記事サンプル:法律 『交通事故の被害者になった!弁護士への相談方法は?」

※以下は法律系のコラムライティングのサンプルです。

ライター:元弁護士

交通事故に遭ってしまうと、日常ではなかなかない出来事に戸惑ってしまい、どのような行動をとればよいかわからなくなってしまうことがあります。

交通事故は肉体的、もしくは精神的なダメージと共に、生活に支障が出ることもあります。加害者とのやり取りで悩む、ということも多いはずです。法的な部分も含め、わからないことが多い、どう交渉したらよいかわからない、という方には弁護士への相談がおすすめです。

1.交通事故被害者が弁護士に相談をするメリット

不運にも交通事故に遭ってしまった場合、弁護士に相談するかどうか、悩まれる方が多いです。
交通事故被害者が弁護士に相談して、示談交渉等の対応を依頼すると、以下のようなたくさんの大きなメリットを得られるので、できるだけ早めに相談をすべきです。

1-1.賠償金の金額が大幅にアップする

1つ目のメリットは、弁護士に依頼することで、加害者に請求できる賠償金の金額が上がることです。
交通事故の慰謝料やその他の賠償金には複数の「計算基準」がありますが、弁護士が示談交渉をするときには、その中でももっとも高額な「裁判基準・弁護士基準」が適用されます。これに対し、被害者が自分で示談交渉をすると、低額な「任意保険基準」が適用されて、慰謝料などが低くなってしまいます。

そこで、被害者が自分で示談交渉するよりも弁護士に依頼した方が、大幅に受け取れる賠償金がアップします。裁判基準が適用されることにより、受け取れる金額が2倍や3倍になるケースもあります。

1-2.後遺障害等級認定を受けやすくなる

交通事故被害者にとって、後遺障害等級認定が非常に重要です。後遺障害等級認定を受けると、認定された等級に応じた後遺障害慰謝料や逸失利益を受け取ることができるからです。
ただ、適切に認定を受けるためには、専門的な知識やノウハウが必要です。被害者が自分で進めると、思うような結果を得られないことも多々あります。
弁護士であれば、最低限の医学的知識もありますし、手続きにも精通しておりノウハウも持っているので、より高い等級の後遺障害認定を目指せます。
このことで、交通事故の後遺障害の程度に応じた適切な金額の賠償金を受け取れるようになります。

1-3.過失割合が下がることがある

交通事故被害者にとって、「過失割合」も非常に重要な要素です。被害者の過失割合が高くなると、過失相殺により、相手に請求できる賠償金の金額が減らされてしまうからです。
被害者が自分で交渉をすると、加害者の保険会社から、高めの過失割合を適用されて、賠償金を減らされてしまうケースも多々見られます。
弁護士に対応を依頼すると、適切な過失割合算定基準に照らして計算をするので、そういった不利益を受けることはありません。

1-4.精神的にも楽になる

交通事故被害者にとって、示談交渉は非常に大きなストレスになります。そのせいで、治療効果も上がりにくくなるケースもあります。
弁護士に依頼すると、すべての対応を弁護士が行うので、被害者が自分で加害者の保険会社とやり取りする必要がなくなり、気分的に楽になります。精神的ストレスが軽減されることも、弁護士に依頼するメリットと言えるでしょう。

2.弁護士に相談をする方法

弁護士に相談をするときには、相談したい弁護士事務所を探して「法律相談」の予約をします。事務所のホームページに書いてある電話番号に電話をしたり、問合せフォームからメッセージを送ったりすると、法律事務所から返事があり、日程を合わせて相談できます。
相談の結果、弁護士に示談交渉や後遺障害等級認定の手続きを依頼することも可能です。

3.弁護士費用について

交通事故で、弁護士に依頼すると「弁護士費用が心配」という方がおられます。
ただ、弁護士費用については、そう大きく心配する必要がないケースが多いです。
まず、弁護士費用特約を利用できる例があります。
弁護士費用特約を利用すると、保険会社が300万円までの弁護士費用を負担する(法律相談料については10万円まで)ので、被害者の負担は0になるか、負担が発生するとしても非常に軽くなります。
弁護士費用特約をつけていなかったケースであっても、弁護士に対応を依頼すると、弁護士費用以上に賠償金が増額されるので、トータルするとプラスになることがほとんどです。

4.弁護士に相談するタイミング

交通事故に遭ったら、できるだけ早いタイミングで、一度弁護士に相談しておくことをお勧めします。すぐに相談しなかったケースでも、後遺障害等級認定の請求をするときや示談交渉を始めるとき、相手の保険会社から治療費の打ち切りを打診されて困ったときなど、対処方法に迷われたときには、一度弁護士のアドバイスを受けておきましょう。

当事務所でも、交通事故被害者の支援に積極的に取り組んでいます。弁護士費用特約についてのご説明もいたしますので、被害に遭って「弁護士に相談しようか」迷われているならば、一度お気軽にご相談下さい。



サイトエンジンかくたま編集部は、企業様のコンテンツ制作やインタビュー記事制作、オウンドメディア運用やディレクションサポートなどを承ります。 コンテンツ制作にお悩みのWEB担当者様は専用サイトからご相談ください!
かくたまライティング法人申し込みサイト


ライターさん絶賛募集中です!
〇ライター応募サイト
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。