fbpx
ペイドメディア(Paid Media)とは?短期集中で新規顧客を獲得

ペイドメディア(Paid Media)とは?短期集中で新規顧客を獲得

オウンドメディアはデジタルマーケティングにおいて重要な位置を占めていますが、その補助役として重要な「ペイドメディア」にも注目しましょう。どのようなメディアなのか、他のメディアとの違いや、該当するメディアの種類を含めて解説します。ペイドメディアのメリット・デメリットや、実際の成功事例も確認しましょう。

ペイドメディアの意味 オウンドメディアやアーンドメディアとの違いは?

まずはペイドメディアの意味や定義を解説します。オウンドメディアやアーンドメディアとの違いを比較しながら見ていきましょう。

ペイドメディア

ペイドメディア(Paid Media)とは、自社が費用を支払って(=Paid)広告を掲載しているメディアのことです。Webサイトや検索エンジン、雑誌、テレビなど「他社の運営するメディア」に有料広告を掲載します。

「オウンドメディア」「アーンドメディア」と並んで、マーケティングで活用される主要なメディア戦略の一つです。この3つのメディア戦略は「トリプルメディア」と呼ばれています。

ペイドメディアのメリット・デメリットについては、詳しく後述しています。

オウンドメディア

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が保有(=Owned)するメディアの総称です。公式ホームページやブログだけでなく、公式SNSアカウントやメルマガなど、自社が運営・発信するメディアのことを指しています。

純粋に楽しめるコンテンツや、役立つ情報として認識されるので、「広告」としての印象が薄く、抵抗感なく閲覧されやすいという点がメリットです。

制作したコンテンツが「蓄積される」という点もオウンドメディアのメリット。ペイドメディアのように一時的な宣伝ではなく、一度作った記事や動画が、コンテンツとしてメディア上に公開され続けるので、長期間に渡ってユーザーとの接点をつくることに貢献します。

ただしペイドメディアと比べて「効果が出るまでに時間がかかる」のがデメリットです。検索エンジンで上位に表示されるまでに時間がかかります。

参照:オウンドメディアの立ち上げで注意すべき点 (cakutama.com)

アーンドメディア

アーンドメディア(Earned Media)とは、ユーザーが情報の起点となるメディアのことです。「アーンド=Earned」という英語には、評判や名声などを「獲得した」という意味があります。信頼や評判を獲得して掲載されるメディアのことです。自社を取り上げてもらう内容の指定はなく、メディアとの金銭的なやり取りは発生しません。

ユーザーの口コミや意見など、企業目線では得られないようなリアルな情報が発信される点がアーンドメディアのメリットです。ただし、自社では内容のコントロールができないので、悪い口コミを発信されてしまったり、炎上したりなどのリスクがあります。

良質な商品・サービスを提供し、多くの顧客からの良い評判を勝ち得ることで「獲得」できるメディアです。

参照:カスタマーレビューとは?集めるメリットと書き方 (cakutama.com)

参照:SNSマーケティングとは?具体的な5つの方法を紹介 (cakutama.com)

ペイドメディアのメリットとデメリット

ペイドメディアを活用するメリット・デメリットについて、詳しく確認しておきましょう。

ペイドメディアのメリットは?

ペイドメディアの大きなメリットは、掲載先のメディアを利用する大勢の人の目に留まるという点です。

つまり自社で集客する必要がなく、広告の掲載先メディアを運営する会社によって代わりに集客してもらえるということ。オウンドメディアのように、メディアを育てるための期間をかけることなく、広告を出稿した時点から、すぐに高い効果が期待できます。

掲載先のメディア特性をよく選ぶことで、自社のオウンドメディアを利用しないような顧客に対してもアピールできるという点もメリットです。

ペイドメディアのデメリットは?

ペイドメディアのデメリットは、トリプルメディアの他のタイプと比べて「高い費用が必要」という点です。

オウンドメディアも大部分を外注化すると初期費用が高くなることがありますが、内製化することで低い予算でも始めることができます。

オウンドメディアやアーンドメディアは、一度軌道に乗ると、高い費用をかけなくても長い期間に渡って効果を発揮しますが、ペイドメディアの効果は「広告費を払っている期間だけ」であり、効果を持続させるには高いランニングコストが必要です。

またペイドメディアはユーザーと「一方通行」の関係になりやすいのもデメリット。この点でオウンドメディアでは、ユーザーからの問い合わせに答えたり、要望を受け付けたりなどのコミュニケーションが取りやすく「双方向」の関係をつくることができます。

ペイドメディアの種類

ペイドメディアの種類には、テレビCM、雑誌広告、リスティング広告、バナー広告、有料SNS広告などがあります。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

テレビCM

テレビCMは影響力が強く、短期間で大きな効果を出しやすいことがメリットです。

ただし放映する権利を得るための費用が高く、CM動画の制作にもコストがかかるので、高い予算が必要になるというデメリットがあります。

地方局だけで放送したり、相場の高い時間帯を避けたりなどの方法で、予算を抑えることが可能です。自社の商品・サービスに適した番組だけに限定するなど、コストを抑えながらPDCAを回すことが求められます。

TVを見る二人の子供

雑誌広告

雑誌に掲載する広告は、「ターゲットを特定しやすい」というメリットがあります。

ターゲットとする読者像が明確に決まっていて、毎月購入する読者も固定される傾向にあるのが雑誌の特徴。その点を活かして、自社が対象とするユーザー層と一致していれば、ピンポイントでターゲットを特定しやすいのが雑誌広告の魅力です。

その反面、幅広いターゲットを対象にする場合には向かないというデメリットがあります。

Web広告

Web広告とは、検索エンジンに掲載する「リスティング広告」、ブログやスマホアプリなどに表示される「バナー広告」などです。

ユーザーが広告をクリックしたり、広告動画を視聴したり、商品を購入したりなどの「コンバージョン」が発生するごとに広告料金が加算されるので、無駄な広告費が発生しにくいのがメリット。

さらにユーザーの属性や行動履歴などを利用した「ターゲティング」の機能を利用すると、興味や関心がマッチしていてコンバージョンに近いユーザーのみを狙って広告を表示できます。

参照:リスティング広告を始める!仕組みとやり方を知ろう (cakutama.com)

参照:行動ターゲティング広告とは?その特徴と規制の動き (cakutama.com)

有料SNS広告

SNS広告とは、TwitterやFacebookなどのSNSに有料で広告配信するペイドメディアです。

現在では検索エンジンやブログなど、従来のメディアを利用しなくなり、SNSの利用が中心になっているユーザーが増加傾向にあります。そのようなユーザーに訴求する方法の一つとして、SNS広告が有効です。

SNSユーザーに訴求する別の方法としてアーンドメディアが挙げられますが、自然に口コミが広がるには時間がかかります。その点、SNS広告は短期間で効果を出しやすいことがメリットです。

SNS

トリプルメディア連携の成功事例

オウンドメディア・ペイドメディア・アーンドメディアを連携させた成功事例を3つ紹介します。

Facebook広告で成功した「Relux」

宿泊施設の予約サイト「Relux」は、ペイドメディアのFacebook広告から、オウンドメディアであるFacebookページへの流入に成功した事例です。

ReluxのFacebookページでは、シンプルな一行だけのテキストと共に、さまざまな宿泊施設の美しい写真を投稿。「シェア」や「いいね」を獲得しやすいように、効果測定をしながら写真やテキストの内容を工夫しています。

Facebookページ単体では多くの人の目に留まることは難しいと判断し、オウンドメディアをサポートするペイドメディアとしてFacebook広告を活用。ローンチ当初はFacebook広告に多くの費用を投じることで、Facebookページのフォロワー増加に成功しています。

参照:https://www.facebook.com/business/success/relux

参照:https://growthhackjapan.com/2014-03-31-loco-partners-ceo-shinozuka-discusses-the-growth-of-relux/

ペイドメディアからの流入をSNSやブログに集約「インテル」

世界的な半導体メーカー「インテル」は、インフルエンサーを効果的に起用したことで成功しています。

インフルエンサーにコンテンツ制作を依頼し、それを自社のオウンドメディアやペイドメディアで配信。参加したインフルエンサーは、制作したコンテンツを自分のSNSアカウントにも投稿して拡散。ペイドメディアとSNSからの流入は、ブログや公式SNSアカウントなどのオウンドメディアに集約させ、効率的にアクセスを増加させています。

インフルエンサーを起用することで、アーンドメディアを効率的に発生させることにも成功している事例です。

Pinterestで購入可能なピンを「メイシーズ」

アメリカの百貨店「メイシーズ」は、ECサイトとペイドメディアの連携に成功した事例です。

メイシーズでは、画像に特化したSNS「Pinterest」の有料広告を活用。Pinterest では、ECサイトと連携しやすい「プロダクトピン」(購入可能ピン)と呼ばれる機能があります。

参考:(1) Pinterest-macys

「ピン」は、TwitterやFacebookなどにおける「投稿」にあたるもの。「プロダクトピン」とは、ECサイトへのリンクが付属している特殊なピンです。ユーザーはプロダクトピンのリンクから自社のECサイトに直接移動できるので、Pinterest上で見かけた商品をスムーズに購入できます。

「メイシーズ」ではこの機能をペイドメディアとして有効活用することで、ECサイトへの流入増加に成功しています。

以上3つの例から分かるとおり、ペイドメディアはオウンドメディアやECサイトへの流入を増やすための有効な手段です。自社の商品・サービス内容にあったペイドメディアを選択し、より多くの流入やコンバージョン増加を目指しましょう。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top