ライターと編集者の違いとは?果たすべき役割と必要なスキル

完成度の高いWebコンテンツを作るには「ライター」と「編集者」がいなければなりません。両者は細かい役割が異なる仕事であり、それぞれに適性があります。この記事では、ライターと編集者が担う仕事について解説します。

「ライター」と「編集者」仕事の違いって何?

Webライティングにおいて、ライターも編集者も「記事を作成する」という役割は変わりません。また、両者を兼ねている人もたくさんいるため、混同されがちな職種ではあります。ただし、正確にはライターと編集者では関わる工程が違います。ライティングを仕事にしたいなら特徴をよく理解しておきましょう。

まず、ライターの主な仕事は「記事を執筆すること」です。与えられたテーマやキーワードを基にして記事を完成させます。媒体ごとに適切な文体や文章量を整え、魅力的な記事に仕上げることがライターには求められます。また、ライターに仕事が振られた時点で記事に含めるべき概要が用意されているとは限りません。場合によっては、独自取材や調査を通してコンテンツを充実させるのもライター業務のうちと言えるでしょう。

一方、編集者の仕事は「記事を公開できるように勧めること」が仕事です。掲載媒体の読者層を踏まえたうえで、どんな記事を増やせば読者やファンが獲得できるかを編集者は考えます。さらに自らも市場調査を行い、ターゲットやニーズを絞り込んでいきます。そして作成するコンテンツを公開するまでに必要なSEO担当者・ライター・校正者・デザイナーなどのキャスティングや工程管理を行います。ライターへと注文をするまでが編集者に任せられる主な工程と思われがちですが、時には編集者が記事構成を考えたり、最終的な記事の手直しをすることもあります。

完成度の高い記事を作成するために、タイトルや段落の見出しを先に設定することがあります。SEOなどに知見のある専門の担当者や、ライティングするテーマに深い知識を持つライターを使うこともありますが、最終的にそれで進めるかどうかを決定するのは編集者です。段落ごとの内容を決め、ライターが全体の流れをつかみやすいように工夫します。ライターは編集者の意見をくみ取り、構成案に対して実際に肉付けしながらライティングを行います。最終的に編集者はライターの書いた原稿をチェックし、世に送り出します。それぞれがしっかりと役割を果たすことでよいコンテンツが生まれます。

ライターに向いている人の特徴は?

ほかの職業と同じようにライターや編集者にもある程度の適性があります。自身の適性が分かれば、Webライティングで志すべき仕事が見えてくるでしょう。

まず、ライターに求められる資質は「文章力」です。当然ながら、ライターは膨大な文字数の執筆をこなさなくてはいけないので、基本的な文章能力が備わっていないといけません。同時に、クライアントのニーズを把握できるだけの読解力や想像力も大切です。

ここでいう文章力とは決して文学的な表現や難解な単語を並べることではありません。ライターは読者が「読みやすい、わかりやすい文章」を書くことが基本です。もちろん案件にもよりますが、複雑な文章よりも、シンプルで楽に読める文章がクライアントから好まれやすいでしょう。 ライターにとっての文章力とは、主語述語を間違えず適切な助詞や接続詞を用いるなどの基礎を意味します。基礎さえしっかりできていればライターを志望する前提条件は満たしていると言えるでしょう。

そのほか、リサーチを自主的に行うための「情報収集能力」、編集者やクライアントとの「コミュニケーション能力」も必要です。さらに、ライターとして収入を得るには継続して文章を書かなくてはいけません。環境や一時的感情にモチベーションを左右されないような「根気」もライター向きの能力です。 そして最後にもうひとつ挙げるなら、「勉強することが嫌いではないこと」もライター向きの資質と言えるでしょう。

文章に正解はありません。よりクオリティの高い文章を書こうと思えば、日々本を読んだり、新しい表現方法を勉強したり、さまざまな機会を通じて学ぶことが必要です。それを嫌がっていてはいつまでたっても現状維持のままで、やがてはライターとしての価値がなくなっていく可能性もあります。

編集者に向いている人の特徴は?

「好奇心」は編集者に欠かせない条件です。なぜなら編集者は常に世間の新しい動向、トレンドを追わなくてはいけない仕事だからです。中には自分の信念や価値観を記事に反映させたいと考える編集者もいるでしょう。しかし、個人的な好みで記事を作っても許されるような編集者はごく一部でしかありませんし、媒体もかなり特殊な場合に限ります。ほとんどの編集者は、リアルタイムの読者目線に立って「需要のある記事」を考えるのが仕事です。自分の内側でなく、外側の世界に興味を持てるかどうかで編集者の適性は見えてくるでしょう。

また、「発想の柔軟性」も重要なポイントです。どんなにトレンドを把握していたとしても、そのまま記事に盛り込むだけでは読者にとって魅力的といえません。ライバルの媒体よりも面白く、読んだ後で「ためになった」と思ってもらうには、独自視点で読者を引き込むような「企画」にまで昇華させる必要があります。既成概念にとらわれず、アイデアを次々に生み出せるのは編集者の強みとなる能力です。

さらに、「気遣い」や「思いやりの心」も編集者の資質に含まれます。編集者は記事制作に関わるさまざまな人々と接点を持つ仕事です。そのため、高頻度で調整役を担いがちです。クライアントとライターの間に立ち、お互いの主張をまとめなくてはいけません。ライターと校正者の間でトラブルにならないよう、仲介することも大切です。編集者がお互いの真意をくみつつ、上手に調整するからこそ記事制作は成り立ちます。かける言葉を適切に選べたり、相手の気持ちを考えたりすることができる人は、編集者向きといえます。

ライターと編集業務を同時にこなす人も

記事作成の世界では、ライターと編集者を兼任している人もいます。兼任のメリットとしては、「作業の早さ」が挙げられるでしょう。納品された記事に不備があった場合、編集者はライターに修正を依頼しなくてはいけません。しかし、意図を理解してもらいながら修正内容を伝えていると時間がかかってしまいます。納期が迫っているケースなどでは、細かく指示を出すだけの余裕がありません。そんなとき、編集者が自らライター業を引き継ぎ、修正内容を反映させればより早く記事が仕上がります。

次に、「企画の一貫性」も大きなメリットです。複数の人間が企画に関わると作業が効率的になる一方で、意図が正しく伝わらない可能性が出てきます。しかし、企画した編集者本人が執筆も担当すると、当初の意図に沿って記事が完成します。ライターと編集者の間で齟齬が起きないため、良質の記事を素早く仕上げられるのです。さらに、「記事に深みが出る」のもポジティブな要素でしょう。編集者は執筆する内容をイメージしながら企画を立てます。執筆作業に入ったときも、読者層やニーズを明確に思い描けるので記事の完成度は高くなるでしょう。

もちろん、ライターと編集者を兼任することで報酬アップも期待できます。記事作成の分野で十分な収入を稼ぎたいなら、できる仕事を増やしておいて損はありません。クライアントから声をかけてもらえるチャンスも広がります。ライティング業では日々向上心を持ち、スキルアップできるように努力しましょう。



サイトエンジンかくたま編集部は、企業様のコンテンツ制作やインタビュー記事制作、オウンドメディア運用やディレクションサポートなどを承ります。 コンテンツ制作にお悩みのWEB担当者様は専用サイトからご相談ください!
かくたまライティング法人申し込みサイト


ライターさん絶賛募集中です!
〇ライター応募サイト

おすすめ