fbpx

人材業界のマーケティング コンテンツマーケティングのご紹介

就職活動などで深く関わる人材業界ですが、新規参入しやすい特性もあり、その企業数は多く生き残りが難しい業界でもあります。その人材業界の現状とマーケティング手法について紹介します。

人材業界のマーケティング手法

営業活動に直結するマーケティング手法に、「アウトバウンドマーケティング」と「インバウンドマーケティング」と呼ばれるものがあります。当記事では、アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングの違いについて説明します。

テレアポ・飛び込み、FAX 

人材業界の営業マンの営業手法は、ほとんどがアウトバウンドマーケティングになります。
テレアポ、飛び込み、FAX、ダイレクトメッセージ(DM)などがあり、インターネットによるアプローチが無かった時代からある、古い営業手法です。
潜在的な需要のある顧客に対して、直接アプローチをして、認知の拡大やアポイント設定などの露出を増やすことが目的です。人材業界では今でも変わらず重要な営業手法と言えます。

テレアポ・飛び込み、FAXのメリット

  • ダイレクトにクライアントへアピールするため即効性がある
  • 広告などを用いることで不特定多数の人へ同時に営業活動が可能

テレアポ・飛び込み、FAXのデメリット

  • 費用対効果が悪い コストをかけた分だけ成果が出る仕組み、コストと成果が比例している
  • 持続性がない 広告など最初はインパクトがあったとしても、時間がたつと飽きられ持続性がない

インバウンドマーケティング

クライアントから自社を見つけてもらうことを目的としたマーケティングの手法です。インバウンドマーケティングは日々形を変えています。以前はテレビCMや街の看板、雑誌など、広告を打ち出す先が地域程度でしか絞れなかったものが、性別、年齢、興味などでピンポイントでターゲッティングすることができます。

インバウンドマーケティングのメリット

  • 顧客との関係を構築できる
    「押し売り」ととられるような一方的なアプローチではないので、顧客に受け入れられやすい点があります。顧客に嫌われるリスクが低く、好印象や安心感を持ってもらえます。
  • 営業活動のコスト削減
    ターゲットを絞って効率的にアプローチするため、営業コストと広告・宣伝コストを省くことができます。
  • コンテンツが資産になる
    顧客が欲しいであろう情報をもとにしたコンテンツを蓄積していけば長期的に営業活動に寄与する資産となり、価値を持ち続けるものになります。

    自社メディアを持つことでそこに訪れる顧客の興味・関心の傾向を知ることができ、次につなげられる点もメリットです。

インバウンドマーケティングのデメリット

  • 費用対効果が不透明
    広告費に対する効果測定などができない要素があり、費用対効果を正しく測定することは難しいです。
  • 人的コストがかかる
    継続的に効果的にインバウンドマーケティングを運用するためには、専門の担当者を配置する必要があります。種類も豊富なため始めは外注に頼る部分も多くあり内製で進めるには時間がかかります。
  • 成果が出るまでに時間がかかる
    インバウンドマーケティングでは効果が出るまで一定の時間を要するのが一般的です。中長期的施策が多いので、短期間で施策の良し悪しを判断することができない点があります。

注目度の高いコンテンツマーケティング

インバウンドマーケティングの中で、自社メディアにコンテンツをアップして流入を図る手法がコンテンツマーケティングです。コンテンツはサービスに直結するものだけではなく、サービスに近しいお役立ち情報をコンテンツとしてアップすることが主流となっています。新規ユーザーの獲得から、既存ユーザーを引き留める効果もあります。

人材系会社が取り扱うコンテンツテーマ

各社がコンテンツとして取り上げている傾向の高いテーマを紹介します。

クライアント(採用中の企業の人事担当)からの問い合わせを獲得するためのコンテンツ

人材会社では対社外で最も接点があるクライアントが人事担当者になります。人事担当者が気になっている、求めている情報を考えてコンテンツを作りましょう。考えるうえで重要なポイントが人事担当者が業務上で悩んでいることをテーマにすることです。
以下が例になります。

  1. 戦略人事・経営
    人材育成、チーム・組織開発など
  2. 中途採用、新卒採用
    採用のノウハウや、採用ページの作り方など

求職者を集めるためのコンテンツ

求職者を集めるコンテンツについても考え方は同様になります。求職者がどのような情報を求めているか、悩んでいるかについてです。一方で内容を一般の方向けに寄せてしまうと、ターゲットがブレてしまいます。転職するタイミングなど限定した属性のふと人の悩みに絞ってコンテンツを作ることが大切です。以下が例になります。

  1. 手続き系
    退職時、転職時の書類についてなど
  2. 仕事紹介
    今伸びている業界や業種の紹介記事など

コンテンツマーケティングを取り組んでいるが成果が上がらない要因

既にコンテンツに取り組んでいるが、上位表示されなかったり、サイトへの流入数が増えないという事象があります。いくつか要因がありますが、そもそもの手法として短期間で効果を見込めない構造にあるため、一定期間様子を見ることが必要です。しかしいつまでも効果が見られない場合に考えられる要因の1部をご紹介します。

SEO対策が取れていない記事をアップしている

サイトへの流入を図るためには、対象となるユーザーが検索する際に使用するキーワードを盛り込んで、記事を作成することが重要です。キーワードが盛り込まれていなかったり、集客したいターゲットとブレたキーワードになってしまっていることが多々あります。キーワードを抽出するマーケティングツールを導入して手k氏悦なコンテンツをアップしましょう。

検索エンジンからの評価

キーワードを盛り込むだけではなく、正確で充実した情報が盛り込まれているかなどを検索エンジンより評価されています。また人材業界のメディアで、芸能人のニュースのような本来のサイトの方向性と違うコンテンツをアップすると、検索エンジンからの評価がぶれてしまい、本来のジャンルで上位表示されない事象があります。Googleのアルゴリズム等もチェックし、Googleから受ける評価も意識することが重要になります。

まとめ

コンテンツマーケティングは人材系の数々の企業で導入されている新しいマーケティング手段ですが、制作には時間もリソースも必要になるため、外注でコンテンツを作成することをおすすめします。お困りごとがあればお気軽にご連絡ください!

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top