この記事をシェアする

YouTubeやスマートフォンの登場とともに、インターネットで動画を視聴することが手軽にできるようになりました。FacebookやTwitter、Instagram、TikTokなどのSNSでも動画コンテンツを日常的に目にしていると思います。

視聴だけでなく、TV局のような機材がなくても、スマートフォン1つあれば動画を撮影して、編集し、YouTubeで公開をすることができる時代です。

企業はデジタルマーケティング、ウェブマーケティング、そしてコンテンツマーケティングにおいて、動画を使うという選択肢がより身近になってきました。

動画マーケティングという言葉が登場し、マーケティング活動で動画を活用している企業がいる一方で、まだまだ、企業の動画活用が一般化していないのが現状です。

今回は、企業が動画をいかに活用したらいいのか。そのポイントをシェアいたします。

動画活用のメリットとデメリット

動画を使うメリット

動画を使うメリットは、なんといっても「伝えられる情報量が多い」ことです。「百聞は一見にしかず」ということわざの通り、テキストや写真で伝えるよりも、動画で見せたほうが、伝えやすいものは多くあります。例えば、以下の場面では動画が有効です。

場所(どんな場所なのかを伝えたいとき)
人(人柄や雰囲気を伝えたいとき)
操作方法(使い方や手順を伝えたいとき)

テキストや写真だけでは伝わらないもの(音や雰囲気)を、動画を使うことで伝えることができます。

動画を使うデメリット

動画にもデメリットがあります。それは、作るのに手間と時間がかかるという点です。動画は、撮影だけでなく、編集作業が伴います。また、テキストであれば、あとから誤字の修正などの手直しをすることができますが、動画の場合は、テキストほど簡単に修正することができません。また外部に動画作成を依頼すると、クオリティが高い動画を作れますが、その分、費用もかかります。

動画を活用するときに理解しておくべき4つのポイント

コンテンツマーケティングにおいて動画を活用するときに、理解しておきたい点を4つ紹介します。

1.目的に合わせた動画を作る

動画を活用するときに、目的に合わせた動画を作ることが重要です。動画とはあくまでも形式の1つであって、何でもかんでも動画にすればいいということではありません。
PRや宣伝が目的ならば、CMのような動画を作ってもいいですが、SNSでファンを獲得したいのであれば、CMのような動画は適しません。もっとリアルな生々しい動画を作ったほうが合っています。
「誰に何を伝えたいのか?」をしっかり考えて、それを実現できる動画は、どんな動画なのかを考える必要があります。

2.目的に合わせたプラットフォームを選ぶ

さらに目的に合わせたプラットフォームを選ぶことも重要です。
例えば、Webサイトで会社のイメージを伝えるような動画を載せるのならVimeoがいいでしょう。Vimeoは動画を安定して綺麗に再生できる、再生画面のカスタマイズができるというメリットがあります。

動画をより多くの人に見てもらいたいということなら、YouTubeがいいでしょう。YouTubeはGoogle検索に次ぐ検索プラットフォームであり、世界中で多くの人がYouTubeの動画を視聴しています。YouTube広告を使うことも可能です。

他にもFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSで動画を公開することで、より多くの人に視聴してもらうことができます。ただし、それぞれ投稿できる動画の長さに違いがあるので、注意が必要です。

3.リアルを伝えて信頼の獲得につなげる

コンテンツマーケティングにおいて、動画を使うときに意識をすべきなのはリアリティです。先にも書いた通り、動画ではテキストや写真では伝えきれない、多くの情報を伝えることができます。そして、その多くの情報によって、強力な信頼を作ることが可能です。

例えば次の動画は「片付けトントン」の動画です。部屋の清掃など片付け業務を行っている会社が公開しています。

4.動画をテキストや写真と合わせて使う

動画の活用では、動画を単体のコンテンツとして使う以外に、テキストや写真のコンテンツと組み合わせて使うこともあります。 例えば、料理や物販の商品紹介など、テキストや写真だけでも伝えられますが、そこに動画を加えることで、より伝わりやすいコンテンツにすることができます。
商品の使い方や操作方法は、操作手順をテキストと写真で説明するだけでなく、動画での説明もあれば、ユーザーにとってより分かりやすいコンテンツとなります。

他に動画を載せているコンテンツがないのであれば、テキストと写真で説明されているコンテンツが多くても、動画を載せるだけで十分な差別化を図ることができます。

まとめ

TVCMのような動画を作る必要はありません。素人っぽさがリアリティのある動画を作ることもあります。リアリティがあるというのは「嘘っぽさがない」ということです。動画の音質や、暗くて見づらくならないよう明るさに注意し、見ている人が視聴しやすい動画を意識すれば大丈夫です。

コンテンツマーケティングにおいて、そのコンテンツの質は重要です。もちろん無理に動画を使っても意味はありません。テキストや写真だけでなく、そこに適切な動画を加えることで、コンテンツが大幅に分かりやすくなり、コンテンツ自体の信頼度が高くなります。

コンテンツのターゲットに合わせ、動画があったほうがより良質なコンテンツになるのではないか?という問いを頭の片隅に置いておきましょう。

氏名:遠藤聡
プロフィール:中小企業のWeb・SNS業務を中心にサポート。月間約20万PVの「WEBマスターの手帳(ブログ)」を運営。Webマーケティング関連の情報を初心者にも分かりやすく発信。【著書】スピードマスター 1時間でわかるSEO対策(技術評論者)

この記事をシェアする