ご相談・お問い合わせ
サイトエンジン株式会社
平日 9:00-18:00

バイラルメディアとは?4つの特徴や国内の成功事例を紹介

2021.09.17
この記事の著者
浅井摩歩
浅井摩歩
記事一覧

こんにちは。サイトエンジンの浅井です。
バイラルメディアとは、話題性やインパクトがある動画や画像を発信するコンテンツで、SNSによる拡散力を利用しトラフィックを集めるメディアのことです。
今回は、バイラルメディアの特徴や、他のメディアとの違い、国内事例について紹介します。バイラルメディアについて理解を含め、自社の方向性に合ったメディアを作るようにしましょう。

バイラルメディアとは?

まず、バイラル(viral)とは英語で「ウィルス性の」といった意味があります。バイラルメディアは、SEOにより流入獲得を目指す従来のメディアとは異なり、TwitterやFacenbookなどのSNSからの流入獲得を目的としたメディアになります。見ていて思わず誰かにシェアしたくなるような話題性のある情報や、インパクトのある動画や画像を発信することで、SNSで爆発的に拡散されメディアへの流入が増えます。

バイラルメディアの特徴4つ

バイラルメディアにはどういった特徴があるのか具体的に4つのポイントを説明します。

1.集客方法はSNS

先述の通り、SEOによって流入を増やす従来のメディアとは異なり、SNSを介してユーザーを獲得することが目的のメディアです。SNSで拡散され、インターネット上で話題になるほど、PV数が伸びます。そういった状態は一般的に「buzz(バズ)」と言われ、より多く、より広く情報を拡散することが可能になります。

2.拡散しやすいシンプルなデザイン

記事のすぐ下にTwitterやInstagramなどのSNSのシェアボタンが配置されており、簡単にシェアできるようシンプルな構造にしているメディアが多いです。
また、SNSの利用者は主にスマートフォンユーザーが多いため、レスポンシブ対応されたレイアウトも特徴的です。

3.明確なコンセプトと読みたくなる魅力的なタイトル

バイラルメディアにおいて、ユーザー数を増やすには、どういった内容を取り扱うメディアなのかを明確化させることが重要です。また人を惹きつける魅力的なタイトルが特徴的で、クリック数が上がることで記事を見られる機会が増え、シェアされやすくなります。

4.参入しやすい

バイラルメディアは、オリジナリティのあるコンテンツを作って集客するというよりは、話題性のある画像や動画を取り上げて作ることができるメディアなので、比較的参入しやすいメディアです。既存のコンテンツを利用して簡単に作れてしまう分、類似メディアが増えてしまい差別化を図るのが難しいといった課題があります。

キュレーションメディアやバーティカルメディアとの違い

バイラルメディアと混同されがちなメディアの種類として「キュレーションメディア」や「バーティカルメディア」が挙げられます。それぞれのメディアの特徴やバイラルメディアとの違いについて解説します。

キュレーションメディア

キュレーションメディアとは、特定のジャンルをもとに、それに関連する既存の情報を網羅し、整理整頓してユーザーに配信しているメディアのことをいいます。興味のあるジャンルを選択すれば、情報の多くを1つのメディアで得られるため、ユーザーにとって利便性が高いです。例としては、「スマートニュース」や「グノシー」などが挙げられます。バイラルメディアとは異なり、SEOによる流入がメインです。

バーティカルメディア

バーティカルメディアとは、一つの専門分野に特化し、深堀りしたメディアのことをいいます。ペルソナを絞りやすいため、ターゲティングのしやすさや広告の収益化のしやすさが特徴です。例としては、「クックパッド」や「macaroni」などが挙げられます。「バズる」コンテンツを集めたバイラルメディアとは異なり、金融や食・医療など専門的な情報に特化している分、一つの分野に対して深く知りたいユーザーのニーズを満たすことができます。

バイラルメディアの国内事例

それでは国内にはどのようなバイラルメディアがあるのでしょうか。具体的な事例を2つ紹介します。

grape(グレイプ)
株式会社グレイプが運営しており、トレンド・エンタメ・ライフスタイル・ホビー・社会など幅広いジャンルのコンテンツをまとめています。話題のニュースやユーザーが共感したくなる日常の出来事を中心に構成されたメディアです。

grape(グレイプ)

CuRAZY(笑うメディア クレイジー)
株式会社スマートメディアが運営しており、Twitterのトレンドにあがった動画や画像だけでなく、無料で楽しめる漫画や心理テストなど、短い時間で楽しめる情報をまとめたメディアです。

CuRAZY(笑うメディア クレイジー)

まとめ

自社メディアで集客していくためには、メディアの方向性を固めたうえでコンテンツを作っていく必要があります。バイラルメディアやキュレーションメディア、バーティカルメディアそれぞれの特徴を理解し、自社に合ったメディアを作るようにしましょう。

著者プロフィール
浅井摩歩
浅井摩歩

サイトエンジン株式会社でコンテンツディレクターをしている浅井と申します。 愛知県在住、フルリモート勤務しています。 Webマーケティングの勉強中です!コンテンツのクオリティ向上のため日々精進しています。 よろしくお願いいたします。

資料請求はこちらから

かくたまのコンテンツマーケティング支援サービスについて、
詳しく掲載された資料を今すぐ無料ダウンロード!

こんな方にオススメです
  • 料金を知りたい
  • 成功事例を知りたい
  • 社内での提案で資料が必要
page top