業務委託する、という会社が多いです。それ以外に提携企業や協力会社などがライティングを担う場合があります。コンテンツ制作はある程度できていて集客の強化や、効果検証、キーワード選定などのSEO対策の強化がしたい、という方におすすめです。

クラウドソーシングは、ネット上で不特定多数の人に業務を外注するサービスです。大量のライターが案件をチェックしており、一度に記事を作成したいときには有効です。また、必要な時だけライターを増やせるというメリットがあり、直接雇用のような継続的な費用の発生を避けられます。ただ、フリーランスのライターのため、経験の浅いライターもいて、クオリティが不足する場合もあります。複数のライターが所属する企業と違うため、代わりにほかのライターがフォローしてくれる、ということもありません。体調を崩して途中で記事が書けなくなってしまうといったトラブルも発生します。それ以外に、大量のライターのハンドリングに手間がかかる、といったデメリットもあります。

このように、それぞれ特徴があり、最も得意とする課題が異なります。もちろん編集プロダクションでも価格が安い会社や、ウェブマーケティング会社でも大量のライティングが可能というように前述のような弱みを持たない企業もあります。予算が合わない、クオリティに納得できない、といった問題が後々発生しないよう、自身の取り組むべき問題と発注先の特徴をよくとらえるようにしましょう。

注意点2.記事制作の費用を気にするだけでなく作業内容も把握する

ライティングだと、文字単価〇円、1記事いくらといった形式が多いですが、その価格にどこまでの作業内容が含まれているかを事前にチェックしておく必要があります。ライティングであれば、ライティングのテーマ選定などの企画、ライティング、校正、修正の費用のほか、ミーティングの費用が含まれているかを確認します。最近では、激安で記事の制作を請け負う会社も増えていますが、あまりにも安いと校正をせずに納品されることがあります。
修正への対応も確認しておきましょう。何回まで修正に対応してもらえるのか、無料なのか有料なのか、有料だとすると初回の修正から費用がかかるのか、などです。
安い、という部分にのみひかれて選んだところ、校正がされておらず修正の手間で作業の負担が軽くならなかった、というのでは外注する意味がなくなってしまいます。

注意点3.お願いしたい作業内容を明確にして頼む

見積もりを依頼するときは、できるだけ作業内容を明確にしておきましょう。作業内容が明確でないと、正しい見積もりができないからです。記事の文体や構成はもちろんですが、写真を適宜いれてほしいのなら、その旨も伝えておきます。数字としてデータを入れてほしい、引用元を明らかにしてほしいといったことは、事前にしっかり伝えておくことが重要です。 作業内容が明確になっていないと、リピートオーダーを頼もうとしても同じ金額では引き受けてもらえない、という可能性もあります。作業量=記事制作の単価、となるからです。制作会社の担当者と、対面や電話、メールでじっくり話し合い、必要な作業のすり合わせをすることが重要です。

テストライティングを利用して記事のクオリティ以外もチェックしましょう

記事制作会社なら、テストライティングを行っていることがほとんどです。テストライティングを実施しているのなら、記事がどの程度のクオリティなのかがチェックできます。また、テストライティングでは、記事のクオリティだけでなく、担当者とライターとのやり取りがスムーズに行われているかどうかも確認できます。クライアントの指示がきちんと伝わっていない、意図したように書かれていないテスト記事が提出されたなら、やり取りがスムーズではないのかもしれません。また、自社の悩みに的確に対応をしてくれたか、追加の提案があったか、スムーズに制作が進められたかなど、自社との相性も確認できます。 このように、テストライティングでは記事のクオリティ以外にもいろいろなことが分かります。まずはテストライティングを行っているか確認してみましょう。
記事作成を外注するのなら、まずは最終的な目的を明確にし、重視するポイントを決めておきましょう。また、提示されている価格に何が含まれているか、どこまで作業してくれるのかもチェックしなくてはなりません。現在では、記事制作を行う会社もかなり増えました。費用だけでなく作業内容も把握し、やってもらいたいことを明確にした上で見積もりを依頼するようにしましょう。