fbpx

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは何か?分かりやすく解説!

デジタルトランスフォーメーション(DX)とはどのような意味でしょうか。その意味について、他の似た用語との違いを含めて確認しましょう。DXとは具体的に何をすることなのか、なぜ重要なのかなど、実務的な面も解説しています。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の定義

デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)とは、デジタル技術によって引き起こされる変革のことです。それは会社内部だけでなく、業界全体、場合によっては社会全体に影響を与える変革のことを指しています。スウェーデンのウメオ大学教授エリック・ストルターマンによって、2004年に提唱されました。略語はDTではなく「DX」です。

経済産業省ではDXを以下のように定義しています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。

引用元:https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181212004/20181212004-1.pdf

単なる「IT化」ではない社会的な変革

DXは、単なる「IT化」のことではありません。

IT化とは、業務効率化・人件費削減などを「目的」として、情報化やデジタル化を進めるものです。

一方のDXは、ITの導入による効率化や人件費削減も含め、デジタル技術によって会社組織だけでなく業界や社会にまで影響を与えるほどの「変革」をすることです。

DXを起こすためにはテクノロジーの導入だけではなく、経営方針やビジネスモデル、組織形態そのものを見つめ直す必要があります。

「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」との違い

DXと似た言葉である「デジタイゼーション」「デジタライゼーション」との違いを確認しておきましょう。

両方ともDXに関係する要素ですが、もっと小規模な変革を指しています。

「デジタイゼーション」は、既存の業務やシステム・製品などをデジタルに置き換えることです。業務効率化やコスト削減を主な目的としています。

「デジタライゼーション」はより大きな変革であり、自社のビジネス全体にデジタル技術を導入します。デジタル技術を活用することで自社のビジネスモデルを変革し、新たな事業価値や顧客体験を生み出すことを目的とするものです。

デジタライゼーションを実行して「競争上の優位性を確立」し、業界の流れやユーザーの生活スタイルなどに影響を与えることで、DXを達成できます。

事例で考える「DXとは何か?」

「DXとは何か」を具体的に知るために、DXに成功している2社の事例を紹介します。

開発の高速化に成功「株式会社Cygames」

株式会社Cygames(サイゲームズ)は、「グランブルーファンタジー」や「シャドウバース」などのゲーム開発で知られる会社です。

ゲームなどの開発業界では、プロジェクトごとに作業の流れが大きく異なり、運営体制がバラバラになりやすい傾向があります。

その点を解決するため、各プロジェクトの開発を高速化するために「開発運営支援チーム」を編成。社内の全てのプロジェクトで、デジタル技術による「自動化」を進め、開発を高速化するためのチームです。

このチームが各プロジェクトを「横断的」に支援することでノウハウの共有がなされ、会社全体の開発作業を高速化することに成功しています。

内見の方法を変革「株式会社スペースリー」

株式会社スペースリーは、360度VRコンテンツ制作と活用のためのクラウドソフト「スペースリー」を提供している企業です。

「スペースリー」は不動産業者、ハウスメーカー、リフォーム会社などに多く導入されています。

VRコンテンツを利用すれば「自宅にいながら内見ができるサービス」を顧客に提供できます。非対面による内見が可能で、新型コロナウィルス対策にもなるサービスです。

VRで内見ができるソフトウェアを提供することで「不動産の内見」という概念そのものに影響を与え、不動産業界を変革するDXの事例です。

DXについて考える重要性・メリット

DXを目指すことの「重要性」や「メリット」を確認しておきましょう。

2025年の崖から落ちないために必要

DXは「2025年の崖」への対策として重要です。

2025年の崖とは、日本の企業が現状のシステムをこのまま変革せずにいると、2025年から2030年の間に最大で「年間12兆円」の損失が発生するという試算のこと。

これは経済産業省が発表した『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』の中で述べられています。

「2025年の崖」を乗り越えるためには、最初のステップとして、基幹システムの変革を着実に実行していくことが重要です。DXを実行するには強い覚悟とコストが必要ですが、2025年の崖を越えるために多くの企業が取り組んでいます。

新しいビジネスアイデアを生むために重要

DXは、世の中にそれまで存在しなかったような画期的なビジネスを生み出すためにも重要な意味があります。

世の中の流れに合わせるだけでなく、自らが「新しい流れをつくる」のがDXです。

競合他社が次々とDXを進める中で、自社が生き残っていくためには、既存のビジネスを「守る」だけでなく、新しいビジネスを始めて「攻め」に出ることも求められるでしょう。

DXを実行することは、固定概念や常識を超えるような変革をもたらす可能性を秘めています。

DX対応の進め方

企業がDXを進めていくためには何をすればよいのか、順番に解説します。

既存の業務・サービスをデジタルに「置き換える」

まずは、既存業務の「デジタイゼーション」から始めましょう。

「クラウド」「AI」「5G」など最新のデジタル技術について学び、自社が使える分野がないかを検討しましょう。

そのためには、デジタルに強い人材を集めることから始める必要があるかもしれません。これまでデジタルに力を入れてこなかったとすれば、まずは会社として「デジタルに強くなる」ことが前提。

デジタル技術による「ビジネス拡大」を図る

次のステップは「デジタライゼーション」の段階です。既存のビジネス全体をデジタル化するだけでなく基本戦略から見直しを図り、これまでに利用してこなかったチャネルの活用や、新しい顧客体験などを計画して、ビジネス拡大を図りましょう。

サービスや事業内容によっては、これだけで業界に影響を与えるような強いビジネスが構築され、DXにつながることもあります。

社会に求められる「新しいビジネス」を構築する

今後、企業が生き残るためにはDXを実現し、新しいビジネスの創出、データの蓄積や解析、AI活用などに取り組むことが不可欠です。デジタル技術により、既存のビジネスが全く新しいビジネスに取って代わることもあり得るでしょう。

既存のビジネスモデルに固執している会社は、競争力が低下していくリスクが高まります。

時代の流れに逆行することなく、クラウドやビッグデータの解析といった技術を活用し、次世代のビジネスモデルを構築して「競争上の優位性」を確立することが求められています。

「オープンイノベーション」の利用も検討する

全く新しいビジネスを始めるために「オープンイノベーション」を活用できるかもしれません。

オープンイノベーションとは、研究開発をするために社内のスタッフだけでなく、他社など「外部」のノウハウやリソースを活用することです。

従来の研究開発というと「企業秘密」として社内だけで行われることが多くありましたが、それでは利用できるリソースに限界があります。社外の力を借りることで、研究開発を迅速に進められるようにするという発想がオープンイノベーションです。

特にスタートアップ企業がオープンイノベーションを導入することは、画期的なアイデアを効率的に実現できる可能性を秘めています。新しいビジネスを始める手法の一つとして参考にしてみてください。

まとめ

DXは、デジタル技術による変化が激しい市場で、生き残るために不可欠な考え方です。

生産性の向上や既存の製品・サービスに付加価値を与えるだけでなく、新製品・サービスの創出に向けて、全社的にDXに取り組んでいきましょう。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top