Webライティング初心者が学べるおすすめの本10選

副業としても人気のwebライティング。在宅でできる仕事として、取り組んでみたいと思う方も多いお仕事です。気軽に始める方が多いのですが、お金をもらう限り、「初めてだから」「なれていないので」といった言い訳は通用しません。報酬に見合ったクオリティの原稿を納品できなければ、クライアントの信頼を失い、仕事を続けることは難しくなってしまいます。まずはどのように文章を書くのか、をよく学んでから取り組むようにしましょう。そこでWebライティング初心者の方が学ぶのにおすすめの本をご紹介します。

参考になるWebライティング本の選び方

初心者の場合は、まず記事の書き方に関する情報が多い本を選ぶようにしましょう。いくら細かいテクニックを覚えても、肝心の基礎が出来ていないと正しく活用することができません。

タイトルに「基礎」や「初心者」が入っているものをAmazonなどで検索すれば、すぐに候補を探せます。文章の書き方の基礎が分かったら、次はSEOに関して勉強しましょう。SEOは検索エンジンに評価されるための文章術で、これをマスターしないと検索で読者に見つけてもらうことが難しくなります。

Webライティングの初心者に読んでほしいおすすめの本5選

ライティングの経験の浅い初心者におすすめしたい書籍を5冊紹介します。

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング(できるビジネス)

唐木 元 (著)
出版社: インプレス
https://book.impress.co.jp/books/1114101132.php

この本は、もともとWEBメディアとして有名な「ナタリー」の初代編集長が、自社の未経験ライターに行っていたトレーニングをまとめたものです。初心者であってもWEBサイトに求められる文章作成術を体系的に学べます。文章を作るために必要な構成の組み立て方から、書く前にしておく準備、さらに書いた後に推敲して質を高める方法まで、これ一冊あればひとまず十分と言えるほどの内容です。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

古賀 史健 (著)
出版社: 講談社
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000025367

タイトルに「20歳の」とあるように、大学生であったり社会人であったり、いずれにしてもある程度は自分の考えを持てるものの、それをうまく表現することに苦労している人を想定して書かれた本です。ドラマにもなった「嫌われる勇気」のライターさんが、文章の構成をはじめ、リズム感や接続詞を上手く用いた質の高い文章の作成術を教えてくれます。

伝え方が9割

佐々木 圭一 (著)
出版社: ダイヤモンド社
https://www.diamond.co.jp/book/9784478017210.html

同じ事を伝えようとしても、伝え方によって相手の感想はYESにもNOにも変化します。これは「いったいどのように伝えれば、相手にYESと言ってもらえるのか?」をテーマに書かれた本です。自分の思っていることをそのまま言葉にするのではなく、相手の思っていることを想像し、相手にとってのメリットと一致するような伝え方を探すというアドバイスがなされています。

文章力の基本

阿部 紘久 (著)
出版社: 日本実業出版社
https://www.njg.co.jp/book/9784534045881/

基礎力を上げるために使える、問題集のような一冊です。ライティングをする上でやってしまいがちな間違いを、例文と改善案の1セットで正してくれます。その内容としては「てにおは」の正しい使い方や、カッコや句読点、文法など、分かっているようで理解のあいまいな部分が全部で77つ。図解やイラストも使って分かりやすく説明されているので、初心者の方には非常に勉強となるでしょう。

頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

吉見夏実 (著)
染谷昌利 (監修)
出版社: 秀和システム
https://www.shuwasystem.co.jp/book/9784798051390.html

こちらは既に実際にライターとして活動しているものの、なかなか売上が増えない人に向けて書かれた本です。この本では「どうして稼げないのか?」という疑問について、「発注者が求める原稿になっていない」など5つの原因に分け、それぞれに対策方法を明かしています。今よりステップアップしたい人におすすめです。

SEOライティングスキルを高めたい方におすすめの本5選

上記の書籍で基礎的な能力を獲得したら、次はいよいよWEBライティングに必要なスキルの上級編です。ここではSEOの知識や具体的な文章テクニックの獲得に役立つ5冊を紹介します。

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

松尾 茂起 (著)
出版社: エムディエヌコーポレーション
https://books.mdn.co.jp/books/3216203005/

これまでの本とは趣が異なり、漫画をベースにしたストーリー仕立ての解説本です。600ページ以上の大ボリュームで、ライティングの基本に加え、SEOの重要性や、取材をする時のノウハウなど、実践的な内容が幅広く紹介されています。網羅されている範囲の広さが特徴ですが、各章ごとにまとめがあり、そこでさらに理解を深めることができます。WEBライティングの全体像を掴むことができるので、まずはこの本を読破して、その上で分野ごとの専門書を読むのがおすすめです。

「言葉にできる」は武器になる

梅田 悟司 (著)
出版社: 日本経済新聞出版社
https://www.nikkeibook.com/item-detail/32075

「バイトするならタウンワーク」、「世界は誰かの仕事でできている(缶コーヒージョージア)」などを手がけたコピーライターの方が、人の心を動かす言葉の作り方を教えてくれます。前半では、自分の中にある思考やイメージをどのように言葉にするのか、そのプロセスが語られます。そして後半ではその言葉を磨き上げていくテクニックを、自身が作った広告のコピーや過去の有名な事例を使いながら解説されます。見出しやタイトルで差を付けたい人にもおすすめです。

Webライティング実践講座 ニュースリリースから商品説明まで (WEB PROFESSIONAL)

林千晶 (著), 中野克平 (著), 井上果林 (著), 小川治人 (著), 君塚美香 (著), 中田一会 (著), 吉澤瑠美 (著)
出版社: KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
https://www.kadokawa.co.jp/product/311780200010/

基礎からSEOまで、一気に無駄なく勉強したい人におすすめの本です。タイトル通り「実践」できることを重視しており、起承転結など、文章の「型」を有効に使った作成術が紹介されています。商品説明用の文章や、プレスリリースを打つ際の文章なども、それぞれの基本となる「型」を元に説明がされているので、自分でも再現しやすくなっているのが特徴です。また検索エンジンから集客する場合と、ソーシャルメディアから集客する場合では見出しの作り方が異なるなど、ひたすら実践的な内容です。

どう書いたらいいの?!がなくなるWeb文章の書き方

下良 果林 (著)
出版社: ごきげんビジネス出版
amazon.co.jp

単に文章の分かりやすさだけではなく「売れる」文章に注目したのがこの本です。実際に大手企業の通販サイトで商品紹介を行っていたライターの方が教える文章術で、見た人を引きつけるためのタイトルや見出しの作り方、本文の書き方を基礎編で紹介しています。そして応用編では、通販サイト、ブログ・SNS、メルマガなど、媒体や状況ごとに効果のあるノウハウを公開。フリーのライターはもちろん、企業のWEB関係の担当者にも役立つ内容となっています。

SEOに強いWebライティング売れる書き方の成功法則64

ふくだ たみこ (著)
出版社: ソーテック社
http://www.sotechsha.co.jp/pc/html/1144.htm

SEOをテーマに、集客と成約をアップさせることを目的にした一冊です。64通りもの切り口で売れる法則を紹介、法則ごとに例文と、それに対する改善策が示されています。基本的なライティング技術がある前提で、検索結果に上位表示のためのキーワードの選定方法、有益なコンテンツの設計方法、制作チームの運営、伝える書き方、買わせる書き方など、WEBサイトを運用していく視点で必要な要素を幅広く収めています。

ライティングに関する書籍はたくさんあります。深く読み込み実践することで、技術の向上に役立ちます。まずはしっかりとスキルアップをして、クライアントの信頼を勝ち取れる文章を作成できるようにしましょう。



サイトエンジンかくたま編集部は、企業様のコンテンツ制作やインタビュー記事制作、オウンドメディア運用やディレクションサポートなどを承ります。 コンテンツ制作にお悩みのWEB担当者様は専用サイトからご相談ください!
かくたまライティング法人申し込みサイト


ライターさん絶賛募集中です!
〇ライター応募サイト

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。