文章力がない…そんな悩みを解決するおすすめ記事5選

ライティングを始めて間もない時期は、自分の書く力のなさに悩むこともありますよね。そんなライターのために、ライティングのコツがわかるおすすめ記事をご紹介!さらに、Webライティング特有の執筆ルールや、文章力がない人の特徴についても分析しました。ライターとしての実力向上にぜひ役立ててください。

文章力がないと感じる原因は?

「文章力がないので、上手く伝えられない…」
「ライティングの技術を向上させるにはどうしたらいいんだろう…」
ライターの仕事をしていると、そんなライティングに関する悩みが尽きないですよね。

書く力の有無は天性のセンスによるもので、鍛える手段なんてないと匙を投げてはいませんか。実は誰でもトレーニング次第で上手に文が書けます。
ライティングが苦手だからといって諦めるのは、非常にもったいないことです。読みづらい文には必ずどこかに原因が潜んでいます。そこに気付けばあなたの書く記事はぐっと洗練され、今よりさらに質の高い記事になります。

力量のあるライターに生まれ変わるため、まずはわかりづらい文になってしまっている原因を探りましょう。

原因1.語彙力がない

語彙力はその時々に一番ふさわしい言葉を見つけ出す力です。語彙の引き出しを広げていけば、伝えたい内容の解像度をアップできます。語彙力が高まれば、言葉の選択肢が広がります。その記事で伝えるべき内容を、より正確に読者へと伝えられるようにもなるでしょう。

語彙力を付けるための一番の近道は、とにかく文を大量に読むことです。ライティング能力に優れた人は、読む量が多いという傾向にあります。小説から実用書、新聞やwebニュースに至るまで、ありとあらゆるジャンルの記事にバランス良く触れれば、偏りなく語彙力を高めることが可能です。

あわせて、ライターとして専門にしたいジャンルがあるなら、その分野の文章に数多く目を通す習慣をつけましょう。たとえばファッションの分野で活躍するライターになりたいなら、ファッション雑誌やファッションサイトの記事を見てください。徐々に、その分野でよく使われる表現や言い回しなどを習得できるはずです。

原因2.構成力がない

頭に浮かぶことをそのまま文字にするだけでは、伝わる記事は書けません。文章力がない人は、伝える内容を整理して読みやすい流れを作る構成を意識してみると良いでしょう。同じことが書かれた記事でも、どういった構成にするかによって、読者への伝わりやすさは大幅に異なります。

例えば日常会話でも、相手が何を言いたいのかがわからずイライラする場面はありませんか?そんな時は、話の結論が見えない場合がほとんど。ライティングも同様です。

読みやすい文は、要点が整理され、読者がスムーズに内容を追いかけられるよう誘導する流れができています。頭にすっと入る文を書くためには、はじめに結論を伝えることを心がけてください。

慣れるまでは、結論→理由→具体例→結論の4つの段階で記事を展開する「PREP法」を参考にすると書きやすいでしょう。最初に筆者の意見や立ち位置といった前提を示せば、何を伝えたい記事なのかを読み手に素早く理解してもらえます。

PREP法(プレップ法)で読まれるブログ記事作成を!

原因3.文章が長くて読みづらい

Webライティングは、「一文一義」が基本。これは、ひとつの文章に入れる情報はひとつだけという意味です。内容がわかりにくい記事の中には、ひとつのセンテンスにいくつもの情報が詰め込まれて冗長になってしまっている場合があります。

A:いつも困った人を助けたり、電車で席を譲ったりして優しいから、私は彼女のことを信頼しているし大好きだ。
B:私は彼女のことが大好きだし、信頼している。なぜなら、電車で席を譲るなどして、いつも困った人を助ける優しさを持ち合わせているからだ。

上記のうちどちらが読みやすいかと問われたら、ほとんどの人がBを選ぶでしょう。Aは多くの情報を1文に集約しようとするあまり、不必要に長い文となっています。

ひとつのセンテンスが長すぎると、途中で読者が迷子になってしまいかねません。適切な箇所で区切りを入れる方が、リズミカルな文に仕上がります。

また、つい使ってしまいがちな二重否定や迂遠な可能表現も、なるべく避けましょう。「〜できないわけではない」という二重表現も、動詞を名詞化したうえでの「〜することができる」という可能表現も、「〜できる」というシンプルな言い回しに変えられます。

記事に説得力を持たせるためには、接続詞を効果的に差し込むのがおすすめ。「なぜなら」「しかし」「さらに」といった接続詞を上手に使いこなせば、スムーズな文の流れを作れます。そのために接続詞のボキャブラリーを増やしておくことが大切です。

原因4.指示語が多い

指示語とは、いわゆる「こそあど言葉」を指します。適切に使えばメリハリがつきますが、多用はおすすめしません。

「あれ」「これ」「それ」などを使用しすぎると、読者はたびたび前の文に戻らなければならないため、読みづらい印象を与えます。結果的に記事から離脱され、サイトにとってはマイナスになります。自分がライティングした記事を読み返し、不要な指示語がないか確認してみてください。

原因5.結論がわからない

「構成力がない」の項目でもお伝えしましたが、ライティングの基本は結論から述べることです。ぶっつけ本番で書き始めると話があちらこちらに飛んでしまうため、どうしても要点のわかりづらい文となりがちに。それを防ぐためには、どういった流れで結論に着地させるのか決め、事前に記事の骨格を作成しておく方法がおすすめです。

先に主題や方向性を決定し、明快に伝えるための構成を作りましょう。見出しを一覧にし、抜けやモレがないかを都度確認しながら書いていくとスムーズです。記事の骨格が先に完成すれば、あとはそれを肉付けしていくだけ。そう考えたら、少しハードルが下がりませんか?

Webライターに必要な文章力とは

Web媒体の文章には、紙の媒体とは異なる独自の傾向があります。Webライターとして活躍するためには、これまでお話してきた文章力をつけるためのコツに加え、Web媒体ならではのライティング力を鍛える必要があります。ここでは、Webに掲載する文章を書く際に押さえておきたいポイントについて解説します。

Webライターに必要な文章力1.明確な結論を先に示す

Web媒体が紙に印刷された媒体と大きく異なるのは、じっくり読まれることを前提としていないという点です。Webコンテンツの多くは、スマートフォンやPCで流し読みされます。

中でも、特定のキーワードで検索をして調べ物をしている人は、「そのページに自分が欲しい情報が書かれているかどうか」を真っ先に知りたがるもの。そのため、Webコンテンツを作成する際は、文章の結論を冒頭で述べる必要があるのです。

多くのWebコンテンツでは、タイトルを読むだけで何が書かれているのかをわかるようにしたり、ページの冒頭に目次をつけるなどして、記事の内容をユーザーにアピールしています。

このように、Webライティングでは、記事で書かれた内容をわかりやすく示す工夫が求められます。それにより、書かれてある情報を必要とする人から見つけてもらいやすくなるでしょう。

Webライターに必要な文章力2.読み手を意識した文章を書く

多くのWebコンテンツは、Googleをはじめとする検索エンジンで上位に表示されることに重きを置いています。そのための施策はSEO(検索エンジン最適化)と呼ばれ、Webライティングをする上で必ず学んでおくべき内容です。

どのようなアルゴリズムで上位表示のサイトが決定されるのか、詳細は明らかにされていませんが、Googleが「ユーザーにとって有益である」と判断したものが高い評価を受けるというのが通説です。そのため、SEOで優位になるためには「ユーザーが欲しがっている情報が書かれているか」を意識したライティングが必要とされます。

記事を執筆する前に、検索結果の上位サイトをリサーチし、どんな情報を掲載しているサイトが評価されているのかをチェックしておきましょう。ユーザーがどんな情報を求めているのかがわかれば、それを自分の記事に活かすことができます。

リサーチで得たユーザーのニーズを押さえた上で、その記事でしか読むことのできないオリジナリティーのある要素を加えます。そうすれば、有益な記事の評価を受けられるでしょう。

また、読み手を意識した文章を書く上で忘れてはならないのが、ユーザー層にあったトーンでのライティングを行うことです。
読み手がビジネスパーソンなのか、主婦なのか、はたまた女子高生なのかによっても、言葉のチョイスが変わってくるはずです。
ビジネス記事なら堅めの文、ライフスタイル情報なら親しみやすい文など、記事が掲載されるメディアの特性を理解し、求められるテイストでライティングすることを心がけてください。

Webライターに必要な文章力3.表示されたときの見た目も意識する

現在、多くのWebコンテンツはスマートフォンで閲覧されています。当然、Webライターにもスマートフォンに最適化した文章を書くスキルが求められます。

まず意識するべきことは、スマートフォンの小さな画面で見たときにユーザーにストレスを与えないための、視覚的な読みやすさです。

意外に思われるかもしれませんが、記事の見た目に関する視点はWebのライティングをする上でとても重要な要素です。文章の内容とは別に、視覚的な工夫をすることで、文章がグッと読まれやすくなるのです。

スマートフォンで表示される文字数は1行あたり19~21文字程度。何行にもわたる文章は読みにくさを感じさせることから、1つの文章は40~60文字ぐらいが最適とされています。

センテンスの文字数を調整するだけでなく、適宜改行を入れることにより、画面に文字が詰まった印象をやわらげ、さらに読みやすい印象に変えられます。とはいえ、改行が多すぎるとユーザーにスクロールの手間が発生し、逆効果なので気をつけましょう。

固い文章に抵抗を感じる人もいるため、漢字とかな文字のバランスに配慮することも大切です。一般的に、漢字2:ひらがな7:カタカナ1の割合が読みやすいと言われています。

スムーズに内容が理解できる文章を目指すなら、重要な箇所は太字にしたり、ポイントを箇条書きにしたりするといった工夫を行うのも効果的です。

このように、視覚面で工夫することにより、ページからの離脱を防止できます。

文章力の鍛え方がわかる!Webライターにおすすめの記事5選

書くためのコツさえ学べば、文章力は鍛えられます。ここでは、文章のスキルを上げるために役立つ当サイトの記事をご紹介します!今のあなたの悩みに合ったものを探してみてください。

どの記事も、Webライターの目線で書かれたものばかりなので、ライティングを始めたばかりの人にとって心強い記事です。

基本の文章力にプラスアルファして、Webで読まれるためのポイントを押さえた記事のライティングができるようになれば、重宝されるライターになれますよ。

Webライターが文章力や語彙力を上げるための勉強・学習方法まとめ

文章力や語彙力を身に付けるために必要な心構えや、具体的な勉強方法についてまとめられた記事です。

ライティングを始めたばかりでも読みやすい基礎的なことが書かれているので、これからWebライターとして頑張っていきたい方はぜひ読んでみてください。

一文一義を心掛けよう!わかりやすい文章を書くコツ

「一文一義」とはじめとする、読者がスラスラと読めるわかりやすい文章の書き方を解説しています。

メリハリがついた明快な文章にするための具体的なテクニックが書かれているので、「文章が単調になりがち」「読みにくいと言われる」などの悩みを抱えている方は必見の内容です。読者を引き込む魅力的な文を書けるようになるでしょう。

読まれる文章を書くためのWebライティングの5つの基本ルール

Webに最適化した文章を書くためのコツがわかりやすくまとめられた記事です。

特に、Webライティングを始めたら必ず知っておかなければならないSEOについての基礎知識や、Web画面に適した文章の見せ方についてはぜひ押さえておきたいところ。

読みやすい文章を書くコツとは?簡潔に内容を伝えるためのポイントを解説

読みやすい文章にするためには、内容だけでなく「見た目」を意識することも大切です。この記事では、「視覚的に読みやすい」という切り口から、読者に伝えたいことを届けるための文章の書き方を解説しています。

文章を簡潔にするための方法や、参考書籍の紹介などが盛り込まれているほか、ライターが悩みがちな漢字とかなの使い分けについても言及されています。

Webライティング初心者がライターとして文章力をアップさせるためのおすすめ本10選

Webライティングに関する本を読んで勉強したいと考えている方も多いでしょう。この記事では、ライティングの初心者に向けたおすすめの5冊、SEOを学びたい人に手に取ってもらいたい5冊の計10冊を紹介しています。

ライティングを学ぶのに、必ずしも誰かから教わる必要はありません。とはいえ、我流で文章を書くことに不安を感じているなら、専門家によって書かれた本で、基礎から学んでみてはいかがでしょうか。

文章力は、トレーニングを重ねさえすれば鍛えることができます。知識を身に付けるのはもちろんのこと、とにかく手を動かして実践を重ねるのが何よりも大切です。日々なるべく多くの文章を書いて、自分の文章をどんどん磨き上げていきましょう。
文章力がないと悩んでいるなら、まずはその原因を考えてみてください。練習を重ねて弱点をカバーすれば、読者を惹きつける魅力的な記事が書けるようになりますよ。「自分には文章力が皆無だ」と思っている人こそ、伸びしろをたくさん持っているはずです。



サイトエンジンかくたま編集部は、企業様のコンテンツ制作やインタビュー記事制作、オウンドメディア運用やディレクションサポートなどを承ります。 コンテンツ制作にお悩みのWEB担当者様は専用サイトからご相談ください!
かくたまライティング法人申し込みサイト


ライターさん絶賛募集中です!
〇ライター応募サイト

おすすめ