ライティングの仕事に向く人の特徴とは

クラウドソーシングが一般的になり、在宅で手軽に始めることのできる に WEBライティングの仕事を始める方が増えています。 すぐに仕事をスタートできるという敷居の低さが 魅力ですが、初めては見たけれど長続きしない、という方も多くいらっしゃいます。また、チャレンジしたいと思ってはいても、ライティングの仕事が本当に自分にできるだろうか、適性があるのだろうか、という不安からなかなかスタートできない方も多いのではないでしょうか。ここではライティングに向いている人の特徴と、楽しみながら長く続けるためのコツをまとめました。

どんな人がライターに向いて いるのか

どんな仕事にも向き不向きがあります。以下の条件は、「当てはまらないとライターには向いていない」というわけではありませんが、多くのライターの方に共通するポイントです。

読書が好き

通常の生活の中で、自分の言いたいことや教えたいことを文章にするという機会はほとんどないかもしれません。 ライティングをスタートしたときには、なにをどのように書き始めればよいか悩んでしまうでしょう。
ライティングをするときには、頭の中である程度構成を考えて、全体的な流れやまとまりを考慮する必要があります。その文章を読んだ人が理解できるように整理整頓した文章を書かなければなりません。
読書が好きで日ごろからいろいろな本を読む方は、実際に自分が読み手として感じた経験などを活かし、読みやすい文章の作成に生かすことができます。

ライティングに必要な文章力や構成力、語彙などは読書で向上できると言われています。 たくさんのインプットをすることでアウトプットを強化することができるのです。
また、ライティングの際の注意事項やクライアントの依頼内容を正確に理解するために必要な読解力も、読書で養うことができます。
ライティングのスキルを少しでも向上させたいと願うなら、読書の習慣がかなり大切な要素となります。

好奇心があり、調べるのが好き

クライアントから依頼される記事が自分の得意なジャンルとは限りません。たとえよく知っているジャンルであったとしても、読みごたえのある内容の濃い文章にするためには、詳しく調査をすることが肝要です。日ごろからいろいろなことに興味を持ち、インターネットや図書館などで調べ物をしているという人は、ライティングに向いています。
調査が好きで調べることになれていれば、ライティングの際にも効率よく調査をして、内容の濃い文章を作ることができるでしょう。

精神力が強い

何もないところから文章を完成させていく過程には、多くの時間と労力が必要です。有力な情報がなかなか見つからない、構成のアイデアが浮かばないということもあるでしょう。
また、一生懸命作り上げた記事がクライアントの意向に沿ったものではなかったり、修正が必要になって戻ってくることもよくあります。そんなときに、過度に落ち込んだり投げやりになったりせず、辛抱強く最後まで取り組むためには強い精神力が不可欠です。

書くことを楽しめる

誰かに手紙を書く、メールを送るといった文章を書くことが好きであったり、表現することを楽しめる、という方はライティングのお仕事に適性があると考えられます。
よく、「文章を書くのは苦にならない」という方がいらっしゃいますが、ライティングの仕事は書く事だけではありません。前述の通り、クライアントとの難しいやり取りもありますし、何より書いたものが評価をされます。自分では思いもよらない厳しい評価をされることもあるでしょう。
それでも「書く」という行為を楽しめるのであれば、苦しいことを乗り越える原動力になります。

ライティングを長く続けるには

適性があるからと言って長く続けられるかというとなかなかそうはいきません。
前述の通り、ライティングの仕事を長く続けていくためには、ライティングを楽しんで、好きになることが大切です。
ここでは楽しく続けるための幾つかのコツをスキルアップの方法も含めながらご紹介します。

得意な分野を見つける

これまでに自分が親しんできた趣味や娯楽、仕事など、もともとよく知っているジャンルの記事は作成しやすいかもしれません。一方で、あまり考えたことのない分野の場合は、調査するだけでもかなり時間がかかり、しかも情報もあまり見つけられないという場合があります。幾つかの案件に挑戦すると得意不得意がはっきりしてくるので、得意なジャンルを選んで優先的に取り組んでみるとよいでしょう。得意なジャンルでスキルを高め、良い評価をもらえるようになればおのずと自信にもつながります。

他の人の上手な記事を分析する

他のライターの上手だと思う記事を分析してみましょう。記事の導入部分をどのように書けばスムーズに本論に入れるのか、結論部分をどのように工夫すればすっきりまとまった記事になるのか、見出しの付け方はどうしたらよいかなど、分かりやすく読みやすい記事にはさまざまな要素含まれています。それらを参考にすることで少しずつ上達できるでしょう。文章の作成スピードが早くなったり、完成度が高くなったことを実感できれば、喜びや達成感を感じながらライティングを続けることができます。

時間をしっかり取り分ける

副業など、在宅ワークでライティングをすることの良さは、いつでも都合の良い時間に働けるという点です。しかし、できるときにやろうと思っていてもつい別の用事をしたり、締め切りまでまだ時間があるからと考えて後回しにしてしまうケースがあります。
。 タイムリミットが近づいて慌てて始めても、調査に十分時間をかけることはできません。内容の薄い記事になってしまえば、クライアントだけではなく自分自身もがっかりしてしまうでしょう。楽しく、余裕をもってライティングするためには、他の仕事と同じく、計画的に時間を定めてそれを守ることが肝心です。

まとめ

ライティングの仕事にも向き不向きがありますが、大切なのはその仕事を好きになれるか、魅力を見つけられるかということです。時には苦しいこともあるかもしれませんが、ひと仕事を終えて振り返ると意外と自分が考えていたよりもライターに向いていることに気づくかもしれません。焦らず一歩ずつチャンレンジしてみることをおすすめします。



サイトエンジンかくたま編集部は、企業様のコンテンツ制作やインタビュー記事制作、オウンドメディア運用やディレクションサポートなどを承ります。 コンテンツ制作にお悩みのWEB担当者様は専用サイトからご相談ください!
かくたまライティング法人申し込みサイト


ライターさん絶賛募集中です!
〇ライター応募サイト

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。