【サイテーション?被リンク?】SNSでシェアされるSEO効果とは?

この記事をシェアする

人気のブログやメディアで、コンテンツがSNS上でシェアされるように様々な取り組みがされています。実際、SNSの影響力を利用してwebサイトをより多くのユーザーに届けることができます。しかしSNSでシェアされることで直接的にSEOの効果をもたらすことはありません。ではなぜ各サイトで注力されているのか詳しく解説します。

SNS上のシェアに直接的なSEO効果ない理由

SNS上のシェアに直接的なSEO効果がない理由にWebサイトで設定されている「nofollow属性」が影響しています。これは被リンクによってSEOに影響を与えないようにする設定です。nofollow属性とSNSの関係を詳しく解説します。

nofollow属性

nofollow属性とは検索エンジンがページのリンクをたどらないように指示する設定のことです。他ページにリンクの評価を渡さないように、リンクの評価を適切に仕分けることを目的としています。SNSでは日々様々なリンクが貼られて投稿がされているため、検索エンジンからの評価を下げず、プラットフォームの評価を利用されないように、nofollow属性が自動で設定されています。

間接的なSEO効果が期待できる

それでもSNS上のシェアは、間接的なSEOの効果があります。SNSで拡散されたコンテンツが話題になれば、大手のメディアでも取り上げられることもあり、被リンクを貼られたり、サイテーションの影響を受けたりと、間接的にSEOの効果を得られます。この構造について詳しく解説します。

被リンクによる効果

SNSで話題になれば、pvの多い大手のメディアなどで取り上げられることがあります。大手のメディアでコンテンツのリンクが張られれば、信頼性の高いコンテンツとして検索エンジンから評価を受けられる2次的なSEO効果があります。

それだけではなく、大手メディアのユーザーを自社サイトに流入させられるうえに、大規模なメディアで紹介されることで、信頼性のある会社やコンテンツであると認識されるようなブランディング効果も期待できます。

一方でペナルティとされるような被リンクを受けてしまう可能性もあるため、サーチコンソールなどで定期的に状況を確認するようにしましょう。

SNS上での拡散によってサイテーションが期待できる

サイテーションはリンクを貼らずに、サービス名やサービス情報に関連した書き込みや投稿がされることです。これらは検索エンジン上での指名検索を増やし、SEOにも影響を与えます。例えばTwitterで「ブログAはデジタルマーケティングの分野でためになる記事が多い」とツイートされると、Googleでもユーザーから評価を受けているブログとして評価され、検索でも上位表示される1つの要因になります。

インフルエンサーマーケティングが取り組まれる理由に、直接コンバージョンを狙う以外にも、サイテーションの効果も見込んで取り組まれています。一方で悪い評価を受けているケースなどはGoogleから悪い評価を受けてしまう可能性もあるため、良いサイテーションを受けられるようにすることが重要です。

間接的なSEO効果のためには?

このようにSNSのシェアによって間接的に得られるSEO効果ですが、より多くシェアしてもらうためにどんな工夫が必要なのでしょうか。シェアしてもらうと聞くと「バズる」を連想される方も多いかと思いますが、具体的なポイントを紹介します。

コンテンツの質を改善

何よりもコンテンツの中身が重要です。ただ情報を網羅するだけなく、コンテンツを見た人の感情を揺さぶるような内容を心掛けましょう。大前提にユーザーに不快感を与えないことを前提に、感情を揺さぶるポイントとして読み終えてから学んだことを試してみたくなる、誰かに話したくなる要素を盛り込むようにしましょう。

シェアボタンの設置

SNS上にリンクを張り付けることもできますが、コンテンツにSNSのシェアボタンを設置することで、シェアするハードルを下げることができます。コンテンツを閲覧しながらシェアしたいタイミングを逃さないように、ぺージの一番下だけでなく、サイドやファーストビューなど、複数個所設置するようにしましょう。WordPressであれば、無料のプラグインで簡単に設置できます。

SNS上のシェアによるメディアごとの特徴

SNSでシェアされる際、プラットフォームによってユーザーの特徴から、その後の反応も変わります。自社のコンテンツに興味を持つユーザーが良く利用しているプラットフォームが何かを考えましょう。プラットフォームごとでどんな投稿がシェアされやすいか、向いているジャンルについて解説します。

Twitter

SNSの中で活発にシェアされているプラットフォームです。Twitterでシェアされる動機として、他の人にも共感してほしいという思いが強いです。Twitterのユーザーは、学生から年配の方まで様々で、ビジネスアカウントとして利用されていることも多くあります。比較的様々なジャンルに適しているプラットフォームですが、良くも悪くも拡散されやすいため注意が必要です。

炎上商法ではない安定した効果を期待する場合は、日常生活やビジネスシーンで誰かに共有したくなるような役立つようなコンテンツ作りを意識しましょう。

Instagram

InstagramではTwitterほど拡散されるプラットフォームではありませんが、ハッシュタグ機能が多用されるので拡散力のあるプラットフォームです。ユーザー層はTwitterほど幅広くはなく、若年層や女性I活発なユーザーです。Instagramではユーザーが生成したコンテンツを、ハッシュタグを使って拡散してもらうことを狙います。使用レビューを集めることに適しているため、クーポン発行のような拡散するメリットを考えましょう。

SEOにおけるSNSのシェアはあくまで副産物

もちろんSNSでシェアされることに越したことはないですが、時間や費用を費やしても必ずシェアされるようになるわけではありません。まずはサイト構造のブラッシュアップや、キーワード分析など基本的なSEOを優先的に行いましょう。何から手を付ければよいかわからない方は、以下の記事で解説しているので、ぜひご覧ください。。

関連記事:SEOの優先順位決めに活かせるキーワードごとの購買意欲の大きさとは

この記事をシェアする
Scroll to Top