作成者: かくたま編集部

法律系ライターが気をつけたい4つの注意点

法律系の記事は、弁護士などの士業資格者になりきって執筆する必要があるので、正確な情報を記載しつつ威厳性の高い体裁に仕上げなくてはいけません。法律系の記事を執筆するライターの方が気をつけたい4つの注意点と、未経験からでも法律系記事にチャレンジするためのガイドを解説します。

インタビューのハウツー:アポ取りから後日のお礼まで

ライターとして、インタビューを遂行する際の心得をまとめています。取材の申し込み方から当日に行うべきこと、インタビュー後に気をつけるべき点まで、一連の手順を時系列に沿って述べています。知っておくと役立つコツやトラブルを防ぐためにすべきことも解説しています。

インタビューライターの心得:役に立つ7つ道具

インタビューライターには、文章力以外のスキルも求められます。インタビューを円滑に進める「司会者」としての技量、インタビュイーから多くの情報を引き出す会話術、内容を正確に記録し迅速に記事化するスキルなどです。それらの技術を駆使するために役立つツール7点を、ソフト・ハードの両面からご紹介します。

Webライティング初心者が学べるおすすめの本10選

WEBサイトなどで求められる文章は、一般の事務書類や作文などとは異なり、検索エンジンにコンテンツを認識されやすくしたり、読み手に何らかの行動や感情を喚起させる校正や言い回しを使うなど、さまざまな技術が必要になります。そんなウェブコンテンツの書き方を学ぶために、おすすめの書籍を紹介します。

ライティングの仕事と源泉徴収

フリーランスとしてライティング業務を行う際、依頼主から報酬として思ったより少ない額が振り込まれることがあります。これは依頼主が源泉徴収をしているためです。それでは源泉徴収とは何なのでしょうか。ライティングの仕事に関係する源泉徴収をさまざまな角度からご説明します。

フリーランスの業務委託契約とは?

個人事業主であるフリーランスが企業から仕事を受ける時、業務委託契約を求められることがあります。業務委託には委任契約と請負契約がありますが、いずれにしても契約を結ぶことで誤解やトラブルを避けることができます。契約書には業務の内容や期限、支払いに関する情報などを記載します。

ライティングの質を上げるコツ

Webライティング初心者は、読者にとってわかりにくい記事を作成してしまいがちです。決して日本語として間違っているわけではないものの、Webコンテンツの傾向を知らないためにクライアントの要望から外れてしまうのです。この記事では、Webライターが押さえるべきポイントをまとめました。