オウンドメディアって何?参考になるオウンドメディア6選

オウンドメディアという言葉をご存知でしょうか。簡単に説明すると、自社で発行する広報誌や雑誌、書籍、自社で制作・運用しているブログやウェブサイトのことをいいます。すでに、自社のオウンドメディア構築のために動いているという方も多いかもしれません。最近では、食品メーカーや化粧品会社など、多くの企業がオウンドメディアを運営しています。

アクセス数を獲得できるようになるまで時間はかかりますが、多額の広告費用をかけずにユーザーと繋がることができるでしょう。本記事では、オウンドメディアの意味、メリット、求められるコンテンツなどをご紹介します。また、参考にしたいおすすめオウンドメディア6つをピックアップしました。ぜひ参考にしてください。

オウンドメディアとは?

オウンドメディアとは、企業が自ら所有するメディアのことです。たとえば、企業のWebサイト、Webマガジン、ブログ、Twitterなどがあげられます。ただメディアを使って人を集めるだけではなく、独自の戦略に従い、既存顧客の育成や顧客満足度の向上なども考えた情報発信が、ここ数年のトレンドいえるでしょう。

あわせて覚えておきたいトリプルメディア

オウンドメディアとあわせて覚えておきたいのが、ペイドメディアと、アーンドメディアです。ペイド(paid=支払う)メディアはいわゆる広告のことで、番組のスポンサーなども含まれます。アーンド(earned=獲得する)メディアとは、SNSや口コミサイトなどのように情報を拡散するメディアのことです。この2つとオウンドメディアをあわせて、トリプルメディアと呼ばれます。

オウンドメディアのメリットいろいろ

広告費がかからない

良質かつ豊富なコンテンツはSEOでも有利となり、広告費をかけずとも多くの人に見てもらいやすくなります。コンテンツ制作費はかかりますが、コストの運用に選択肢が生まれるため、予算に合わせて対応しやすくなるでしょう。

また、広告が人の目にとまるのは、広告を出している間だけです。しかし、アーカイブされる自社コンテンツは時間がたっていても人の目にとまる可能性があります。過去に作ったコンテンツが資産となり、見込み客の獲得に有利となるでしょう。

脱・価格競争

消費者にとって「安い」ということは大きな魅力ですが、企業にとっては価格競争から抜け出せない要素となりかねません。オウンドメディアを活用することで、自社の商品やサービスを好きになってもらえば、「安いから」ではなく「好きだから」が購入の動機となり、価格競争から抜け出しやすくなるでしょう。

読者とコミュニケーションをとれる

読者とコミュニケーションをとることのメリットは、信頼関係の構築です。アクセス解析なども併用して読者の反応を確認し、読者に寄り添うコンテンツを作っていくことで、信頼が生まれ、深まっていきます。コンテンツの内容によっては、参加型のコミュニケーションを構築してもよいでしょう。

オウンドメディアに求められるコンテンツとは

オウンドメディアの目的は、読者の信頼を獲得し、商品やサービスの購入につなげることです。これらを踏まえると、コンテンツとして大切なことは以下の4点となるでしょう。

  • 中立的な視点の情報
  • 内容にオリジナル性がある
  • 読者に役立つ内容
  • 広告色が薄いこと

また、定期的な更新も欠かせません。いつまでも新しい情報が掲載されなければ、読者は飽きてしまいます。読者にファンとなってもらうためにも、求められる情報を継続的に提供していくことが大切です。

参考にしたいオウンドメディア6つ

どのようなコンテンツであれば、読者の心に響くのでしょうか。参考にしたいオウンドメディア6つを取り上げました。

弁護士ドットコム:弁護士ドットコムニュース

分かりやすいコメントで法律がぐっと身近に
出典:弁護士ドットコムニュース

弁護士ドットコムニュースとは

弁護士ドットコムが運営しているニュースメディアです。コンテンツの内容は、法律に関する話題や身近な生活の疑問、時事ニュースなどで、2017年8月には月間サイト訪問者数が1150万人を突破しました。
公式サイト:https://www.bengo4.com/topics/

ターゲットユーザー

弁護士ドットコムニュースのターゲットは、弁護士の利用を考えていないユーザーです。弁護士を日常的に利用することはなくても、ニュースなら毎日見るという方は多いでしょう。時事性のあるニュースに法律の専門家である弁護士がコメントを入れることによって、訪問者を獲得しつつ法律をより身近に感じさせる工夫をしています。

ポイント

時事性のあるニュースだけでなく、弁護士ドットコムによく寄せられる相談内容を取り上げているところです。ターゲットユーザーは弁護士ドットコムを認知、次第に親近感を持つようになるでしょう。このような流れが、弁護士ドットコムの利用につながっていくと考えられます。

アサヒビール:カンパネラ(Canpanella)

お酒がもっと楽しく飲めそう
出典:カンパネラ

カンパネラとは

カンパネラは、アサヒビールが日経BP社と共同で開設したメディアです。「おいしいお酒、充実オフタイム」をテーマにお酒をおいしく飲むための方法や、一緒に食べる料理レシピ、オフタイムを充実させる情報などが充実しています。
公式サイト:http://business.nikkeibp.co.jp/campanella/

ターゲットユーザー

お酒離れが進む若い世代や、あまりお酒を飲まない方がターゲットユーザーです。長期的な視点で、お酒を楽しむユーザー層とアサヒビールの購入者の増加を目指しています。

ポイント

自社商品の紹介だけでなく他社商品の情報も掲載することにより中立的なメディアとなっているところです。なお、オウンドメディアの運営、コンテンツ編集機能そのものをメディア企業に委託している点もポイントでしょう。

日本ハム:BBQ GO!(バーベキュー ゴー)

BBQを100倍楽しめる?!
出典:BBQ GO!

BBQ GO!とは

食品メーカーの日本ハムが運営する国内最大級のバーベキューサイトです。全国のバーベキュースポットの情報やレシピ、準備の仕方といったハウツーなどバーベキューに関するコンテンツを発信しています。
公式サイト:https://www.bbqgo.jp/

ターゲットユーザー

よりバーベキューを楽しみたい方がターゲットです。ユーザーの行動からマーケティングがしやすいユーザーを分析し、ターゲットとしています。自社商品とも関連があり、競合が少ないという点でも有利でしょう。

ポイント

サイトに掲載されたレシピ情報はスーパーなどの店頭で用いる販促ツールに活用しています。コンテンツの再利用という点でも参考になるでしょう。

サイボウズ:サイボウズ式

サイボウズについてもっと知りたくなる?!
出典:サイボウズ式

サイボウズ式とは

サイボウズ式は、グループウェアや業務改善ソフトなどを提供しているサイボウズが運営しているオウンドメディアです。「新しい価値を生み出すチームのための、コラボレーションとITの情報サイト」という位置づけで、多様なワークスタイルの紹介やITに関するコンテンツを発信しています。
公式サイト:https://cybozushiki.cybozu.co.jp/

ターゲットユーザー

サイボウズの製品を使ったことがないユーザーがターゲットです。サイボウズという企業に対して共感してもらうことで、製品導入が必要になったときに自社製品を選んでもらいやすくなるという流れを期待しています。

ポイント

一切の製品PRをしていません。子連れ出勤や複業の記事などは多少仕事とも関連していますが、社長のファッションビフォーアフターなど、まったくサイボウズと関係ありません。しかし、サイボウズへの親近感や興味がわきますし、新たなB2Bも生まれたそうです。

オーマイグラス:OMG Press

メガネのことならお任せ!
出典:OMG Press

OMG Pressとは

OMG Pressは、日本最大級メガネ通販サイト oh my glasses を運営するオーマイグラスが手掛けるメガネスタイルマガジン。流行のデザインや人気ランキング、有名人のメガネ情報など、メガネに関するあらゆる情報が充実しています。
公式サイト:https://www.ohmyglasses.jp/blog/

ターゲットユーザー

メガネを利用するユーザー全般です。メガネを購入するのは数年に1回程度であるため、日常的にユーザーと繋がる手段としてオウンドメディアを活用しています。

ポイント

メガネをキレイにする洗い方などメガネに関するハウツーから、自分の顔に似合うメガネの探し方まで、メガネに関する読み物が充実しています。また、おすすめのメガネ屋を紹介する記事では、自社以外のショップも多数掲載しており、中立性が保たれているといえるでしょう。

石けん百貨:石鹸百科

サイトデザインもナチュラル嗜好な女子向け
出典:石鹸百貨

石鹸百科とは

石鹸百科は、石けん関連商品を扱うECサイト「石けん百貨」が運営しています。コンテンツの内容は、石けんの基礎知識や使い方のお悩み相談など、石けんに関するものが中心です。
公式サイト:https://www.live-science.com/

ターゲットユーザー

ナチュラルな生活に関心がある女性がターゲットです。石けんだけでなく、クエン酸や酢を使ったリンスなどの情報も掲載することにより、検索エンジン経由でニッチなユーザーを呼び込んでいます。

ポイント

石けんに関する基礎知識から、Q&Aやハウツーまで、充実した石けん情報をそろえつつ、さりげなく自社ECサイトへの導線も用意されています。ECサイト内の製品情報も詳しく掲載されており、ユーザーに役立つ内容となっているでしょう。

ターゲットユーザーのニーズに合わせた展開を

いずれの企業も、ターゲットユーザーを明確にしたうえでユーザーのニーズに合った情報を提供しています。(実際はここで記載したよりももっと細かなターゲット設定が存在しています。)これからオウンドメディアを作ろうと考えている方も、自社のオウンドメディアをよりよくしたいと考えている方も、まずはターゲットユーザーを見直してみるとよりニーズにあったコンテンツが作りやすくなるでしょう。



サイトエンジンかくたま編集部は、企業様のコンテンツ制作やインタビュー記事制作、オウンドメディア運用やディレクションサポートなどを承ります。 コンテンツ制作にお悩みのWEB担当者様は専用サイトからご相談ください!
かくたまライティング法人申し込みサイト


ライターさん絶賛募集中です!
〇ライター応募サイト

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。