fbpx

構造化データテストツールとは?特徴と使い方を解説

Webサイトの最適化やSEOに重要なツールである「構造化データテストツール」の使い方を知っておきましょう。その後継ツールである「リッチリザルト テスト」の使い方を解説しています。「サーチコンソール」を使って構造化データをテストする方法についても確認しましょう。

構造化データテストツールとは

構造化データテストツールとは、Webサイトの構造化データが適切かどうかをテストするためにGoogleが公開しているツールです。インターネット上で動作し、だれでも無料で使用できます。

Googleの「構造化データテストツール」は廃止される予定ですが、後継のツールとして「リッチリザルト テスト」というツールがリリースされました。新しいツールも旧ツールと同じように、Webサイトの構造化データが適切かどうかをテストできます。

リッチリザルト テスト

そもそも「構造化データ」とは

構造化データとは、検索エンジンがWebページの内容・構成を適切に読み込めるようにするためのコードです。

検索エンジンは、Webページを記述するための基本コードである「HTML」によってWebページの基本的な内容や構成を読み込みますが、それを補助するために構造化データが役立ちます。

Webページの内容を単なる文字列としてだけでなく「商品の価格」「レシピ」「イベントの日時」など、書かれている「意味」を検索エンジンに理解させるためのコードです。

検索エンジンがWebページの内容を詳しく理解することは、次の項目で解説するとおり、「検索結果でどのように表示されるか」に影響を与えます。

なぜ重要?構造化データを最適化するメリット

構造化データを最適化することは、なぜ重要なのでしょうか。その2つのメリットを解説します。

「リッチリザルト」に対応できる

構造化データを記述すると、検索エンジンがWebページ上の内容を詳しく理解できるようになり、検索結果でそのページを「リッチリザルト」で表示することが可能になります。

リッチリザルトとは、ページのタイトルや記事説明だけでなく、レシピの調理時間や、商品の価格、イベントの日時など、さらに豊富(リッチ)な情報を加えたタイプの検索結果のことです。

検索結果を見るだけで多くの情報を得られ、どのページに何が書かれているかを把握しやすくなり、ユーザーの利便性が向上するというメリットがあります。

以前は「リッチスニペット」「リッチカード」と呼ばれることもありましたが、今では「リッチリザルト」という名称が正式です。

Search Console ヘルプ リッチリザルト

アクセス増加・SEO効果が期待できる

構造化データを記述してリッチリザルトに対応することは、検索エンジンの直接的なランキング要因ではありません。しかしWebサイトの「アクセス増加」は期待できます。

SEOでは検索結果で上位になることだけでなく、クリックされやすいことも必要ですが、構造化データはその点で貢献してくれるからです。リッチリザルトで画像やその他の豊富な情報と共に表示されることで、検索結果の画面でクリックされる可能性が高くなります。

Webページに何が書かれているのかが分かりやすくなってユーザーの利便性が向上し、間接的には「検索順位の上昇」も期待できます。

リッチリザルトの種類とツールの対応範囲

リッチリザルトには、いくつかの種類があり、2021年3月現在では合計28タイプの表示内容があります。例えば、これまでに挙げた「商品」「レシピ」「イベント」以外にも、以下のような種類があります。

  • FAQ
  • ハウツー
  • レビュー スニペット

「FAQ」では、Webページ上に作成した「よくある質問」の項目を表示するタイプです。検索結果として「よくある質問」の一覧が表示され、クリックすると答えが見られます。

「ハウツー」とは、商品の使い方や、DIYの方法などについて検索した際に、手順ごとに分けて詳しく表示するタイプの検索結果です。画像付きで表示されることもあります。

「レビュー スニペット」とは、商品やお店などの情報を調べている際に、口コミサイトの星の数やレビュー内容が一緒に表示される検索結果です。

リッチリザルトテストツールは以前、ベータ版としてリリースされ、一部のリッチリザルトにしか対応していませんでしたが、今では全てのタイプをテストできます。

リッチリザルト テストの対応範囲の情報元:Search Console ヘルプ リッチリザルトテスト

「リッチリザルトテスト」ツールの使い方

「リッチリザルトテスト」ツールの使い方を、順番に解説します。

テストしたいURLもしくはHTMLを入力する

まずは「リッチリザルトテスト」にアクセスします。会員登録やログインの必要はありません。公開されているURLなら、自身が所有していないWebサイトでもテスト可能です。

リッチリザルトテストツール

ツールにアクセスすると、以下のような画面が表示されます。

公開済みのURLをテストする場合は「URL」、未公開ページなどをコードの状態でテストしたい場合には「コード」を選択してください。

続いて入力窓にテストしたいページのURLかコードを入力しましょう。「スマートフォン用Googlebot」を選択し、「URLをテスト」をクリックします。

「スマートフォン用Googlebot」は、モバイルファーストインデックスに移行済みのサイトの場合に選択する項目です。

モバイルファーストインデックスとは、「モバイル向けのページを検索順位の基準にする」という意味です。Webサイトの運営者が設定してモバイルファーストインデックスに移行するのではなく、検索エンジンが自動的に移行します。

将来的には全てのWebサイトがモバイルファーストインデックスで評価されるため、基本的には「スマートフォン用Googlebot」でテストしましょう。

テスト結果が表示される

「URLをテスト」をクリックするとテストが開始します。しばらく待つとテストが完了し、構造化データに問題が無い場合には、以下のように表示されます。

ただしこの場合でも、下部に警告が表示されている場合があります。推奨されるプロパティを指定していない場合に表示される警告です。

警告が出ていても、大きなエラーが無く、緑の文字で「このページはリッチリザルトの対象です」と表示されていれば、リッチリザルトでの表示が可能です。

エラー内容を確認し修正する

「このテストによって判明したリッチリザルトの対象外のページ」あるいは「一部のマークアップがリッチリザルトの対象ではありません」と表示される場合は、構造化データに何らかの問題があります。

下部に表示されているエラー内容を確認して、必要な対応をしましょう。

エラー内容とその意味については、Googleの公式ヘルプで詳しく解説されているので、参考にしてください。

公式ヘルプ

「サーチコンソール」でも確認できる

構造化データにエラーが無いかどうかの確認は、「Googleサーチコンソール」(Search Console)でも可能です。

サーチコンソールは以前「ウェブマスターツール」と呼ばれていたツールで、自分の所有するWebサイトに関する、さまざまな項目を解析できる無料ツールです。

サーチコンソールにWebサイトの登録が済んでいれば、構造化データのテストが自動的に行われています。構造化データのテストのために、特別な操作をする必要はありません。

ただしサーチコンソールで解析できるのは、一部のリッチリザルトのみであり、対応していないタイプもあることに注意しましょう。サーチコンソールでテストできるリッチリザルトの種類については、以下の公式ヘルプの「サポートされているリッチリザルト レポート」の項目を参照してください。

対応しているものの一覧:リッチリザルトのステータス レポート

構造化データのエラーについて確認するには、メニューの「拡張」に表示されている項目を確認しましょう。

解析するWebサイトに構造化データが記述されていれば、「モバイルユーザービリティ」の下に、「パンくずリスト」など対応するリッチリザルトの一覧が表示されています。

何も項目が表示されていない場合、対応する構造化データ自体が存在しないということです。

エラーの有無を確認したいリッチリザルトの種類をクリックすると、詳しいレポートが表示されます。1日あたり何個のエラーが検出されているかを示すグラフです。多くの場合、一度エラーが検出されたページについては、修正しなければその後も検出され続けます。

また、「拡張」の一覧に「解析不能な構造化データ」という項目がある場合、構造化データに問題があることを意味しています。クリックして詳細レポートを確認し、必要な対応をしましょう。

まとめ

Webサイトの構造化データをテストすることは、検索エンジンのリッチリザルトに対応するために重要な作業です。Googleが公開している「リッチリザルトテスト」ツールを活用して、必要な対応をしましょう。

構造化データを最適化することは、SEOとしても重要な意味がありますが、それだけでは不十分です。良質なコンテンツがなければ、適切な構造化データを記述しても、検索エンジンからのアクセスを増加させることはできません。

サイトエンジンでは、コンテンツの作り方を含めたSEOのコンサルティングを提供しています。まずはお気軽に問い合わせください。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top