fbpx

パレートの法則の具体例を紹介 売上UPさせる活用方法やポイント

「パレートの法則とは何か?」について具体例をご紹介します。Web広告やマーケティングで応用するときに注目すべきポイントや、仕事を効率UPさせたり売上UPさせたりする方法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

パレートの法則(2:8の法則)とは?数字で表す経験則

パレートの法則とは、全体の8割の結果は、2割の要素が生み出していることを表す経験則のことです。「2:8(ニハチ)の法則」と呼ばれたりします。また、類似した法則には「働きアリの法則」があります。

「パレートの法則(2:8の法則」の考え方の例

パレートの法則を「経営」「営業」「WEBサイト」の3つにおいて活用される例をご紹介します。

・商品の売上の8割は、2割の顧客が生み出している
・会社利益の8割は、2割の従業員が生み出している
・Webサイトの総PV数の8割は、2割の記事が占めている

例えば、「商品の売上の8割が2割の顧客が生み出している」のであれば、戦略のポイントは、その顧客に割く時間をより多く使うことです。

会社の利益の8割を2割の従業員が生み出していることがわかれば、その2割の従業員の待遇をさらに上げるなどの対応ができます。

WebサイトのPV数の8割は全体で2割の記事が占めているのであれば、この2割に共通するテーマやキーワードを分析して新たにコンテンツを制作できます。

「働きアリの法則」の考え方の例

働きアリの法則は、集団行動でよく起きる現象を示す経験則です。基本的にはパレートの法則と同じ考え方ではありますが、厳密に言うと、数字の割合はもっと細かく分けられます。

働きアリの法則とは、「全体の8割の食料を集めるのは2割の働きアリである」ことを表しています。

働きアリの法則の場合は、「残りの8割のアリは何しているのか」ということに焦点を当てると、さらに数字が細分化されます。

この8割のアリのうち、6割は普通に働き、2割のアリは何もしないとされます。つまり、正確な割合は「2:6:2」。

働きアリの法則はさらに面白い結論があり、「よく働くアリだけを集めても、働かないアリだけを集めても、結局は2:6:2に分かれる」とされています。

よく働いているアリだけを10匹集めても、2匹は結局何もしないアリになってしまう。

一方で、働かないアリだけを10匹集めると、もともと働かないアリのうち2匹はすごく働くように激変。しかし、2匹は相変わらず何もしないというのです。

仕事の売上や生産性をUPさせるパレートの法則の活用方法

パレートの法則は、営業やマーケティング、経営戦略などさまざまなシーンで活用できます。そこで、売上を伸ばしたり仕事の効率を図ったりするための「パレートの法則の活用方法」について解説します。

パレートの法則による分布を予測する

ある商品を販売する場合、パレートの法則で考えると販売開始前から「商品の売上は2割の顧客が8割の売上になる」ことが既に予測できます。

まず、売上の8割を占めると予測される上位2割の顧客と残り8割の顧客を分けます。それから、最適な営業やマーケティング施策の計画をそれぞれの分布別に立てるのです。

分布を考えて計画を立てる

具体的な計画の立て方は、例えば、売上上位2割の顧客に対しては、担当者が一人ではなく、複数の人が関わって積極的にアプローチしたり、丁寧にサポートしたりすることが効果的です。

人材を2割の顧客に集めて丁寧に対応することで、顧客と長期的に取引できる可能性が高まります。

一方、残りの8割の顧客には、一人の顧客に対して関わる人材を削減し、打ち合わせの時間を省くなど、コミュニケーションコストの効率化を図るという対処が取れます。

アウトプットの質と生産性を高めて効率良く仕事する

パレートの法則は、売上に直接的にかかわること以外にも応用できます。例えば、仕事の質と生産性を高めて効率良く仕事したいときです。

クライアントから緊急の案件を依頼されました。本日中に提案書を作らなければなりません。残された時間はあと4時間。いつもなら7時間かかる仕事です。

このとき、最初の2割の時間でアウトプットする提案内容の全体像を考えます。

なぜ、2割なのかというと、作業の途中で思わぬ問題が生じて予想以上に作業に時間がかかる可能性があるからです。

パレートの法則に従って、残された時間の8割を作業の時間として取っていれば、何か起きたときに上司に相談したり確認作業をしたり対処ができます。

他にも、膨大な量の資料を読んで1枚の文書にまとまないといけないのに、時間が限られているときにも活用できます。

まず、資料にある目次から先に目を通します。そして、2割の重要な要素の情報を把握してから関心深い内容に集中して読むと正確に情報を掴み、質やスピードを上げて効率良く作業ができます。

仕事の進め方においても、パレートの法則を活用すると、効率的に進められるということです。

インターネット広告で注目するポイント

インターネット広告でもパレートの法則が活用できます。インターネット広告では、例えば、下記のようなことがよく発生します。

・CVの約8割が検索広告から発生
・CVの約8割がバナー広告から発生
・検索広告の費用の8割は2割のキーワードから発生

CVの約8割が検索広告から発生

CVの約8割が検索広告から発生しているのは、広告の目的が問い合わせや会員登録など、リード獲得の場合に多く見られる傾向があります。

この場合、さらにCVを伸ばそうと、新たにディスプレイ広告を使ったとしても効果が上がる可能性は極めて低いと言えます。

検索広告からCVが発生しているという事実があるので、検索広告をさらに拡大させて売上を伸ばすよう運用するのがベストです。

CVの約8割がバナー広告から発生

バナー広告は、成果の差が明確に現れます。例えば、Google広告などはデータに基づいた意思決定される「多腕バンディットテスト」により、広告が自動的に最適化されています。

よって、広告のクリック率やコンバージョン率が低い場合は、インプレッションが抑制されてしまう仕組みになっているのです。

結果として、成果の差はおのずと拡大する傾向にあります。

広告に使用している画像やテキストにもこの仕組みが適用されています。

つまり、効果が高い実績があるクリエイティブを転用して他のキャンペーンにも使うと成果が期待できるということです。

圧倒的な成果がすぐ出るわけではないので、とにかくテストと検証を繰り返すことが大切です。

検索広告費用の8割は2割のキーワードから発生

Google検索広告費用の8割は2割のキーワードから発生していることが多い傾向にあります。

キーワードによって検索ボリュームの差があるので、費用もその差に比例します。

まず、何を改善すべきか優先順位を考える必要があります。

キーワードごとの品質スコアを分析するのであれば、費用を多くかけていて、顧客獲得単価に直結するキーワードの品質スコアを改善することが優先です。

キーワードごとの指標を見るのであれば、費用が多い2割のキーワードに注目しなければなりません。

パレートの法則の活用は効率を重要視する

仕事の効率についてお話しましたが、例えば、1日10時間働いているとします。実は、その仕事は1日2時間集中してやれば、100%の成果は出なくても8割の成果が出せるかもしれないのです。

取り扱っている全商品の売上で8割を占めているのが2割の商品だったとします。

パレートの法則で考えると、その2割の商品がわかれば、その商品だけに集中して1日2時間の労働さえすれば8割の成果が出るということになります。

パレートの法則は、労働に体力を削ったから成果が出るわけではないというのが基本の考え方です。

つまり、「行動の量=成果や評価」ではありません。「どこに注力するか」「どのフィールドに着目するか」を見極めて判断することがが重要です。

パレートの法則は、100%の成果を出すことよりも「80%の成果が出る効率」に注力することの方が重要としている法則ということです。

まとめ

パレートの法則について解説しましたがいかがでしたでしょうか。パレートの法則は、マーケティングにおいて欠かせない考え方です。100点満点を目指すのではなく、いつも80点の結果を出す効率を考えることを意識して活用すると、あらゆるシーンで役立つので実践してみましょう。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top