ご相談・お問い合わせ
平日 9:00-18:00

記事作成を外注するときの会社の選び方

記事作成を外注するときの会社の選び方

2021.06.12
この記事の著者
毛塚智彦
毛塚智彦
記事一覧
記事作成を外注するときの会社の選び方

「記事作成を外注したけれども品質が満足のいくものにならず、結局書き直すことになってしまった」こんな話をたまに聞きます。こうした失敗をしないためにはどのように外注先の会社を選べばよいのでしょうか。この記事では、企業を選ぶときの選び方や注意点をまとめています。

体制を確認する

ディレクター、ライター、校正者などどのような役割分担で制作しているかを確認しましょう。1人だけで作業しているとどうしても誤字脱字などのミスが残ってしまうため、ライター以外に原稿をチェックする担当者がいる会社を選んだほうがよいです。

作業の流れを詳細に聞く

調査、企画、構成案作成、取材、執筆、監修、校正校閲など、作業の流れを聞きましょう。

会社によってはそもそもいずれかの工程や機能がないこともあるでしょう。ただ、すべて実施することが必ずしもよいとは限りません。工程が多くなれば多くなるほど品質は上がりますが、費用も高くなっていきます。

どういうテーマで書くのがよいか聞いてみる

営業担当者から説明を受けるときに、どういうテーマで書けばよいかを聞いてみましょう。良い会社であれば、何かしらあなたの会社に合いそうなテーマをその場で提案してくれると思います。重要なのはあなたの会社のビジネスモデルや顧客像への理解があるかです。会話していくなかで、事業の詳細をヒアリングして認識合わせをして、口頭だけでもいいのでテンプレートの営業資料だけではない提案をしてくれる会社を選ぶとよいでしょう。

会社の実績や出来上がったものに目を通す

その会社が過去に制作したコンテンツのURLサンプルをもらい、品質を確認します。自社が求める水準で書ける会社なのかチェックしましょう。

取引先企業のリストももらい、あなたの会社と同じ業種業界でどのような会社と取引しているかを確認するのもおすすめです。

なお、SEOに強いことをアピールする記事作成会社のサイトには、このキーワードで1位を獲得したといった実績が書いてあることがありますが、具体的にURLを送ってもらったほうがよいでしょう。

SEOのためにどのような取り組みをしているのかを確認

どんなテーマで記事作成するにしても、SEOは関連してきます。SEOとはGoogleなどの検索エンジンで狙ったキーワードで自社のWebページを上位に表示させるための方法のことです。

SEOを理解している会社と、そうではない会社で集客力に大きな差が開きます。そのため、SEOを考慮した記事を作成する仕組みができているかを確認しましょう。

SEOができる会社であれば、調査分析、対象とするキーワードの選び方、記事タイトル、見出しの作成方法などの方法を聞けば発注前でも教えてくれるはずです。

快適にコミュニケーションが取れる会社かやり取りから判断

返信のスピード感に代表される対応の良さを確認しましょう。すぐ返事がくる会社と、次の日に連絡が来る会社ではまったく進み具合が変わってくるでしょう。

また、やり取りはメールだけなのか、SlackやチャットワークやMicrosoft Teamsなどのコミュニケーションツールを使えるかでも快適さは変わってきます。

コストは安すぎない、高すぎないか

記事作成は安ければ安いほどよいというわけではありません。特に時給換算したときに、最低賃金を下回るのではないかと感じる金額で依頼できるような会社は避けたほうが無難でしょう。ライターにはその会社に支払った金額よりもさらに安い金額で書いているわけです。

逆に多くの金額をかければ品質は高くなるでしょうか。ある程度の金額までは価格と品質は比例する傾向があるでしょう。ただし、ある程度の金額で品質が上がりにくくなるでしょう。

著者プロフィール
毛塚智彦
毛塚智彦

2006年からデジタルマーケティングを開始し、2008年にサイトエンジンを創業しました。 SEO、コンテンツマーケティングが得意です。 Twitter

コンテンツマーケティング支援サービス 資料請求はこちらから

page top