fbpx

WordPress引越しツール:All in one WP Migration

こんにちは、サイト管理やサーバーの運用業務を担当するエンジニアのWestomです。これからはWordPressやインフラ管理に役に立つなツールやプログラミングなどの技術情報を紹介しますので、どうぞよろしくお願いします!

今回、WordPressサイトのバックアップのときに使い勝手の良いツールとその具体的な使い方を紹介します。

All in one WP Migrationについて

以前、WordPressサイトをバックアップするときに最も気に入ったツールはUpdraftPlusです。自動バックアップが設定できるだけでなく、データをクラウドに直接アップロードすることもできます。

ただし、UpdraftPlus無料バージョンの場合、バックアップと復元は同じURLからしか操作できないです。異なるドメインの場合、復元が完了した後、データベースでURLを調整することが必要です。それと比べたら「All in one WP Migration」の方が明らかに使いやすいです。

All in one WP Migrationをインストール

WordPressの管理画面からAll in one WP Migrationが検索できます。300万回以上のダウンロード回数の多さがこのプラグインの人気を示しており、非常に使いやすいと言えます。

ダウンロードして有効化すると、管理画面のサイドツールバーからAll in one WP Migrationが表示されます。3つのオプション、エクスポート、インポートとバックアップがあります。WordPressサイトの引っ越しするには、「エクスポート」をクリックしてサイトの情報をダウンロードします。

データをエクスポート

異なるサイトに移動するだけでドメイン名を変更する必要がない場合、「エクスポート先」をクリックしたらエクスポートできますが、ドメインを変更する場合、URLを置き換えることが必要です。

「追加」ボタンを押すと、2つのフィールドが表示されます。特定の言葉を書き換えることができます。

一部のファイルをエクスポートしたくない場合、「高度なオプション」をクリックして選択できます。

「エクスポート先」を押すと、選択できるファイル形式がたくさんあります。どれを選択すればいいかわからない場合、「ファイル」をクリックしてください。

アーカイブが終わったらダウンロードができます。

「エクスポート」はこれで完了ですが、「インポート」する場合、All in one WP Migrationの無料バージョンは最大512MBのファイルしかアップロードできないです。有料のライセンスを購入すればアップロードの上限が解除できますが、実際に有料のライセンスを購入する必要がありません。

それでは、アップロード制限を解除する方法は次回紹介します。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top