スキルアップ間違いなし!Webライティングのおすすめ練習方法

Webライターとして活躍したくても、なかなかライティングスキルが向上しなくて悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方に向けて、Webライティングの練習方法を紹介します。

まだライティング経験がないという方も、この内容をしっかり実践すれば、初心者でも質の高いライティングができるようになるでしょう。

まずはWebライティングの特徴を理解しよう!通常の文章とはどう違う?

働き方改革が進む今、在宅でもできるライターという職業を選択する方が増えてきています。ライターを始めるにあたり、紙媒体よりも案件が豊富で参入しやすいとされるWebライターとして仕事を開始する方が多くなりました。

とはいえ、Webライターとしての仕事を始めたくても、どのようなスキルが必要か分からず、なかなか始められない方も多いのではないでしょうか。

「ライティング」と一口に言っても、Webライティングと通常のライティングでは大きな違いがあります。例えばWeb上の文章は、多くの場合検索エンジンやSNSを経由して読まれます。雑誌や新聞などの紙媒体とは異なり、ユーザーに見つけられる工夫を凝らす必要があるのです。

その他にも、Webライティングで気を付けなければならないポイントはたくさんあり、一つ一つを心掛けることによって、より良い文章をWeb上に掲載できるようになるでしょう。

続いては、紙媒体などとは違うWebライティングの特徴を元に、どんなことを心がけたら良いかについて説明します。

Webライティングでは「わかりやすい」が命

Webの文章では回りくどい表現は避けましょう。回りくどい文章は読者に伝わりにくく、正確な情報を記載していたとしても読まれなくなるからです。回りくどい文章を避けるためには、記事内で「この文章で何を伝えたいのか」を明確し、なるべく簡潔な表現を使うことが重要です。

前述したように、紙媒体はその本や雑誌などを読みたくて購入した人が主な読者です。しかし、Web上の読者は数多く存在するWebサイトから、より分かりやすく自分に合うサイトを選びます。

そのため、文章の内容がわかりにくいとWebサイトからの離脱につながります。だからこそWebライティングにおいては特に、誰にでも分かりやすい表現で情報を伝える文章を書くことが大切です。

Webでは「結論」を先に知りたがる

Webで情報を探す読者は、結論を先に知りたがります。なぜなら、読者はWeb上で基本的に、上から下へと文章を読み進めていくため、結論が先にあると非常に読みやすくなるからです。

総務省の2017年の調査によると、インターネットに接続する端末の利用率はスマホが59.7%、パソコンが52.5%となっており、今やスマホがインターネットを利用する際の最も主要な端末となっています。スマホの普及率の増加を考慮すると、現在ではさらにスマホの利用率は増えていると予測できるでしょう。

スマホの小さな画面では尚更、先に結論が書かれていないと、情報を探すために下へのスクロールは必須となり、読者にとって面倒な動作が発生してしまいます。これらの理由から、Webライティングでは結論を先に記載しましょう。

想定しているキーワードや、想定の読者を意識する

Webライティングでは、多くの方に読んでもらえるようなキーワード選びと、想定される読者を意識しながら文章を作成することが大切です。

例えば、Webライターを目指す主婦をターゲットにした記事を書く場合、ターゲットが検索しそうな語句をキーワードとしてピックアップし、タイトルや記事の中に入れ込む必要があります。その際に、「Webライティング」「書き方」「コツ」「副業」「主婦」などのいくつかのキーワードが想定されます。それらのキーワードをピックアップした上で、実際に検索されると予想できる語句を絞り込み、不自然にならないようにタイトルや文中へと入れましょう。

Webライティングの練習方法

Webライターは整った読みやすい文章を書くのが大前提ですが、同時にできるだけ沢山の記事の執筆をこなすスキルがなければ、Webライティング一本で生活していくことは難しいでしょう。

Webライティングを上達させるには、とにかく練習を重ねていくことが最も近道です。それでは、Webライティングの効果的な練習方法を見ていきましょう。

お手本にしたい文章を書き写す

「Webライターの仕事に興味はあるものの、文章力に自信がない」という方は、お手本にしたい文章を練習として書き写してみるのも良いでしょう。

例えば、小論文などの対策で、朝日新聞の天声人語などの文章を写して書き、文章力を身につける練習方法があります。この練習が効果的な理由は、自分の手を動かすことによって、読みやすい文章の流れをより理解することができるからとされています。良い文章は書き写しながら、文章の流れや構成をつかむとよいでしょう。

文章を書く前に、論理構成をしっかり組み立てる

Webライティングを始めたばかりの方の中には、文章を書いているうちに何が言いたいかわからなくなってしまうという方が多数いらっしゃるかと思います。そんな事態を防ぐためには、小見出しと小見出しでの主張、それに対する理由付けなどをまず組み立てることが大切です。

Web上の文章の多くは、PREP法と呼ばれる文章の構成で書かれています。PREP法とは、結論(point)、理由(reason)、根拠や例(example)、結論(point)の頭文字をそれぞれとったもので、このような順番で書かれた記事がWebで記事を読む読者さんにとって、結論を先に知ることができる非常に読みやすい記事だとされています。

しかし、結論・理由・根拠や例などのパートがそれぞれ長くなりすぎると、実際に文中で説明しなければならないことを見失ってしまいがちです。

わかりやすいWebライティングのためにも、慣れないうちはPREPにそれぞれ当てはまる文章を簡潔にまとめ、そこから文章に肉付けをしていく方法でライティングを進めていくのが良いでしょう。

文章を要約する

Webライティングについて勉強する上で、文章を要約する練習は非常に有効です。なぜなら、文章を要約することで、ほかの人の文章の論理構成が理解しやすくなるからです。

また、どの情報が必要なのかを見分ける力が身につくでしょう。したがって、文章を要約する練習方法は、Webライティングだけでなく、全般的な文章力を鍛えることにも効果的と言われています。

練習する際は、まず新書や論文などの文章を読み、自分で400文字や800字などと文字数制限を設定して要約してみると良いでしょう。論旨を的確に理解する習慣が付くと、いざ自分で文章を書くという場面になったときにも分かりやすく整った文章を書くことができるようになります。

ブログを書く

Webライティングを練習するには、実際に多くの文章を書いてみましょう。「まだWebライティングの仕事を受注するほど文章力に自信はない」という方は、まずはブログで文章を書くことに慣れてみましょう。自分で文章を書いてみることで、客観的に自分の文章を見直すことができます。

また、ブログには必ずといっても良いほど、コメント機能が付いています。自分のブログに対して付いたコメントは、読者がどのように自分の文章を受け取るのかを知るヒントになるでしょう。

実際にライティングの案件を受注すると、決められた納期で求められた内容をしっかりと文章化して書かなければなりません。しかし、ブログであれば自分のペースで書き進めることができるので、ライティング初心者の方はブログでWebライティングの予行練習をはじめてみてはいかがでしょうか。

Webライティングの練習におすすめのSEO書籍

Webライティングのことを勉強するために有益な書籍も多数あります。やはり、仕事を受注し始める前に、Webライティングのことについてより詳しく知りたいという方もいらっしゃるでしょう。

特に、Webライティングをする上ではSEOを意識したキーワードの選定などは非常に大切になってきます。しかし、「SEOってそもそも何?」「どうやってキーワードを選定するの?」と、分からないことが多く困っている方もいるのではないでしょうか。

SEOとは、「Search Engine Organization」といって、GoogleやYahooなどで検索した際に表示される検索結果の順番を上位に表示させる対策のことです。せっかく良い文章を書いても、このSEO対策ができていなければその分読者の目に触れる機会が減ってしまうこともあります。

今回はWebライティングにおいて必須となるSEOについての書籍について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで

Webライティングを始めるなら、まず「文章の型」を覚えることが大切です。この本はニュースリリースやSEOを意識したライティングなど、様々なライティング方法に触れているので、用途別の文章の書き方を覚えたい人に最適でしょう。

3部構成からなるこちらの本は、基礎編には一般的なライティングとWebライティングの違いや記事の見出しパターンなどの入門的な内容が書かれており、応用編ではGoogle AdWords(アドワーズ)やGoogleアナリティクスなどのツールを用いたライティング方法を学ぶことができます。このため、どんなキーワードを選べば良いのかの基準も理解しやすくなるでしょう。

本書では上手な文章を書くコツと同時に、Webライティングの文章構成やツールの利用方法も学ぶことができるので、これからWebライターとして活躍したい方におすすめです。

SEO対策のためのWebライティング実践講座

続いて紹介する本は、主にWebライティングにおけるSEO対策について学ぶことができます。そのため、こちらの本はWebライティングに使えるSEOについて重点的に勉強したい方におすすめです。

本書では、そんなSEO対策のテクニックについて詳しく学ぶことができるので、既に文章力には自信があるものの、SEO対策に関しては知識がないという方は、こちらの本を一度読んでみてはいかがでしょうか。

沈黙のWebライティング

最後に紹介するこちらの本も、SEO対策について学ぶことのできる本です。しかし、数多くあるWebライティングのハウツー本とは少し趣が異なっています。こちらの本はストーリー形式になっています。

一般的なWebライティングの本であれば、効果的なライティングの方法や良い文章の例などがまとめられていますが、この本では独特なキャラクターがストーリー形式で効果的なWebライティング、SEO対策について説明するので、初心者にも非常に分かりやすい点が魅力です。

Webライティング初心者の方はもちろんのこと、SEO対策でどんなことをやれば良いのか迷っている人にもおすすめの一冊です。

Webライティングの実力を試したいなら、実際に仕事を受注しよう

知識を身につけ、ブログなどでライティングの練習を一通りやってみたら、あとは実践を重ねるのが大切です。案件数をこなし、実践から学んでいくことが一番効率的な方法といえるでしょう。

Webライターとしての実践を重ねるのであれば、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングからお仕事を受注するのも良いですが、「かくたま」も忘れてはいけません。

一般的に初心者のライターの方であれば、1文字0.5円前後と非常に低い単価でお仕事をしなければならないことが多々ありますが、かくたまでは比較的高単価でお仕事を受注することができます。募集している案件の中から、ご自身のレベルや得意分野に応じて、ライティングする記事を選べます。

本業として、もしくは副業として、Webライティングにチャレンジしてみたいという方は、ぜひかくたまでWebライターとして活躍してみてはいかがでしょうか。



サイトエンジンかくたま編集部は、企業様のコンテンツ制作やインタビュー記事制作、オウンドメディア運用やディレクションサポートなどを承ります。 コンテンツ制作にお悩みのWEB担当者様は専用サイトからご相談ください!
かくたまライティング法人申し込みサイト


ライターさん絶賛募集中です!
〇ライター応募サイト

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。