fbpx

Googleキーワードプランナーの使い方と検索ボリュームの調べ方

Googleキーワードプランナーの使い方や検索ボリュームの調べ方で困っていませんか?キーワード検索ツールの中で代表的なGoogle キーワードプランナーについてご紹介します。

Google キーワードプランナーとは

Google キーワードプランナーは

  • 自社の業界でよく検索されているキーワードを知る
  • 広告出稿の予算をシミュレーションする
  • 商品についてよく検索されている時期を確かめる
  • 競合が少ないキーワードをチェックする
  • 自社サイトに関係のあるキーワードを確認する

ためのツールで、コンテンツ作成や広告出稿する際のキーワード選定に役立ちます。

まずは、Google広告アカウントの登録

キーワードプランナーを使うにはGoogle広告アカウントが必要です。広告の目的やWebサイトのURL、広告についての設定、アカウント情報を入力してGoogle広告アカウントを作成します。このとき、広告の料金を設定してクレジットカード番号を登録しますが、キーワードプランナーを使うためにGoogle広告アカウントを作成した方は、すぐに広告を停止すれば支払いは発生しないのでご安心ください。広告停止の方法も本記事でご説明しています。

ビジネス概要の入力

広告の主な目標を選択

「ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」を選択

お店・サービスの名前を入力

自社のWebサイトのURLを入力

WebサイトのURLを貼り付けます。「次へ」をクリックするとサイトのプレビューが表示されるので、「次へ」をクリックします。

広告の作成

広告を作成する

右の広告プレビューを見ながら設定します。(テストと入力されている箇所以外は自動で入力されますが、広告出稿予定のない方には関係ない、出稿する際も後で変更できるという理由から、今は気にしなくて大丈夫です。)

キーワードの設定

おすすめのキーワードのテーマから選択するか、調べたいキーワードを直接入力してテーマを追加します。(画像の青い部分のように、最初からいくつか選択されている場合があります。)

表示する地域の設定

広告を表示したい地域を設定します。(サイトエンジン株式会社は、東京都にあるため、住所情報から自動で東京都、神奈川県が選択されていました。)

予算の設定

キーワードプランナーを使う目的のみで使用する場合など、広告を運用しない場合は後で停止することができるので、払う必要はないので安心してください。広告料は払わないのでいくらで設定しても良いですが、表示された最低金額より高く設定しないと次へ進めないのでご注意ください。

キャンペーン設定の確認

確認ができたら「次へ」をクリックします。

支払情報の設定

アカウントの種類や名前、住所、支払い方法を設定し、利用規約に同意すると設定完了です。

無料で使う!広告を必ず停止

キーワードプランナーを使う前に、広告を一時停止しましょう。ホーム画面のキャンペーンにある緑色の箇所をクリックして一時停止を選択すると、広告が掲載されず広告費が発生しません。

キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる

広告を一時停止したら、さっそくキーワードプランナーを使いましょう。まずは、検索ボリュームの調べ方を理解しましょう。

Google広告のホーム右上にある「ツールと設定」を押すとキーワードプランナーが表示されます。

キーワードプランナーのトップページです。

「新しいキーワードを見つける」の使い方

「新しいキーワードを見つける」のボタンを押します。「キーワードから開始」は検索ボリュームを知りたいキーワードを入力すると、サジェストと月間平均検索ボリュームを表示します。「ウェブサイトから開始」は調べたいWebサイトのURLを入力すると、そのWebサイトに関連するキーワードを表示します。

サジェストの網羅性を高める方法

キーワードプランナーはネットで検索されているすべてのサジェストキーワードを提案してくれるわけではありません。キーワードプランナーでは提案されていないが、ネットで検索されている他の組み合わせがある可能性があります。網羅性をさらに高めたい場合、以下の手順を行います。

  1. 他のキーワード検索ツールで検索
  2. キーワード候補をコピーして、キーワードプランナーの「検索ボリュームと予測データを確認する」に貼り付け

例えば、「ITコンサルタント」という検索ワードをラッコキーワードで検索して、コピーします。

キーワードプランナーの「検索ボリュームと予測データを確認する」に貼り付けると検索ボリュームを見ることができます。

便利な機能

キーワードプランナーの「新しいキーワードを見つける」にはフィルタ機能があります。検索目的によってフィルタを活用しましょう。例えば、「月間平均検索ボリューム」を1000件以下に絞ってニッチなキーワードを狙う、「キーワードのテキスト」のフィルタに単語を入れて、その単語を含んだキーワードのみを表示させるといったことができます。

コンテンツマーケティングにおけるGoogle キーワードプランナー

広告ではなく、オーガニック検索からの流入を目的の場合、検索エンジンの上位にコンテンツを表示させるために、どのようなキーワードでコンテンツを作成するかが重要になります。キーワード選定の指標の一つである検索ボリュームを調べる場合、キーワードプランナーのような検索ツールが役立ちます。例えば、サジェストキーワードと月間平均検索ボリュームはコンテンツマーケティングを行う際に重要なロングテールキーワードを見つけるためには必須の項目です。

「ロングテール」とはどういう理論?今さら聞けない基本から徹底解説

また、コンテンツ作成は競合サイトのキーワードを調べることも可能です。その際は、キーワードプランナーの「ウェブサイトから開始」という機能が役立ちます。競合サイトにあって自社サイトに含まれていないキーワードを洗い出したり、競合サイトを参考にして自社サイトの方向性を見直すこともできるでしょう。

まとめ

キーワードプランナーはコンテンツ作成やリスティング広告のキーワードを選定する際に非常に役に立つツールです。初期設定や活用方法を理解して正しく使うことで、キーワードプランナーの性能を最大限活用し、Web集客をしましょう。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top