fbpx

Web記事作成のレギュレーションの作り方のコツを解説!【動画解説あり】

レギュレーションは、外注ライターの記事の品質を大きく左右します。レギュレーションの必要性について、動画で紹介されている内容を動画が見られない方にも、見やすく記事にしています。マーケティングについて知りたいメディア運営者や、ブログ記事で効果的にアクセスアップを図りたい方はぜひ参考にしてください。

レギュレーションとは?

今回はIT、web業界でのレギュレーションについて解説していきます。そもそも、みなさんはweb業界でレギュレーションという言葉を聞いたことがありますか?

レギュレーションとは、要するにwebの記事を外注する際に守ってもらう、記事内容のクオリティを保つためのルールをまとめたものです。

レギュレーション

このようなものです。具体的には、ライティングの基本ルールから、ターゲットイメージ、トーン&マナーのほか、ライティングをする上で注意しなければならない事項が詳しく記載されています。

レギュレーションの内容

レギュレーション 内容

次に、レギュレーションの内容について解説していきます。
サイトや記事の目的をはじめ、文字数や見出しの指定、差別用語や盗用の禁止といった最低現のルール、記事のターゲットとなる人物像などが資料としてまとめられています。
これらを分かりやすいようにまとめて、外注先に渡すのがレギュレーションです。レギュレーションの内容を充実させることで、外注ライターに発注側の意図を正確に伝えることができます。

レギュレーションを使うメリット

レギュレーション メリット 理由

同一のサイト内で、ある程度の記事のテイストや品質を一定化させることはターゲットへの訴求力を高め、目標とする結果を得るために必要です。逆に質やテイストがバラバラの記事ばかりだと、読者を困惑させてしまって離脱に繋がることがあるので気をつけましょう。

もしガイドラインやルールがなければ、関係者の間で記事に対する認識を共有化しづらくなります。レギュレーションは、発注者側と外注ライターが共通した認識を持つためのガイドラインです。

テイストやクオリティが安定しているサイトには一貫性があり、サイトを訪れた読者からも高い信頼を得ることができるでしょう。レギュレーションに基づいた品質の高い記事を揃えることは、サイトのリピーター確保にも繋がります。

修正の手間を抑える

レギュレーション 修正

執筆するライターの力量次第で記事の品質に差が生じ、校正者ごとに修正点が違ってくることも考えられます。

レギュレーションによって、記事の方向性やルールを明らかにすることは修正にかかる手間を省き、サイトの質を維持する上でも有効と言えます。
修正に手間がかかると、記事をサイトにアップするまでに、多くの時間を費やしてしまうことになりかねません。ライターが書いた記事を速やかにサイトにアップするためにも、レギュレーションは欠かせないと言えるでしょう。

レギュレーションを作る上で、抑えるべきポイントは6つあります。Part2の「レギュレーション作成のポイント6選!」で詳しく紹介するので、webサイトの運営をしている方はぜひ参考にしてください。

まとめ

レギュレーション

レギュレーションは互いの認識の違いを最小限に抑え、円滑に記事を作成するために使われます。レギュレーションを整えるには多少の時間がかかりますが、多くのメリットがある上に、安定したサイト運営には欠かせないものなので、ぜひ作成して活用していただきたいと思います。

参考
Webライティングのルール・レギュレーションの作成方法 [記事執筆の品質を上げるコツ]
Webメディアでの校正・校閲とは?校正者が語る作業内容と必要スキル

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top