fbpx

WordPressのバックアップ方法とは? タイミングや便利プラグインもご紹介

WordPressでサイトを作成、管理していると突然のデータ破損が怖いですよね。WordPressのバックアップはデータベースが絡む一見難しく見える方や、バックアップを取りたいけど、方法やプラグインはどれが良いのかわからないという方も少なくないと思います。

今回はバックアップの意味から、バックアップの方法、一緒にやっておきたいことまでご紹介します。

なぜWordPress のバックアップが必要なのか

サイトの移行やテーマを更新する時、WordPressのデータの一部が消えたり、サイトがのレイアウトが崩れてしまったりすることがあります。その時にバックアップを取って変更前のデータを保持しておけば、何か不具合があっても前のデータを読み込んで、復元することができます。逆にバックアップを取っていない状態だと、まずプラグインをすべて無効化して、カスタマイズを一つずつ確認して…と大変な作業になり、最悪の場合すべてやり直しになります。そんな大惨事を防ぐためにバックアップは必要なのです。

WordPress でバックアップをとるタイミング

WordPressでいつバックアップを取ればよいのかがわからず、気がついたら取り返しがつかなくなっていた。ということを防ぐために、バックアップを取りますが、どのような時に不具合が起こりやすいのか知っておくことでバックアップすべきタイミングを知ることができます。

更新前

WordPressのバージョンアップデート後には、前バージョンで使えていたプラグインやテーマが使えなくなることがあります。前バージョンに戻すこともできますが、戻してもレイアウトが崩れている場合があり、修復に多くの時間を費やすことになるかもしれません。そのため、更新前には必ずバックアップを取るべきです。

カスタマイズ前

テーマやプラグインをカスタマイズすると、不具合が起きることがあります。そのため子テーマを作成してからカスタマイズすべきなのはよく知られていますが、それに加えてバックアップを取らないと、どの変更が不具合を引き起こしているのかわからないため、不具合が起きた場合には一から確認するか、何もカスタマイズされていない初期の子テーマからやり直す必要があります。

スタイルシートの変更などはバックアップを取らず、安易な気持ちで行ってしまうことが多いため、特に注意しましょう。

サイト移行前

ドメイン変更やサブドメインからメインドメインへの移行の際に、WordPressのデータをまるごと移行させることができると便利です。その時にはWordPressのデータをエクスポートして、バックアップを取ることが必要となります。

WordPressのバックアップ方法

WordPressのバックアップは手動と自動、どちらの方法でも行うことができますので、その両方の方法をご紹介します。

手動でバックアップ

手動でバックアップは、サーバーのFTPとphpMyAdminを使用してバックアップを取る方法です。

  • サーバーのFTPを開き、バックアップを取りたいWordPressデータがあるフォルダを見つける。(ヘテムルの場合、web>ドメイン名>作成フォルダ名の中)

  • wp-contentの中のplugins(プラグインのデータ), thems(テーマのデータ), uploads(画像のデータ)をダウンロードする。

phpMyAdminの作業

  • phpMyAdminにログインし、WordPressのデータベースを選択する。
  • 上にタブメニューでエクスポートを選択する。

プラグインを使用して自動でバックアップ

自動でのバックアップは、プラグインを使用する方法です。手動の場合は操作が難しく、間違えると不具合につながることもあるので、あまり詳しくない方にはプラグインを使用する方がおすすめです。

お勧め無料プラグインを用途別にご紹介

WordPressには無料で使えるバックアップ用プラグインがあります。設定をしておくだけで1クリックで必要なバックアップが取れたり、定期的にバックアップを取ってくれたりするのでとても便利です。今回はその中で有名なプラグイン3つを、用途別にご紹介します。

BackWPup(周期的にバックアップを取りたい方向け)

BackWPupは好きな時にすぐバックアップを取ることができる他、頻度や送信先を設定することで自動で定期的にバックアップを取ることができるプラグインです。例えば毎日15時に指定フォルダにバックアップを取りたい、というような設定ができます。この自動設定に加え、設定画面のわかりやすさや外部ストレージにもデータを送信できるといった高い機能によって高い評価を得ています。周期的にバックアップを自動で取りたいという方におすすめです。

All-in-One WP Migration(とにかく手軽に行いたい方向け)

All-in-One WP Migrationの良さは何といっても使いやすさにあります。ボタン一つで必要なデータのバックアップを取ることができ、私が最初に使用したバックアッププラグインでもあります。プラグインの有効化から5~10分程度でバックアップ作業が終了してしまうくらい簡単で、難しいことはわからないけれどとりあえずバックアップを取りたいという方にはおすすめですが、無料版では512MBを超えるデータのエクスポートができないので大きなサイトを管理している方は他のプラグインを使用するか、有料版を購入しましょう。

UpdraftPlus(すぐに対応したい方向け)

UpdraftPlusはWordPressサイトに何か不具合があった時、1クリックで前の状態に復元することが可能なプラグインです。他のバックアッププラグインの持つ、取ったバックアップデータの中にある任意の状態に復元する時、少し手間がかかってしまうという箇所を克服したプラグインです。このプラグインは主にバックアップ、復元、削除という3つの機能があります。バックアップと削除は他のプラグインと変わりませんが、復元ボタンを押すだけで復元も可能になっています。もちろんテーマやプラグインといった、項目ごとの復元も可能です。万が一に備えてバックアップを取っておきたいし、すぐに復元できるようにしておきたいという方におすすめです。さらにUpdraftPlusはデータベース、テーマ、プラグイン等をそれぞれ別として圧縮するので容量が大きすぎてタイムアウトになるようなことが起きにくく、バックアップが成功しやすいのも一つの魅力です。

バックアップと一緒にやっておきたいこと

WordPressの更新、カスタマイズ、サイト移行のためにバックアップを取る時に一緒に確認したいのがセキュリティです。WordPressは管理画面のURLがわかりやすいことや、利用者が多いことから、セキュリティ面で心配されることが多々あります。せっかく変更を加えたりしてサイトの質を向上させてもセキュリティが甘いと台無しになってしまいます。セキュリティも手間がかかりますが、簡単に対策ができる無料プラグインもあります。

例えば有名な国産セキュリティプラグインのSiteGuard WP Pluginは管理ページへのアクセス制限、画像認証の追加、ログイン失敗時のロック、ログインアラート、更新通知等の機能を備えています。他にも素晴らしい無料プラグインは多くあるので、バックアッププラグインをインストールするついでにインストールしてみてはいかがでしょうか。

バックアップを取って安心安全にWordPressを使おう

サイトを管理していると、思いもよらぬ不具合に襲われることが多々ありますが、それが起こりやすいポイント、そして起こってしまった時の対処法を知っていればそこまで難しく考える必要はありません。バックアップを取ることで心配を一つ減らし、より快適に業務を行ってください。そしてもし解決できない悩みがございましたら、お気軽にご連絡ください。

資料ダウンロード申し込み

Scroll to Top