fbpx

SWOT分析とは?やり方やコツを理解して活用しよう!

マーケティング戦略を立てるためのフレームワークの中でも、SWOT分析を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。マーケティングの経験があまりない方やフレームワークを知らない方でも、まずはSWOT分析の概要やコツを理解して、活用できるようになりましょう。

SWOT分析とは

SWOT分析は、環境分析においてもっともよく使われるフレームワークです。SWOT分析とは、下図のように縦軸を「内部要因/外部要因」、横軸を「強み(プラス要因)/弱み(マイナス要因)」の2軸に分けた4つの場所にそれぞれStrength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)という名前を付け、それまでに行った環境分析の要因を4つの場所に当てはめて整理するためのツールで、SWOTは4項目の頭文字をとっています。
環境分析によって現れた様々な要素は、それぞれの要素の関係性や分類がされていないため、戦略を立てるためには要素を一度整理することが必要です。
そこで、分析結果を視覚的でシンプルに表すことができるSWOT分析が必要なのです。

SWOT分析のやり方

SWOT分析は、目的の把握、状況整理、分析をする項目の確認が大事です。SWOT分析を行うとき、どのような順番で進めるのか、何に注意すればよいのかご紹介します。

目的を確認する

まず大切になるのが目的の確認です。
目的は、自社や競合の状況、業界・市場の規模や関係性、顧客のニーズなどの複数の要素を総合的に考えて自社の課題や市場機会を整理し、効果的な戦略を打ち出すことです。

外部要因の分析

自社の強みや弱みといった内部要因は、市場や競合といった外部要因に左右されるため、まずは外部要因を分析する必要があります。
外部要因には「Opportunity(機会)」と「Threat(脅威)」が該当します。
外部要因には顧客、市場、技術、市場、法律といった多くの要素があるためどこから分析したらよいかが難しいです。そのため、基本的には3C分析やPEST分析、5フォース分析といったフレームワークを使用します。

内部要因の分析

内部要因には「Strength(強み)」と「Weakness(弱み)」が該当します。要素としては、サービス・商品、質、価格、ブランド、技術力、資金力、ノウハウなどがあります。こちらも外部要因と同様に要素が多いため、4P分析やバリューチェーン分析といったフレームワークを使用して分析します。

SWOT分析をうまく行うコツ

SWOT分析をうまく行うためには注意点やコツがいくつかありますのでご紹介します。

時間軸を合わせる

実際の事業計画などを考えるとき、その強みは今の話なのか将来の話なのかが分からなくなる場合がありますがこれには原因あります。
1つ目は、「現状の事実と将来の予測を混同して考えてしまっている」ということです。その場合、仮にもし今と将来でSWOTの状況が異なる場合は2種類SWOTを作成すればよいだけです。
2つ目は、「自社の時間軸と、競合や環境の時間軸を合わせていない」ということです。例えば、今は強みではないが、開発等が進んで強みになると予測できる要素を現在の競合と比べて、「この要素は自社の強みである」と判断してしまう場合です。開発が進んで今より進化した要素はその時の競合の同要素と比べなくてはなりません。その要素に対して競合が進化していなければその時点で強みと判断できますが、競合も開発を進めて進化している可能性は十分にあります。自社・競合や環境については、必ず現時点の時間軸で比較しましょう。

分けられない要素を残す

実際のビジネスにおいてSWOT分析を行なおうとすると、強みなのか弱みなのか判断がつかない要素がよく出てきます。そのような要素は説明できず、SWOT分析の精度が落ちてしまうことを懸念してSWOT分析の要素から外されてしまう傾向があります。しかしそのようなあいまいな要素が今後を左右する場合もあるので、プラス・マイナスの判別がつかない要素に関してはSWOTとは別の枠を設けて残しておくことが大切です。

SWOTから作らない

SWOTは環境分析の整理をもとに今後の戦略を考えるため、いきなりSWOTから作り始めると様々な要因が抜けてしまう可能性があります。まずは環境分析をするためのフレームワークを使用したうえでそれらをSWOT分析で整理すべきです。

SWOT分析の前に行うべき環境分析

SWOT分析は環境分析した結果を整理するために使うフレームワークなので、SWOT分析をする前に様々な環境分析を行う必要があります。そこで環境分析を行う上で便利な分析のフレームワークを紹介します。

PEST分析

PEST分析はマクロ分析に分類される分析方法で、自社の業界を取り巻く環境要因を広く見るためのフレームワークです。
PEST分析は
・Politics(政治的要因)
・Economics(経済的要因)
・Social(社会的要因)
・Technology(技術的要因)
の4つの視点で考えます。
業界におけるそれぞれの要因が、自社にとってプラスかマイナスかを判断します。

5フォース分析

5フォース分析は業界の魅力度を考えるためのフレームワークとして、ハーバード大学のマイケル・ポーターによって提唱されたものです。

参照:5フォース分析とは何か?ポーター教授考案、競争戦略フレームワークの基本

ここでの業界の魅力の基準は、収益を上げやすい業界かどうかです。
業界の収益性は
1.新規参入の脅威
2.業界内の競争の度合い
3.代替品の脅威
4.買い手の交渉力
5.売り手の交渉力
という5つの力合で決定されるとポーターは定義しました。
5フォース分析は、1つの業界だけに当てはめてもわかりにくいため、ほかの業界に対しても5フォース分析を行い相対的な魅力度を見ることが使いこなす上で重要です。

バリューチェーン分析

バリューチェーン分析は事業を顧客に対して直接付加価値を付ける主活動と、その主活動を支える支援活動に分類し、どの工程で付加価値(バリュー)を出しているのかを分析するフレームワークです。自社競争優位の源を探すツールとも言えます。
例えば、製造、出荷物流、マーケティング、販売などは主活動に当たり、技術開発、会計、人事、財務などは支援活動に分類されます。
バリューチェーン分析は自社や競合に対して行うことで自社の強みの整理と、外部要因の変化によって競合がどう動くのか、業界がどう変化していくのかを把握することが目的です。

3C分析

3C分析は競争優位性を確認するためのフレームワークです。市場と競合という外部環境の分析から成功要因を導き出し、自社の状況と照らし合わせて戦略を考えます。
3C分析は、
・Customer(顧客)
・Competitor(競合)
・Company(自社)
という3つの項目から競争優位性を確認します。
3C分析についての詳しい解説はこちらをご覧ください。

3C分析とは?具体的な手順や方法を初心者向けに簡単解説!

4P分析

4P分析は、市場を分析することで自社の強みや弱点を見つけて立ち位置を把握することができます。
4P分析は、
・Product(製品)
・Price(価格)
・Place(流通)
・Promotion(プロモーション)
という互いに作用する4項目を組み合わせて活用するので、マーケティング・ミックスとも呼ばれています。
4P分析についての詳しい解説はこちらをご覧ください。

4P分析とは?目的やテンプレート、事例から学ぼう

WebマーケティングにおけるSWOT分析

SWOT分析は、もちろんWebマーケティングに活かすことができます。Webマーケティングにおいて、SWOTはどのような要素が当てはまるか想像できますか?わかりやすいように外部要因と内部要因に分けてみてみましょう。

Webマーケティングにおける外部要因

Webマーケティングにおける外部要因は、トレンドや検索エンジンのアップデートがあります。トレンドをつかみ、いち早く関連するコンテンツを作成することや、検索エンジンのアップデートに最適化できるようにサイト運営をすることはWebマーケティングにおいて必須です。そのため、常に自社がどのような状況なのか知ることができるSWOT分析が効果的です。

Webマーケティングにおける内部要因

Webマーケティングにおける内部要因はドメインパワー、コンテンツの量・質、滞在時間、直帰率などです。これらのデータは日々変化し、データによっては1つの施策で弱みだったものが強みになる可能性があるので、常に把握しておかなければいけません。日々変化するデータを見て、その中の強みをさらに活かし、弱みを改善するためには、SWOT分析を用いて視覚的に理解することが有効です。

SWOT分析とSEO

SEOの最適化を目指す時にリンク、コンテンツ、クローラビリティ、サイト設計、タグ、インデックスといった様々な要素があり、これらの要素もまた細分化されます。細分化された要素に対して、自社の状況や競合の分析をおこなった上でSWOT分析をすることで、今後どのような施策を打つべきかがわかります。

事例紹介①任天堂

実際に、SWOT分析をどのように考えるかの例をご紹介します。
1社目はゲーム業界で圧倒的人気を誇る任天堂です。強みはすぐに思い浮かぶかと思いますが、任天堂にとっての脅威や弱みにはどのような要素があるのか見てみましょう。

外部要因

Opportunity(機会)

  • ゲームの需要が上がっている
  • メディア露出

Threat(脅威)

  • スマホゲームの普及
  • 海賊版ソフトの流通

内部要因

Strength(強み)

  • ゲーム業界のトップである
  • 日本だけでなく世界で人気
  • 高いブランド力

Weakness(弱み)

  • 人気コンテンツ、人気キャラクターに依存
  • スマホアプリに弱い

任天堂は「マリオカート ツアー」「スーパーマリオ ラン」といった、人気コンテンツのアプリバージョンをリリースし始めています。ブランド力を活かしつつ、アプリで新しいコンテンツを生み出すことができれば、弱みを強みに変換することができるでしょう。

事例紹介②日本コカ・コーラ

2社目は日本コカ・コーラです。数多くの人気飲料を販売している日本コカ・コーラではどのようなSWOTがあるのか見ていきましょう。

外部要因

Opportunity(機会)

  • 消費者の健康志向が高まっている
  • オリンピックの公式パートナーである

Threat(脅威)

  • 自販機の需要が低くなっている
  • 飲料事業の競争が激しくなっている

内部要因

Strength(強み)

  • コカ・コーラをはじめとした人気商品を販売している
  • コンビニや自販機といったチャネルを持っている

Weakness(弱み)

  • 消費者の節約志向や景気低迷によって売り上げが伸びていない
  • 現在主流の容器であるペットボトルのコストが缶などと比べると高い

現在、日本コカ・コーラは国民の健康志向の増加に対して、カロリーゼロや
シュガーフリー製品に力を入れることで対応しており、これからも拡大していくと予想できます。このように消費者ニーズを受け入れ、機会に対する行動が早いことが現在も人気である要因でしょう。

SWOT分析で効果的なマーケティング戦略を打ち出そう

SWOT分析をするための様々な環境分析には多少時間がかかりますが、SWOT分析自体はそこまで難しいものではありません。今回お伝えした方法やコツを理解すると、自社にとってより良い戦略を打ち出すための手助けとなるでしょう。
SWOT分析の結果をもとに、デジタルマーケティングやコンテンツマーケティングご支援が必要な際はぜひサイトエンジンにご連絡ください! 

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top