納期厳守は当たり前!原稿を素早く書くコツとは

ライティングしていても、書くことがうまくまとまらず、途中で手が止まって予想外に時間がかかってしまうことがあります。ライターなら、だれもが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。ライティングの仕事は納期が決められていることがほとんどで、制限された時間内に仕上げる必要があります。ライターなら誰しも納期の期限を守りつつ、時間単価を上げるためにも、できることならライティングのスピードを上げて速く効率的に書けるようになりたい、と思われるでしょう。効率的なライティングをして納期までに余裕ができれば、見直しや書き直しに時間を使うこともできるのでライティングのクオリティを上げることもできます。

ライティングのスピードは、経験やスキルだけでなく、ちょっとしたコツを知っているかどうかで大きくかわります。そこで、今回は速く書くためにライターならぜひ覚えておきたいライティングのコツをご紹介します。

スピーディーにライティングをするコツ

ライティングのスピードは、ライティングを始める前の準備によっても変わってきます。何も準備をせずにいきなりライティングをしてしまう人の特徴は、書き出したのはいいものの途中で書けなくなって情報収集に切り替え、また書き出しては行きづまって情報収集をする…というものです。これでは時間がかかってしまうばかりか、一貫性のない文章になってしまいがちです。そこで、事前の準備も含めてライティングのスピードアップのためにできることを確認してみましょう。

まずはタイトルと見出しを作り、全体の文章の流れを作る

効率よく書くために、まずタイトルを決めて文章全体の方向性を決めます。タイトルを決めずに書き出してしまうと、行き当たりばったりの文章になって話があちこちに飛んでしまうかもしれません。さらに、「誰に」「何を」伝えるかを具体的に設定して、全体の流れを考えておきます。

その後、各段落につける小見出しを作成します。これは目次を作る作業です。タイトルに関して、何を、どのように、どんな順番で書くかを決める、構成案の作成となります。こうしてあらかじめ「道しるべ」を決めておくことで、話を展開させやすく、流れのよい文章を作ることができます。

書くべき内容を事前に調査する

小見出しができたら、その小見出しに合わせて書くべき情報を集めます。こうして文章全体の骨子が出来上がると、何を書くかが明確になるので、ライティングの途中に何を書いたらいいか分からなくなり、途中で考え込んでしまう事態を避けることができます。小見出しから考えを膨らませて文章を肉付けしていくだけで、要点が伝わりやすくまとまりのある文章に仕上げることができるでしょう。

普段から情報を集めておく

常に世の中で起きていることに敏感であり、新しい情報にアンテナをはっておくことは大切です。ライターが持っている知識や情報量は、文章を書くためのスタミナとなり、どんなライティングをするうえでも大切なベースとなります。日頃からインターネットや書籍、新聞などに目を通して情報収集したり、普段は会わない業界の人とも積極的に会ったりしていると、視野が広がりそれまで知らなかった世界にも目を向けることができるようになります。新しい情報に接しているなら、世の中の動きやニーズも見えてきて、読者の心に響く文章をより早く書けるようになるでしょう。

ライティングに集中できる環境を整える

ライティングのスピードは、どれだけ集中する時間を作れるかにも関係しています。考えや言葉をうまくつなぎ合わせ、分かりやすい文章にする作業には、集中力が欠かせません。とは言っても、集中できる時間帯や場所は人によっても異なり、朝の早い時間に頭がさえている人もいれば、夜の方が仕事ははかどるという人もいます。自宅の静かな環境が理想という人もいれば、音楽のかかった外のカフェの方が集中しやすいという人もいるでしょう。自分が集中しやすいのはいつどんな所かを知っておき、ライティングをするときには集中できる環境を用意してください。

スピードを重視しても気を付けるべきこと

ライターとしてスピーディーに原稿を仕上げて納期を厳守できるというのは重要なことですが、スピードを意識するとミスも起こりやすくなります。スピードを重視するあまり、誤字や脱字が増えるようなことは決してないようにしましょう。一つ記事が完成したなら、必ず文章をチェックする時間を取って、誤字や脱字、不要な言い回し、正確ではない情報が含まれていないかなどを確認します。書き手ではなく一人の読み手となって、客観的に文章を注意深く読んでみましょう。自分以外の人にダブルチェックしてもらったり、専用ツールを使って校正したりすることもできます。

どんなに速く原稿を仕上げたくても、この最終チェックの時間は省かないようにしてください。納期を厳守するとともに、クオリティを落とさない記事をライティングすることで、ライターとしてのよい評価を積み重ねていくことができるに違いありません。



サイトエンジンかくたま編集部は、企業様のコンテンツ制作やインタビュー記事制作、オウンドメディア運用やディレクションサポートなどを承ります。 コンテンツ制作にお悩みのWEB担当者様は専用サイトからご相談ください!
かくたまライティング法人申し込みサイト


ライターさん絶賛募集中です!
〇ライター応募サイト

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。