ライティングを外注する際のコンテンツ制作会社の選び方

「オウンドメディアの活性化を図りたい」 「コンテンツ制作を外注し、業務の負担を軽減させたい」 「クラウドソーシング以外の外注先を探している」 といったWebメディアの記事制作に課題を抱えている場合に、コンテンツ制作会社への外注が解決策となるかもしれません。今回は、外注先となるコンテンツ制作会社の選び方や、契約前に確認しておくべきポイントを紹介します。記事のクオリティとコストを両立させたサイト運営の実現に、ぜひ役立ててください。

自社にとって何が不足しているのかを見極める

宣伝や集客、購入などの役割を担うオウンドメディアに、高品質の記事は欠かせません。記事数が少ないうちは自社制作も可能ですが、記事の量と質の安定化や、担当者の負担軽減を図りたいときには、外注が有効な方法となり得ます。ただ運営側としては、予算を考慮し、コストを押さえたいと考える部分もあるでしょう。 低単価で記事制作を発注できるクラウドソーシングが普及してきたことにより、コストを押さえた外注が手軽に行えるようになりました。しかし、費用を安く抑えられる反面、ライターごとの力量に差が大きく、発注のたびに品質に差が出やすいといった側面もあります。
記事の外注先には、クラウドソーシング以外にも、編集プロダクションやWebマーケティング企業、コンテンツ制作会社などがあり、それぞれに特徴や強みが異なります。

例えば、書籍や雑誌の執筆業務などを行う編集プロダクションは、その制作ノウハウで企画立案や、オリジナリティのあるコンテンツを作るのにたけています。しかしその一方、SEOなどのウェブマーケティングに関する知識が十分ではない場合があります。
Webマーケティング企業は、コンテンツの作成をはじめ、SEO対策からビジネスの企画提案に至るまで、幅広い内容のサービスを提供しています。特に、SEOや集客などに重点を置いた対策に適した外注先と言えます。コンテンツ制作のためのスタッフが社内にいる場合もありますが、大規模な制作が伴う場合は、コンテンツ制作のための制作会社と共同で当たることが多くあります。
Webのコンテンツ制作会社には、デザインをメインで行う会社や、ライティングをメインに行う会社などがあります。クラウドソーシングよりはコストがかかるものの、複数のライターとのやり取りをする必要が無く、安定した品質でコンテンツを制作することも期待できます。

ライティングやデザインなど、会社によって得意とすることは異なりますが、Webコンテンツの制作に関する豊富な経験から、最適なコンテンツの見せ方や、大量のコンテンツ制作などの提案を受けることができます。 オウンドメディアの運用においては、自社で必要としているものが企画力なのか、SEOなのか、まとまった量のライティングなのかなど、何が必要なのかをしっかりと見極めて発注するようにしましょう。
今回のように、問題がライターの品質問題であったり、コンテンツの制作量の問題にある場合、問題の解決に最も近いのはコンテンツ制作会社となります。

ライティングを依頼するコンテンツ制作会社の選び方

ライティングを依頼する際には、候補となる何社かの見積もりを比較検討することが一般的です。しかし単純なコスト比較だけで選ぶのは失敗の原因になりえます。単純な価格比較以外のポイントを解説します。

記事制作の進め方

まずは、発注から納品までの進め方を把握しましょう。通常では、打ち合わせにはじまり、サイトの目的や記事の趣旨、レギュレーションなどの共有を経て、記事の執筆が行われます。品質を担保する工程の有無に加え、どんなライターが担当するかなども、記事の品質に影響することから、確認しておきましょう。 また、記事公開までの工程をスムーズに進めるため、スケジュールの希望をはっきりと伝えましょう。予想外のトラブルが発生することも考慮した上で、プランを提示してくれる会社に依頼すれば、いざというときも安心です。

どこまでやってもらえるのか

コンテンツ制作会社の間で、契約前に作業内容を明確にしておくことは、トラブルを未然に防ぐという意味でも重要です。例えば、ライティングの料金設定が低めだったとしても、記事執筆のみで校正には対応しないといった会社もあります。校正作業が行われない場合、クオリティの低い記事が納品される可能性は高くなります。見積もり時には、ぜひ確認してほしいポイントです。そのほか、テーマやキーワードの設定、SEO対策などに対応できるかも、確かめておいてください。

打ち合わせ内容は丁寧か

発注側の要望を記事制作に反映させるには、サイトの趣旨や記事のテーマ・内容などをコンテンツ制作会社と共有化するプロセスが必要です。ポイントを押さえたきめ細やかな打ち合わせができるかどうかは、記事の品質にも大きく影響します。打ち合わせを通じて、スムーズなコミュニケーションが可能か、互いの認識を共有していけそうか、などを見極めてください。

修正対応は別料金?

納品された記事の修正に対応してもらえるかも、記事制作の外注における大切なポイントです。修正を依頼する場合、料金は発生するのか、そして発生するならば、料金はいくらかを確認しておいてください。 総合的に見て、作業内容に見合った料金設定となっているかも、制作会社を選ぶ上での判断基準の一つにするとよいでしょう。

記事の品質をアップさせる為に追加で確認すべきこと

記事制作をコンテンツ制作会社に外注する際には、サイトの発展に寄与する強みを持った会社を選択することが、成功の鍵となります。例えば、SEOの知見を踏まえた記事制作は、オウンドメディアの成功に欠かせない要素と言えます。SEO対策の経験や、SEOに精通したスタッフの有無も、事前に確かめておいてほしいポイントです。 過去の実績を見ることでも、その会社の特徴や得意なジャンルなどを、大まかに把握できます。自社メディアの記事制作に適正があるかを、判断する材料にしてください。 また、校正担当や案件ごとの専任ディレクターの存在は、記事の品質を大きく左右します。不測の事態が発生した場合にも、専任ディレクターがいることで、より迅速な対応をしてもらえるはずです。

コンテンツ制作の会社選びは慎重に

記事制作の外注を前に、コンテンツ制作会社と自社の相性を見極めることは、ミスマッチを防ぐためにも重要です。的確な助言やサポートで、Webサイトを盛り上げてくれるコンテンツ制作会社を見つけて、メディアの効率的な運用を実現させてください。