Webライター必見!情報収集のコツと注意点

Webライターの仕事は、「文章を書く」こと以外にも「正しい情報を収集し、伝える」ことが重要です。Webライターの仕事では、最低限の品質として、依頼者と読み手のニーズに応えた、正しく読みやすい内容を書かなければなりません。情報収集のコツと注意点を知ると、今よりもクオリティの高い記事を書けるようになります。

Webライターの仕事で情報収集が重要な理由

Webライターは、ライティングをする前に「情報収集」という準備が必要です。

情報収集を怠り、間違った情報や古い情報を書いてしまうと、全く読んでもらえない記事になってしまう可能性があるため、Webライターにとって情報収集はとても重要な作業の一つです。

情報収集の「質」を高めるコツ

たくさんの情報を集めても、質が良くなければ有益な記事を書くことはできません。

質の高い情報を集めるコツについて紹介します。

1.信頼性の高いWebサイトを参考にする

質の高い情報を集めるには、信頼性の高いWebサイトを参照することが大切です。

Webサイトの信頼性を確認するためには、「誰が書いているコンテンツか」「どのような企業が運営しているのか」といった点をチェックすることが重要です。

有資格者が執筆したり、専門家が監修していたりする場合、ある程度信頼できるサイトといえるでしょう。

しかし、誤った情報を載せている可能性もあるため、複数の記事や情報と読み比べて情報の真偽を確認する必要があります。

2.可能な限り一次情報を参照する

一次情報とは、個人や企業などの組織が、自ら行った調査の結果や実験のデータなどを指します。

また、Webライターによって書かれた解説記事などは二次情報と言います。

インターネット上には、二次情報を基に書かれた三次情報や四次情報などもあるため注意が必要です。

二次情報や三次情報は、役立つ情報も多いですが、個人の偏った解釈や意見が含まれている可能性もあります。

特に、統計などのデータについては、一次情報を確認するようにしてください。

3.情報の偏りに注意する

多くのWebサイトには、「商品を売る」「サービスの契約を促す」といった目的があり、その目的を達成できるように、Webサイトに載せる情報を取捨選択しています。

情報収集する上で、こうしたインターネット上の情報の、特性を理解しておくことが重要です。

効率的に情報収集するポイント

多くの情報や質の高い情報を集めることは大切ですが、情報収集に注力すると、納期に間に合わない可能性もあります。

Webライティングでは、効率よく必要な情報だけを集めることが大切です。

1.検索キーワードで調べる

依頼者が検索キーワードを指定している場合は、実際にそのキーワードで検索してみてください。

Googleなどの検索エンジンは、検索ニーズを予測して上位に表示する記事を選んでいます。上位の記事に書かれている情報は、ライティングする際の軸となるため、それをもとに関連情報を調べると、効率的に情報収集ができます。

依頼者から検索キーワードの指定がない場合は、検索キーワードを想定して作業することが大切です。

上位の記事をチェックしても有益な情報が見つからない場合は、検索キーワードを変えてみてください。

2.関連するキーワードを調べる

沢山情報を収集したい場合は、「関連キーワード」や「サジェストキーワード」「共起語」を検索することで幅広い情報を収集することが可能になります。

「ラッコキーワード」(https://related-keywords.com/)というサジェストキーワードを検索するツールや「共起語検索」(https://neoinspire.net/cooccur/)といったツールは無料で使用できるため、情報収集の際に使用してみてください。

3.分かりやすいWebサイトはブックマークをしておく

似たようなテーマで記事を書く際の参考になる場合があるので、分かりやすいWebサイトを見つけたらブックマークをしておくと良いでしょう。

情報を少しずつ溜めていくと、記事作成の効率も良くなっていくでしょう。

Webライターが情報収集をする際の注意点

インターネットで情報収集をする際の注意点について簡単に解説します。

1.シークレットモードで利用する

インターネットで情報を検索するときは、シークレットモードを利用すると良いでしょう。

Google Chromeなどのブラウザは、使う人の趣味趣向や検索履歴といった情報を蓄積しているため、頻繁に閲覧したり、自分が作成していたりするWebサイトを上位に表示させる傾向があります。自分の検索履歴を除く、純粋な検索順位を知りたい場合、シークレットモードに切り替えるのがおすすめです。

2.記事の公開日や更新日を確認する

記事情報の鮮度を確認することも重要です。

時間が経っても価値の変化しない情報もありますが、法律や制度、流行や時代背景などは、記事が公開された時から変化している可能性があります。

公開日や更新日を確認しながら、1次情報を随時チェックすることも忘れないようにしましょう。

3.コピペは絶対に避ける

当たり前ですが、集めた情報や記事内容をそのままコピペしてはいけません。

問題点は

・著作権法に違反する

・コピーコンテンツは検索エンジンからペナルティを受ける

・検索結果に表示されなくなる

・信頼を失う

という点があります。

多くの依頼者は、コピペチェックツールなどを使用し、納品された記事とインターネット上の記事のコピペ率をチェックしています。

コピペはすぐにばれてしまうため、調べた情報をもとに自分の言葉で書くようにしたり、書いた後にコピペチェックを自分でしたりしましょう。

まとめ

Webライターの仕事における情報収集のコツと注意点を紹介しました。

質の高い記事を書くためには、情報収集力の高さと、情報を自分のものにして、正しく伝えることが大変重要です。依頼者と読み手のニーズを満たすコンテンツを書けるように、情報収集力を磨いていきましょう。



サイトエンジンかくたま編集部は、企業様のコンテンツ制作やインタビュー記事制作、オウンドメディア運用やディレクションサポートなどを承ります。 コンテンツ制作にお悩みのWEB担当者様は専用サイトからご相談ください!
かくたまライティング法人申し込みサイト


ライターさん絶賛募集中です!
〇ライター応募サイト

おすすめ